コンビニの脱プラと、SDGs・エシカル消費・ESG投資

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

コンビニの脱プラと、SDGs・エシカル消費・ESG投資


 

 

前回のブログの続きです。

 

 

 

 

 

前回のブログでは、

コンビニ業界大手

 

 

セブンイレブンさん

ファミリーマートさん

 

 

 

脱プラスチックへの取り組みを

紹介いたしました。

 

 

 

 

 

今回は、引き続き、もう一社

コンビニ業界大手と呼ばれる

脱プラスチックへの取り組みを

紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

コンビニ業界 脱プラ宣言です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローソンさんの脱プラ

 

私が中学生の時に

ようやく大手コンビニが

金沢市内に建つようになってきて

 

 

初めて利用したときに

その品揃えに感動した記憶がある

 

 

ローソンさん

 

 

 

 

ローソンです

 

 

 

 

 

 

余談だけど、

コンビニおにぎり🍙のパッケージは、

 

いまは、どのコンビニも

↓↓こんな感じのパッケージだけど、

 

 

おにぎりです

 

 

 

 

当時は、各コンビニによって

パッケージ、つまり手を汚さず

ご飯と海苔を一緒にする

包装の「取り方」が違っていて

 

 

ローソンさんの、

おにぎり🍙のトップから

ご飯と海苔を分けている

ビニールをねじりながら

抜き取るタイプが

コンビニの中では一番好きだった。

 

 

あと、ローソンさんの総菜パン。

ベーコンが一枚乗っているような

パンとか、男心をくすぐるような

そんなパンが大好きでした。

 

 

ちなみに、石川県に

セブンイレブンさんが出来たのは

たった7~8年前の事。

 

 

 

 

 

 

 

 

話をもとに戻して…(笑)

 

 

ローソンさん

脱プラスチックへの取り組みを

紹介します。

 

 

 

 

 

 

今では当たり前となった

 

コンビニコーヒー。

 

 

 

コンビニコーヒーです

 

 

 

 

 

 

 

ローソンさんでは、

セルフサービスではなく

 

店員さんが直接手渡ししてくださる

という「こだわり」が業界内でも

有名ですが。

 

 

 

 

 

 

 

そんなローソンさん

 

アイスコーヒーカップと言えば

透明なカップが一般的ですし

アイスコーヒーらしい清涼感

もたらしてくれていますが

 

 

 

 

 

 

ローソンさん

 

 

Sサイズアイスコーヒー

カップ

 

約1万4000の全店舗で

 

 

 

プラスチック製から

紙製に切り替え

 

ました!

 

 

 

 

 

 

↓↓実際のローソンさん

 Sサイズアイスコーヒーです。

 

アイスコーヒーです

ローソンのアイスコーヒーカップ

 

 

 

 

 

なお、この取り組みによって、

年間542.5トン

プラスチックを削減できるとのこと。

 

 

 

 

 

逆を返せば

これまでローソンさんでは

Sサイズのアイスコーヒー

透明カップだけで

500トン以上も使ってた

という事ですね…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、ローソンさんでは

ファミリーマートさんと同じく

 

 

 

 

冷やし中華などの冷やし麺類

透明な容器プラスチックから

 

 

 

サトウキビ由来の

バイオプラスチック素材

 

 

 

に変更したり、

 

 

 

 

 

ナチュラルローソン

(石川県にはない??)では

 

 

お弁当の容器の一部を

紙製容器に変更しているんですって!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓↓関連するWEBニュースはこちら

『コンビニ「脱プラ」加速 ローソンはコーヒーカップを紙に』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エシカル消費とESG投資

 

アイスコーヒーの透明容器

冷やし中華などの透明容器

 

 

清涼感清潔感をもたらしたり

またその食欲を増進させるには

 

 

最適な容器だとは思いますが

あえて環境に優しいものに

変更するとの事。

 

 

 

 

 

ローソンさんアイスコーヒー

にいたっては

 

 

 

その紙製のカップにも

このように↓↓書かれています。

 

 

紙コップです

紙コップ注意書き

 

 

 

 

 

 

 

 

確かにプラスチック容器のほうが

丈夫ですし、中身が漏れるような

ことはないでしょうが

 

 

 

あえて、脱プラスチック

取り組んでいるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような、

一見、私たち消費者がその商品を

敬遠しそうな、コンビニにとっては

リスクとも取れる取り組みですが

 

 

そのような取り組は

 

 

 

 

以前のブログで紹介した

 

 

『エシカル消費』

エシカル消費についてです

 

 

 

 

 

 

 

 

『ESG投資』

ESG投資です

 

 

 

 

 

を視野に入れてることが

伺えます。

 

 

 

個人的には

すごく素晴らしいと思います!

 

 

 

 

ローソンです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

以上、コンビニの脱プラスチックへの

取り組みを紹介させて頂きましたが

 

 

 

これだけ日本人の消費傾向を

如実にあらわすコンビニ業界が

 

 

 

脱プラスチックをはじめ

 

 

SDGs(持続可能な開発目標)

 

 

に関することに取り組めば

 

 

 

 

 

 

知らず知らずのうちに

私たち消費者の

 

環境問題SDGsに対する

意識の向上にも繋がるのでしょう。

 

 

 

 

 

SDGsポスターです

 

 

 

 

 

ダイエット中の私が

コンビニに近づくことは

注意が必要ですが

 

 

 

それでも、これからの

コンビニ業界に期待せずには

いられません。

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る