多様性と義務の間(はざま)で

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

多様性と義務の間(はざま)で


 

 

 

 

 

 

 

大坂なおみ選手の悩み

 

 

 

 

 

 

 

つい3日前に書いた

↓↓こちらのブログ

 

 

 

 

 

 

 

R3.5.31のブログです

 

 

 

 

 

 

 

主旨は試合後の記者会見を

拒否したテニスの大坂なおみ選手

 

 

エンターテイナーとしての義務を

果たしていない…

 

 

と否定したもの。

 

 

 

 

 

私と同様の意見を示すメディアも

あったようで、

 

 

私もあながち間違った事を

言ってはいない…

 

 

と思っていた矢先、

 

 

 

 

 

 

このブログを書いた直後に

大坂選手は次の試合の欠場を表明

 

 

 

さらに自身が“うつ病”であり

記者会見等に過度なストレスが

あることを表明した。

 

 

 

 

 

つまり大坂選手のアンチテーゼには

それなりの意味があったということだ。

 

 

 

 

 

 

すると今度は、大坂選手

共感する意見であったり

擁護するような意見が

多く見られるようになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大坂選手の欠場 ジョコビッチ選手が擁護

Yahooニュースより引用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンターテイナーの義務

 

 

 

 

 

現代ではかなり一般的になった

と思われる“うつ病”に、

 

 

悩まれる人であったり、

神経質になっちゃう人であれば

 

 

そのような心理に

なってしまうのだろうし

 

 

僕にも理解はできる。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただしかし、

 

 

 

 

僕は未だに

完全に共感することが

できていなくて…

 

 

 

 

 

 

例えば、仮に大坂選手

うつ病やメンタル面の弱さが

 

 

テニスという競技の

プレッシャーによるものなら

 

 

そのプレッシャーを克服できない

大坂選手は、

 

 

 

プロテニスプレイヤーとしての

資質を欠いていると言えるのでは…?

 

 

 

 

 

アスリートにとって

「プレッシャーのせいで…」

なんて言い訳できないのは

分かり切ったこと

 

 

 

 

 

 

 

テニス

 

 

 

 

 

 

それに、

 

 

 

 

試合と、記者会見などの

メディア露出は別物で

 

 

アスリートにとって

過度なストレスになるから

やらなくてもいい…

 

 

 

 

という意見がまかり通るなら

 

 

 

 

 

TVカメラはストレスになるし

パフォーマンスの邪魔になるから

自分の試合はスポンサーの意向を

無視してでもTVに映すな!

 

 

 

 

という我儘なアスリートの意見も

まかり通ってしまう。

 

 

 

 

 

 

それでは

 

 

 

プロアスリートの…

ましてやエンターテインメントの

義務を果たせていない

 

 

 

言えるよね…

 

 

 

 

 

 

プロアスリートって

そんな甘いもんじゃないはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曲がりなりにも

大坂選手を応援したいと

思っている人(僕も含めて…)

にとっては

 

 

 

 

 

 

なんか救われない話だな…。

 

 

 

 

 

 

 

マイク 会見 インタビュー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SDGsと多様性

 

 

 

 

 

国連にて全会一致で可決され

2030年までに人類が達成すべき

全世界の共通目標である

 

 

 

 

 

 

SDGs(持続可能な開発目標)

 

 

 

 

が盛り上がってきている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SDGsです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕が考えるに

SDGsのテーマの一つが

 

 

 

 

 

多様(ダイバーシティ)だ。

 

 

 

 

 

 

 

それはSDGsの

 

 

 

 

誰ひとり取り残さない

 

 

 

 

という理念からも明らか。

 

 

 

 

 

 

 

 

どのような人の価値観も

寛容に受け入れるべき

 

 

 

という思想が、

 

 

 

 

 

多様性(ダイバーシティ)であれば

 

 

 

 

 

 

 

大坂選手のような

悩みを抱えた選手でも

プロアスリートとして

活躍できる環境を整えることも

必要であると考えるべきだし

 

 

 

 

ただ、そこまで寛容になると

前述したような矛盾が生じる。

 

 

 

 

 

つまり、これも

 

 

彼方立てれば此方が立たぬ

 

 

という

 

 

 

トレードオフを考える

 

 

 

ということに繋がる。

 

 

 

 

 

 

 

SDGsとトレードオフについて、SDGsの専門家、SDGsのセミナー講師が得意な、行政書士(石川県)がご説明します!

 

 

 

 

 

 

 

 

おわりに

 

 

 

 

 

本件の課題についての解消策を

僕はまだ持ち合わせていないが

 

 

 

持続可能な社会を作る

 

 

 

ということは

 

 

 

 

 

 

多様性と諸問題の間(はざま)で

 

 

こういうトレードオフ

考えていくことだと思う今日の頃。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな僕は

SDGsコンサルタントとして

 

 

 

 

SDGsに関する講演・講師活動、

 

 

 

また、2030SDGsカードゲーム

活用した出張SDGs体験会

 

 

 

承っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうか気軽に

お問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです
!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る