ミレニアム世代と、SDGsと、あなたのビジネス

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

ミレニアム世代と、SDGsと、あなたのビジネス


 

前々回前回のブログ

 

 

『ミレニアム世代』

 

 

についてご案内してきました。

 

 

 

 

 

この『ミレニアム世代』

 

 

もう少し、掘り下げてご案内すると

 

 

さらに、このような

特徴や価値観

持っていると言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に重要なミレニアム世代の特徴

 

ミレニアム世代は…

 

 

 

何か“商品”や“サービス”

購入するときに

 

 

価格機能性よりも

デザインストーリー

を重視する

 

 

 

と言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また

 

 

 

 

ミレニアム世代

 

 

自分の“仕事”

求めていることは

 

“高い給料”から

やりがい社会貢献性

に変化していっている

 

 

 

と言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※代表的な例をあげると…

 

価格機能性より

デザインストーリー

重要視する

 

 

という点で有名なのは

 

 

スターバックスコーヒー

つまりスタバですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタバは、それまで

カフェチェーン店の主流であった

 

『安くて速い』

 

という価値観ではなく

 

 

 

 

スタバの優雅な空間で

ビジネスマンがノートPCや

本などを開いて

 

紙コップのコーヒーを

飲みながら仕事するのが

 

“カッコいい”という

 

新たな価値観を作り出した

と言われております。

 

 

 

価格機能性の競争から

デザイン・ストーリー

差別化されたものを生み出し

 

ブルーオーシャンを

作り出したと言えるでしょう。

 

 

(すでにレッドオーシャンに入ってますが…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、

 

 

仕事において

“高い給料”から

“やりがい”“社会貢献度”

を求めるように変わっていっている

ことについては

 

 

言葉があらわす通りではありますが

 

 

 

 

企業における利益重視

体質から発生する

 

 

“過労”や“不正”

 

 

に嫌気がさしてきたことが

その原因として考えられるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして…

 

もう一つ結論として言えるのは

 

 

ミレニアム世代

 

 

SDGs(持続可能な開発目標)

 

 

に、非常に関心が高いということと

 

 

多様性

 

 

尊重するということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからの時代の主流

 

過去にも述べましたが

 

 

2030年に向けて

これからの社会の

主流となっていくのは

 

まぎれもなく

『ミレニアム世代』です。

 

 

 

 

 

 

つまり、

それをビジネス視点で考えると

 

 

ミレニアム世代

“価値観”にあわせた

商品サービスを考えないと

 

そのビジネスの成長は望めない

 

 

といえるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去にもコチラのブログ

ご案内しましたが

 

 

エシカル消費という言葉も

今後よく耳にするようになってきます。

 

 

エシカル消費とは、まさに

価格よりも、その商品の価値を

選択の理由することです。

 

 

 

≫エシカル消費についてのブログ≪

 

 

 

 

さて…

 

あなたのビジネスでは

どのような

ミレニアム世代価値観に合った

商品やサービスを提供できますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最も重要な人材確保

 

特に今、日本国内では

企業の“人材不足”

問題となっています。

 

 

 

 

そして、今後働き手として

最も求められるのが

 

働き盛りの

『ミレニアム世代』です。

 

 

 

もう一度ミレニアム世代の

特徴を思い出してみましょう。

 

 

 

 

 

 組織への帰属意識

 (良い意味で)薄く

 

 仕事に使う時間よりも

 家族と一緒にいる時間

 

 趣味嗜好レジャーなどの

 時間を重視し、

 

 

 

 高い給料や報酬だけではなく 

 

 仕事を通した“やりがい”

 “社会貢献性”を求め

 

 

 利益重視のための

 “不正”は許さず

 

 

 コンプラ意識が高い…

 

 

 

 

人材不足の中、

そんなミレニアム世代の方々を

 

 

採用し、雇用し、

それを継続するには

 

 

あなたの会社は

どのような事をしなければ

ならないのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

そのヒントは

 

SDGs(持続可能な開発目標)

 

 

 

 

多様性

 

 

にあると私は確信しています。

 

 

 

 

 

 

例えば、

 

会社の従業員の

〇〇を△△にする…

 

とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お応えをお知りになられたい方は

 

是非、こちらのセミナーに

ご参加ください!

 

 

 

 

※画像をクリックすると詳細ページに

       ジャンプします。

 

 

 

 

 

 

 

では、また次回に。

 

 

 

トップ画面へ戻る