僕の生い立ちと家族を振り返ってみる【大人の嘘編①】

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

僕の生い立ちと家族を振り返ってみる【大人の嘘編①】


 

 

 

 

 

 

これで2週間14回目

 

 

 

 

 

 

令和3年5月突如始まった

 

 

 

 

自分の生い立ちと

家族を振り返るブログ

 

 

 

 

 

 

第1回目のブログ。

 生い立ちと家族を振り返る 姓名

 

 

 

 

 

 

前回(11回目)のブログ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば書き始めた頃は

ゴールデンウィーク限定

の予定だったな…

 

 

 

ゴールデンウィークは

あっという間に終わり

もう14回目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は早速、

前回のブログつづきから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貧乏と劣等感

 

 

 

 

 

家は小さく古い…

 

 

自転車も買って貰えない…

 

 

その他、友だちが

ゲーム等を買って貰って

いるのに僕はそうでもない…

 

 

お小遣いも少ない気がする…

 

 

両親は当時では珍しい共働き…

 

 

 

 

等々。

 

 

 

 

 

 

父親はそんな話はしなかったけど

母親はよくこんな話をした。

 

 

 

 

 

 

うちにはお金がない。

 

 

 

 

うちは貧乏だ…。

 

 

 

 

 

 

もちろん幼気な僕は

貧乏と言う認識を

信じて疑わなかったし

もちろん悲しかったし

悔しかった。

 

 

劣等感

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中2の頃

出見世 誕生日

 

 

 

 

 

 

その反発心からなのかは

わからないが

 

 

ワンパク少年だった僕は

よく母親に

「あれ買って!これ買って!」

とせがんだ。

 

 

 

 

 

 

そして、いつも

「買って!」「ダメ!」

だの言い争いだ。

 

 

 

 

 

 

いつしか、僕は両親に

物をねだることが

億劫になっていった。

 

 

 

 

 

 

何かやりたい事があっても

お金のかかりそうなことで

勉強とは関係ないことは

 

 

どうせ反対されるだろうから…

 

 

と理由で親にも言わないように

なった気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中2の頃

出見世 中2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きくなって…

 

 

 

 

 

結論から先に言うと、

これは僕がある程度

大人になってから

わかったことであるが

 

 

 

 

うちの家庭は少なくとも

 

 

 

貧乏ではなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕が大学進学したときだった。

 

 

家庭が貧乏であるという認識

だった僕は、入学早々、

奨学金制度に応募した。

 

 

 

 

 

結果は不支給。

 

 

 

 

 

理由は両親の所得が

奨学金の支給要件には

該当しないとの事だった。

 

 

 

つまり、あなたの家庭は

奨学金を支給するほど

貧しくない。

 

 

 

との結果だった。

 

 

 

 

 

当時の僕からすると

 

「あれ…???」

 

ってな感じで。。。

 

 

 

 

 

 

奨学金の申請に必要だった

当時の両親の所得証明書を見たが

 

 

(当時は多いか少ないか分からなかったが…)

 

 

 

 

今の時代で相対的に考えると

むしろ「裕福」とも言える

所得額だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

大学の卒業式に父と

 

出見世 家族 父

 

 

 

 

 

 

 

 

今考えれば、そりゃそうだ。

 

 

 

父親は日本有数の大企業に

何十年と勤めている。

 

 

母親は、半民半公の職場で

正規雇用。

 

 

 

 

 

所得ベースでは

少ないはずはない。

 

 

 

 

 

ちなみに大きな借金が

あった訳でもなかった。

 

 

 

 

 

 

小さかった自宅は実は

持ち家、持ち土地。

 

 

 

 

 

両親はマイホームの夢は

あったが、

 

住宅ローンで…

という考えが一切なかったらしい。

 

 

 

 

 

(なので、その後、僕が22歳の時に

ノーローンで「豪邸」と言っても

いいくらいの自宅を建てた…💦)

 

 

 

 

 

(かなり極端な)節約家なのは、

もともと、戦後間もない貧しい時代に

生まれ育ったからであろう。

 

 

 

 

 

 

自転車やゲームを

なかなか買ってくれなかったのも

僕が推測するに

 

 

 

 

 

その極端な節約精神な性格と

【母親編】でも紹介したが、

子どものやりたいと思うことは

まずは否定から入ると言う性格。

 

 

 

あと、仕事も忙しくて、

僕たち姉弟への

いわゆる家族サービスも

後回しになっていたんだろう。

 

 

 

 

 

そして、母親が働きに出ていたのは

ただ単に仕事が好きだからかと。

 

 

 

 

 

 

 

大学の卒業式に母と

出見世 卒業

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怒り

 

 

 

 

正直、腹立つ!!

 

 

 

 

(どちらかと言うと母親に…)

 

 

 

 

 

 

 

断っておくけど

 

 

私が腹を立てているのは

古く小さな家に住まわせたこと

ではない。

 

(それは確かに両親の自由だ)

 

 

 

 

 

自転車を買ってくれなかったこと

でもない。

 

 

 

(それはちょっと腹立つ…笑

子どもの気持ちを

わかってくれてないから)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怒っているのは

 

僕に嘘をついていた

 

ってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのへんについては

次回に詳しく書こうかと思うので

批判は後にしてくれると助かる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る