僕の生い立ちと家族を振り返ってみる【母親編④】

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

僕の生い立ちと家族を振り返ってみる【母親編④】


 

 

 

 

 

 

記念にならない10回目。

 

 

 

 

 

令和3年5月突如始まった

 

 

 

 

自分の生い立ちと

家族を振り返るブログ

 

 

 

 

 

 

第1回目のブログ。

 生い立ちと家族を振り返る 姓名

 

 

 

 

 

 

前回(9回目)のブログ。

 

僕の生い立ちと家族を振り返る

 

 

 

 

 

 

 

 

今回がいよいよ10回目。

 

 

 

 

(でも全然記念にならない💦)

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ続くぜ

ここはエゴ通させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速だけど、

今回のブログは前回の予告どおり

 

 

 

 

僕たち姉弟に“優等生”

育って欲しかった母親の愛

誤った形で、私たちに影響を

与えてしまったエピソードを。

 

 

 

 

読み手の方にとっては

ちょっとセンセーショナルな話に

なるかもしれないけど

責任もてないんで…💦

 

 

 

 

 

僕も炎上覚悟で書くしね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕と姉と母親

出見世 家族

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

姉の通知表

 

 

 

 

 

 

その日は、

僕の幼稚園(6歳)の

卒園式の日だった。

 

 

 

 

 

 

卒園式を終えた僕と母親のもとに

当時小学2年生で同じ日に

終業式を終えたが駆け寄ってきた。

 

 

 

 

 

 

は母親に向かって開口一番、

 

 

 

通知表の成績が上がったよ!

 しかも、先生が間違ったらしくて

 はじめは“B”って付けていた教科を

 書き直して“A”に直してあるの!」

 

 

 

とテンション高めに言った。

 

 

 

 

 

 

姉の通っていた小学校は

 

 

(もちろん地元の町立小学校で

僕も翌月から通うことになる所)

 

 

 

 

普通の学校と変わることなく

1学期、2学期、3学期に

通知表が渡される。

 

 

 

 

1学期、2学期は

保護者が登校して

直接担任教諭から

通知表を渡されるんだが

 

 

 

 

3学期の終業式の時だけは

直接児童に渡すシステム。

 

 

 

 

2年生の評価は

上からABCの3段階で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、想像はつくと思うのだが

 

 

 

 

 

 

姉は通知表を

自分で改ざん(?)した

 

 

 

 

 

 

のだった…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確か、⇊こんな感じで。

 

通知表

 

 

 

 

 

 

 

 

教科はたしか算数だったように思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、幼気な子供らしく

その後ろめたさから

わざわざ急いで僕の幼稚園にまで

足を運んだのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

当時の僕にとっては

通知表ABCも何のことだか

さっぱりわからないことだったけど

 

 

 

 

 

 

 

その後に家で起こった出来事

今でも鮮明に覚えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出見世 姉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母親が姉にしたこと

 

 

 

 

 

 

そんな子どもの稚拙な嘘なんて

その名の通り“子供だまし”で

簡単に見破った母親。

 

 

 

 

 

 

 

確か、母親は姉に向かって

「普通なら訂正印があるはず」

みたいなことを言って追及していた。

 

 

 

 

 

 

 

嘘を突き通せないと悟った姉は

母親に「ごめんなさい…」と言った

 

 

 

 

 

 

 

 

その瞬間だった。

 

 

 

 

 

 

 

母親は姉を殴る蹴る…

もうボッコボコにし始めた。

 

 

 

 

 

 

 

もう酷かったように思う。

 

 

 

 

倒れてうずくまる姉の

お腹を蹴っていたりしたね。

 

 

 

 

 

 

姉は口から血を出していたし

当然ワンワン泣いていた。

 

 

 

 

 

 

 

もう一度言っておくけど

相手は小学校2年生の女の子だからね…

 

 

 

 

 

 

 

 

6歳の僕は何をすれば分からず

ただ茫然とするだけ。

 

 

 

 

(これも父親が母親にふるった

暴力の時と同じく、

今でも僕に何かできなかったか

と悔やんでいる😢)

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、もしその場に

父親がいたら、流石に

止めてくれていたと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通知表 1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ僕たちは…

 

 

 

 

 

 

そりゃあ、

姉がとても悪いことをした

っていうことも理解できるし

 

 

 

 

 

 

そんな悪いことをした子ども

感情が爆発して手をあげてしまう

親の気持ちもすごく理解もできる。

 

 

 

 

 

 

 

(しかも当時は親も学校の先生も

暴力で子どもを指導するのが

当たり前の時代だったし…)

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、僕が大人になって

思ったことなんだけど

 

 

 

 

 

 

なぜ姉がそうまでして

通知表の成績を気にしたのか

 

 

 

なぜ姉がそんな行動に

およんだでしまったのか

 

 

 

なぜ姉がそんなことまでして

母親を喜ばせたかったのか…

 

 

 

 

 

 

 

 

母親はそんなこと

考えたりしたんだろうか?

 

 

 

 

後にそのことを

姉に謝ったりしたのだろうか?

 

 

 

 

 

 

たぶん、していないと思う。

 

 

 

 

 

 

(それが、僕が思う

マイペースな母親

たる所以なんだけど…💦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小1の家族旅行にて

出見世 家族2

笑ってないけど疲れてるだけ

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、一つ言えるのは

 

この出来事が俗に言うトラウマ

と呼べる代物だかわからないけど

 

 

 

 

 

 

 

少なくとも、僕に

 

 

 

「勉強はできなきゃダメ」

 

 

「成績は良くなきゃダメ」

 

 

 

という意識を強く植え付けた

出来事だったことに間違いはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母親へのこんな想い

(愚痴や悪口…?)

 

 

 

 

 

 

まだまだある。

 

 

 

 

 

 

 

よろしければ次回以降

もう少し付き合ってほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る