僕の生い立ちと家族を振り返ってみる【母親編①】

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

僕の生い立ちと家族を振り返ってみる【母親編①】


 

 

 

 

 

 

もう…7回目。

 

 

 

 

 

令和3年5月突如始まった

 

 

 

 

自分の生い立ちと

家族を振り返るブログ

 

 

 

 

 

 

第1回目のブログ。

 生い立ちと家族を振り返る 姓名

 

 

 

 

 

前回のブログ。

僕の生い立ちと家族を振り返る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして…今回が7回目。

 

 

 

 

 

 

 

 

で・・・

 

 

 

 

今回からは

前回までの長い長い

僕の気持ちを吐露した

【父親編】が終了し

 

 

 

【母親編】に突入。

 

 

 

 

これも長くなりそうな予感。

(気を付けはするけど…)

 

 

 

 

もはや出口は見えていない…(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エピソード1

 

 

 

 

 

父親編でも述べたように

 

 

 

僕は完全に母親っ子。

 

 

 

 

 

兄弟は姉だけなので

末っ子で男の子の僕

 

 

母親からは特別愛されていた(?)

ように思う。

 

 

 

 

 

 

それに呼応するように

僕も男の子らしく

甘えん坊で母親にべったり

幼少期を過ごした記憶が。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の幼少時代と

僕の住んでいた地域では

当時、珍しくも母親が働きに

出ていたのだが

 

 

 

その職場が自宅から

歩いて過ぐということもあり

 

 

 

 

僕はことあれば

母親の職場に電話をかけたり

直接職場に乗り込んで(?)は

母親に何かをせがんだり

甘えたりしていた。

 

 

 

 

※今思えば考えられないこと。

 迷惑だっただろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

また絵にかいたような

ワンパク坊主だった僕は

母親にとってかなり

心配な存在だったんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生後4か月と20日母親と

出見世 赤ちゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プールにて

 

 

 

 

 

 

 

一度、こんなことがあった。

 

 

 

 

 

 

小学校の頃、夏休みに

家族でプールに遊びに行った。

 

 

 

 

 

といっても両親は

テントで休んでいて

僕と姉は自由にプールで

遊んでいるという感じだったんだが

 

 

 

 

すると、僕らがプールで

遊んでいた時間に

 

 

 

誰かが溺れて救急車が出動する

という騒ぎが起きたんだ。

 

 

 

 

 

救急車に、タンカに乗せられ

運び込まれる要救助者の様子に

野次馬が殺到。黒山の人だかり。

 

 

 

 

 

小学生男子という好奇心旺盛な僕は

その野次馬の最前列へ。

 

 

 

 

 

ふと目をやると

僕の反対側、対角線の先、

野次馬の向こう側の最前列には

母親の姿が。

 

 

 

 

 

 

 

その時の母親の表情といったらもう…

 

 

 

 

 

TVドラマで観るような、いかにも

 

 

 

 

も、もしかして…

わた…私の息子がぁぁ~!?

 

 

 

 

みたいな表情で…

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、僕が声を掛けて

対角線の僕を見つけた時の

その母親の安堵の表情

っといったら

 

 

 

これまた“いかにも”って感じで…

 

 

 

 

 

 

 

 

今でも思い出したら笑える

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、それだけ

僕ってそんな感じの

子どもだったんだろうと

実感する想い出。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4歳の夏祭りにて

出見世 4歳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは完全に蛇足だが

父親はその事故の目撃者でもないし

専門家でもないのに

 

その事故を調べていた

警察や救急隊に向かって

 

自分なりに考えた

事故の起きた原因を

(もちろん根拠なんてない)

偉そうに語りはじめる始末で

 

「あいかわらずだな…」

と呆れたこともはっきりと覚えている(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな一言で言えば

優しく真面目な母親ではあるが

 

 

 

 

 

 

その生態(?)が

ちょっと(?)トリッキー

 

 

 

 

 

 

なんと言うか

ちょっとマイペース

 

 

いやマイペース過ぎる

ところがあり…

 

 

 

 

そんな所が

玉に瑕(たまにきず)というか💦

 

 

 

僕にとっては迷惑で…💦

 

 

 

 

 

 

 

 

それは次回以降につづく…

 

 

 

 

っていうことで…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る