シャウエッセンは”拘り”と顧客目線のどちらを選んだか?

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

シャウエッセンは”拘り”と顧客目線のどちらを選んだか?


 

 

 

 

 

このブログの筆者

 

 

 

 

 

やる前から負けることに脅えて

脱サラ⇒格闘家⇒行政書士

逃げるように転身を繰り返した

そんな悔しい過去が

今の私の原動力。

 

 

挑戦することに躊躇う人

気持ちがわかる僕だからこそ、

企業経営という形で

前進しようとする起業家の背中を

押して差し上げたいのです!

 

新事業支援、資金調達、

許認可申請、法律相談

までお任せください!

 

 

 

 

 

 

どーも!こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

はじめての脱サラ起業を

フルサポート!

若手創業社長の名セコンド

 

 

 

出見世(でみせ)雅之です。

 

 

 

 

 

 

 

 

満足度です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日欠かさずブログ

2021年(令和3年)10月10日(日)

 

 

833号スタート!

 

 

 

 

 

 

 

 

レンチンOK

 

 

 

 

 

 

今日気になったニュースはこれ👇

 

 

 

 

 

 

 

 

シャウエッセン 茹でから レンチン OK

Yahooニュースより引用

 

 

 

 

 

 

 

見出しからわかるとおり

ソーセージのシャウエッセン

躍進中との事。

 

 

 

 

 

 

その理由は、

これまで「茹でて美味しい!」

というメーカー側の提案を

断固として貫いてきたのを

 

 

 

「レンチンでもいいよ」

と方向性を変えたからだそうだ。

 

 

 

 

 

 

ソーセージのシャウエッセン

その存在を初めて知ったのは

僕が小学校4~5年生の頃

だったと思う。もう35年程前か…

 

 

 

 

 

当時は、もちろん

ソーセージとウィンナーの違い

さえも知らないし

 

 

 

(今も知らないけど💦笑)

 

 

 

 

食卓で食べるのは

いわゆる赤ウインナーか

魚肉ソーセージだったけど

 

 

 

 

TVコマーシャルで

シャウエッセンを

「パリッ!」って音を立てて

食べるモデルさんの姿を観て

 

激烈に憧れたものだ

 

 

 

 

 

しかも、茹でるだけ…

という小学生の男の子でも

簡単に調理できるしろもの。

 

 

 

 

 

その後ソーセージは

日本の家庭の食卓では一般的に

 

 

今はむしろ赤ウインナーの方が珍しく

そっちの方がたまに

激烈に食べたくなったり💦

 

 

 

 

 

ソーセージを茹でて調理し

パリッと音を立てて食べる

 

 

 

 

という新機軸を打ち出した商品が

 

 

 

 

その長年のプライドを捨てて

レンチンでOK!

という基軸を打ち出し

さらに人々に広まることに。

 

 

 

 

 

 

 

 

ソーセージ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

拘りと顧客目線

 

 

 

 

 

よくTV番組で見かける

「拘りの店」「頑固な店主」

が特徴のご商売。

 

 

 

 

平気で客に粗暴な態度をとったり

古いやり方を頑なに守っていたり

 

 

 

それはそれで面白いとは思うし

目を惹くとは思うが

 

 

 

 

 

やはりこれからビジネスとして

生き残っていくため、特に

シャウエッセンの日本ハムさん

のような有名企業・大企業となると

 

 

 

 

拘り  顧客目線

 

 

 

 

ということだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃは私は行政書士として

 

 

 

 

「拘り」「顧客目線」

 

 

 

 

どっちを優先しているかな?

 

 

 

 

 

 

今このブログで

「僕はこっちだ!」

と答えられないのが

悲しいところだけど…😢

 

 

 

 

 

「拘り」「顧客目線」

は考えれば考える程

どちらも大切

 

 

 

 

多くの商売人さんは

「うちはこっちが優先です!」

なんて胸張って言えないんじゃ

ないんだろうかな?

 

 

 

 

 

 

 

それの良い例が

以前のシャウエッセンだった

のだろうけど…。

 

 

 

 

 

つまりは、

商売人として拘りは大切だけど

顧客目線ではない拘りは

重荷になるってことなのかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

SDGsとトレードオフについて、SDGsの専門家、SDGsのセミナー講師が得意な、行政書士(石川県)がご説明します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の職業

 

 

 

 

 

 

最近ある方に

教えられたことなんだけど

 

 

 

 

 

 

誰かに

 

「あなたの職業は何ですか?」

 

と尋ねられた場合

 

 

 

 

 

 

僕は行政書士です。

 

 

 

と答えるより

 

 

 

 

 

僕の職業は

出見世(でみせ)雅之です!

 

 

 

 

と答えるべきとの事。

 

 

 

 

 

 

 

僕は行政書士です

という“拘り”

 

 

自身の了見を狭くすると。

 

 

 

 

 

 

行政書士としてではなく

出見世(でみせ)雅之という人として

あなたの悩みを解決する存在

 

 

 

であることが必要。

 

 

 

 

 

 

つまり

“僕は行政書士”

 

 

「拘りが強過ぎる」

 

 

ということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

出見世 ダウンタウン病

 

 

 

 

 

 

ですからこれからは

 

 

 

 

 

出見世(でみせ)雅之

どうぞ自由にご利用ください

 

 

 

 

 

という顧客目線

行きますんで!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問合せフォームです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る