僕の生い立ちと家族を振り返ってみる【母親編③】

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

僕の生い立ちと家族を振り返ってみる【母親編③】


 

 

 

 

 

 

終わりが見えない9回目。

 

 

 

 

 

令和3年5月突如始まった

 

 

 

 

自分の生い立ちと

家族を振り返るブログ

 

 

 

 

 

 

第1回目のブログ。

 生い立ちと家族を振り返る 姓名

 

 

 

 

 

 

前回のブログ。

僕の生い立ちと家族を振り返る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すでに…今回が9回目。

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ続きそうで

終わりが見えない…

 

 

 

 

 

 

 

今回の振り返りも

前回、前々回に引き続き

僕の母親の紹介を…

 

 

 

 

 

 

 

 

以前足を怪我した母親と

出見世 母

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母親の理想

 

 

 

 

 

 

そんな母親は僕たち子どもに

どんな人になって欲しかったか?

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちが幸せなら…

自分らしくのびのびと…

好きなことを思いっきり…

どうか夢を追いかけて…

 

 

 

 

 

 

 

映画や漫画のような話だけど

そのような言葉を

投げかけてくれたら

僕はどんな人生を送ってたんだろう…

 

 

 

 

 

 

あまりにも虫の良い妄想

ではあることは重々承知だけど

そう思わずにはいられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論から言えば

母が僕たち姉弟に求めた姿は

 

 

 

優等生

 

 

 

だった。

 

 

 

 

 

 

 

優等生と言うと、

その定義付けが難しくなるが

 

 

 

 

 

母がイメージして

僕に植え付けた定義は

 

 

 

 

 

とにかく

“勉強の”成績が優秀で

道を踏み外して間違ったことは

して欲しくない

 

 

 

 

というようなものだった。

 

 

 

 

 

 

 

それはそれで、

どこの家庭でも結構普通のこと

のようにも思うけど

 

 

 

 

元々のマイペースさと

ちょっと普通と違う

トリッキーな母親の性格があいまって

 

 

 

その母親の教育への想いが

僕の人格形成にも影響を

与えている気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母親の教育

 

 

 

 

 

母親は幼い頃から

 

 

 

勉強(国語・算数・理科・社会や

音楽など文化的な事)ができること

 

 

“いいこと”“必要なこと”

 

 

であること。

 

 

 

 

さらに極端に言えば

 

 

 

 

勉強ができない人はダメ

 

 

 

 

というようなことを

僕に言っていた。

 

 

 

 

僕が小学校に入る前からだった。

 

 

 

ちなみに、父親も

同じようなことは言ってたが

母親の方がその点は強かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに母親は、

運動が苦手だったらしく

 

 

運動や体育のことは

全然とやかくは言わなかった。

 

 

その点が

僕と母親にはかなりのギャップが

あったところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母親はよくこんな話をした。

 

 

 

 

日本の大学で

一番頭がいいのは東大。

 

2番目が京大。

 

石川県なら一番が金大(金沢大学ね)。

 

 

 

 

 

石川県にある高校だと

一番頭が良いのは〇〇高校、

2番目が□□高校、3番目が…

 

 

 

 

 

と言ったようなことを…

 

 

 

 

 

 

受験を意識する

中高生ならまだしも

まだ10歳にも

満たない頃だからね。

 

 

 

 

 

 

 

そして、

 

 

どこどこの誰だれさんは

〇〇高校、〇〇大学出身で…

 

 

 

親戚の誰だれさんは

どこどこの学校卒業で…

 

 

 

そして、

 

 

 

 

いい学校を出た人は

いい生活をしている…

 

 

 

 

 

みたいなことを吹聴し、

 

 

 

 

 

 

さらには、よく

僕のクラスメイトを例にあげて

 

 

「あの子は“できる”…

 “優秀”だよね…」

 

 

みたいなことをよく話した。

 

 

 

 

 

 

 

 

東大

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母親の癖

 

 

 

 

 

 

 

なお、母親は

となりの芝生は青く見える

を我で行くような人で

 

 

どうしても他人は

よく見えるよう。

 

 

 

 

 

 

また、ここが僕が思う

母親の困ったところ

 

 

母親には人の話を

曲解する癖があるよう。

(悪気はないみたい)

 

 

 

 

 

 

例えば、人の話で

 

 

 

どこどこのだれだれが

先生に褒められた…

という話が、

 

 

⇒テストで一番をとった

 

 

 

 

 

とか、

 

 

 

 

 

どこどこのだれだれが

高校で野球をやっている…

というだけの話も

 

 

母親というトランスと通すと

 

 

⇒野球で甲子園に行った…

 

 

 

 

という風になったりする。

 

 

 

 

 

 

 

今では、その癖になれているんで

簡単に信じたりするようなことは

ないけれども

 

 

 

 

 

幼気な子どもはそんな話を聞いて

どうなるかと言うと…

 

 

 

 

 

 

 

 

家族旅行にて

出見世 家族

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、

 

 

 

 

母親は

僕たちには(自分が思う)

よい学校に入ることが

理想としてかなり大きくて

 

 

 

 

 

また、母親は僕たち姉弟を

よく誰かと比べていた。

 

 

 

 

 

 

そして、僕たち姉弟は

その影響を大いに受けた。

 

 

 

 

 

 

しかも、

 

勉強ができれば

母親は喜んでくれるんだ…

 

という意識を僕たちに与えて

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、よくわかる

ある胸糞エピソードがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのエピソードは

次回のブログにて

述べることにしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る