子どもが帰って来る場所を

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

子どもが帰って来る場所を


 

 

 

 

 

 

このブログの筆者

 

 

 

 

 

やる前から負けることに脅えて

脱サラ⇒格闘家⇒行政書士

逃げるように転身を繰り返した

そんな悔しい過去が

今の私の原動力。

 

 

挑戦することに躊躇う人

気持ちがわかる僕が、

企業経営という形で

前進しようとする貴方を

新事業支援、資金調達、

許認可申請まで…

あなたの全ての難敵に一緒に挑みます!

 

 

 

 

 

 

どーも!こんにちは!

 

 

 

 

 

石川県で活躍中の

ハートもルックスも

好漢ジャイアンみたいな

(映画バージョンのね!笑)

 

 

 

 

頼れる行政書士デミー

 

こと出見世(でみせ)雅之です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日欠かさずブログ

2021年(令和3年)8月11日(水)

 

 

773号スタート!

 

 

 

 

 

 

 

 

難民選手団

 

 

 

 

東京五輪の話題から

👇こちらの記事が目に留まりました。

 

 

 

 

 

 

難民選手団 TBSニュース

Yahooニュースより引用

 

 

 

 

 

 

私も五輪を観ていて気になっていた

ROC(ロシアオリンピック委員会)

 

難民選手団

 

 

 

 

 

 

前者のいきさつは

ネガティブなことで

ある程度知っているけど

 

 

 

 

前回リオ五輪の時には

あまりその存在に気付かなかった

難民選手団

 

 

 

 

今回の東京五輪でも

出場した各種目で活躍できたようで

微笑ましく思う。

 

 

 

 

 

 

 

記事にもあるように

紛争などで

自分の住む国を

捨てざるを得なかった選手たち。

 

 

 

 

 

 

五輪に出場できてよかったね✨

 

 

 

 

 

で終わることなく

紛争難民と言うような

世界に蔓延(はびこ)る課題

に対して

 

 

 

 

僕たち人間は

何をどうしていくかを

考えることが肝要だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

産経新聞 難民選手団 東京五輪

産経新聞ニュースより引用

 

 

 

 

 

 

 

 

妻との会話

 

 

 

 

 

つい先日、妻と

何気ない話をしていた時のこと

 

 

 

 

 

将来はアメリカにでも

移住出来たらなぁ~

 

 

 

 

 

なんて、のん気に話す

ちょっと欲深い僕に

 

 

(👆個人的には、単に

夢が大きいと思っている…)

 

 

 

 

 

 

 

妻は、

 

 

 

子どもたちが

いつでも帰ってこれる

場所をつくってあげたい…

 

 

 

と言った。

 

 

 

 

 

 

説明する必要もないが

 

 

いずれ子どもたちが

親である私たちの元を離れ

巣立っていったとしても

 

 

 

 

何か悩みなんかあったときに

里帰りでもして

僕たち親に甘えることが出来る

そんな場所を守ってあげたいんだとか

 

 

 

 

 

 

故郷とか里帰りとか

さほど重要だとは思ってもいなかった

僕にとっては

ちょっと目からウロコな発言。

 

 

 

 

 

 

妻のように、

「帰ることができる場所」

大切にする人にとっては

 

 

 

祖国が祖国じゃなくなる

故郷が故郷じゃなくなる

 

 

 

という事態がどれだけ辛い

ことなんだろう?

 

 

 

 

 

 

そんなことを考えると

難民選手団のアスリートが

これまでどれだけ辛い人生を

歩まれてきたのか…

 

 

 

心中を察すると胸が強く痛む。

 

 

 

 

 

 

 

そして、私より妻の方が

僕と比べて

未来を見据えているのでは?

 

 

 

と反省。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

里帰り 故郷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

持続可能へ

 

 

 

 

 

僕が行政書士だけではなく

 

 

 

 

 

国連にて全会一致で可決され

2030年までに人類が達成すべき

全世界共通の目標である

 

 

 

 

SDGs(持続可能な開発目標)

 

 

 

 

コンサルタントとして

活動し始めた理由は

 

 

 

 

 

SDGs

 

 

 

 

 

誰ひとり取り残さない

 

No one left behind

 

 

 

 

 

という理念に深く共感したからだ。

 

 

 

 

 

 

 

もちろんこの場合の

“取り残さない誰か”

 

 

 

そのような難民の方も含めてだ。

 

 

 

 

 

 

 

紛争難民もない世界

 

 

 

 

 

 

 

そんな世界はきっと

 

 

誰もが帰る場所がある世界

 

 

なんだろうと思うからなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SDGsです!

 

 

 

 

 

 

 

このSDGsに掲げられた

17の目標の中には

 

 

 

 

こういった難民問題をも

解決するための目標

 

 

 

 

 

目標10

sdgs目標10不平等です

 

 

 

 

 

目標16

SDGs目標16平和と公正です

 

 

 

 

 

が掲げられています。

 

 

 

 

 

 

このSDGsを達成することで

これからの五輪の難民選手団を観て

 

 

 

出場できてよかったね✨

 

 

 

で終わることなく

 

 

紛争難民もこの社会から

無くすことができるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社のSDGs担当者の方へ

 

 

 

 

 

そんな重要なSDGs

 

 

中小企業で導入し実践する方法

 

 

ご案内しています!

 

 

 

 

 

 

会社でSDGs担当者

なったはいいけど

 

何をしたら良いのかわからない…

 

という方は、

ぜひ僕にご相談ください!

 

 

 

 

 

 

行政書士としての法律知識と経験、

SDGsコンサルタントとしての

知識と経験を持つ私が

 

 

そのお悩みを解決いたします!

 

 

 

 

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

SDGsビジネスコンサルティングの詳細です。

トップへ戻る

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る