僕の生い立ちと家族を振り返ってみる【父親編①】

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

僕の生い立ちと家族を振り返ってみる【父親編①】


 

 

 

 

 

つづき…

 

 

 

 

 

令和3年5月

コロナ禍真っ只中の退屈なGW

 

 

 

自分の生い立ちと

家族を振り返るブログ

 

 

 

 

 

 

第1回目のブログ。

 生い立ちと家族を振り返る 姓名

 

 

 

 

 

前回のブログ。

僕の生い立ち 家族

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回が4回目。

 

 

 

 

 

今回からは、僕の両親について

少し掘り下げていこうと思うんだけど

 

 

 

 

なんとなく

嫌いなところの紹介と

愚痴になりそうな予感…💦

 

 

 

 

 

 

私が所属しているある異業種交流会では

 

 

 

 

どんな親であれ

(例えDVや虐待をした親であっても)

感謝すべき存在である…という教え。

 

 

 

 

 

もちろん、私にも

家族に感謝すべき点

数えきれないくらいあるので

 

 

 

 

その感謝の教えも実践していきたい僕

としては、これから書いていくことも

 

 

それなりのジレンマがある

ということを予め断っておく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父親のこと

 

 

 

 

 

第1回で紹介した通り

半分公務員みたいな職業の父親。

 

 

 

 

 

 

小さい頃、父親に

何かこれと言ったことを

して貰った覚えはない

 

 

 

 

 

父親に

「○○して遊ぼうぜ!」とか

「どっか行こうか!」とか

提案された覚えがない。

 

 

 

 

 

 

それは全く何もしなかった

という訳ではなくて

あんまり記憶にないだけかも

 

 

 

 

それに僕からお願いしたことは

結構して貰ったりもした。

 

 

 

 

 

 

でも、幼い頃

パチンコ屋さんに

連れてかれたことも

多かったな…笑

 

(当時は子連れOKだった)

 

 

 

 

 

現に、今でも心配性で

何かあれば僕に構ってくるくらい

ウザい存在だし(笑)

 

 

 

 

家族を大切にする気持ちは

(おそらく)人一倍はあるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみ↓↓こちらが父親の若い頃。(僕が3歳)

俳優の賀来賢人さんに似てると思うんだが…

出見世 家族

七五三のときかな☻

 

 

 

 

 

 

父親アップ

出見世 家族

 

 

 

 

 

 

 

賀来賢人さん(勘違いかな?)

賀来賢人さん

引用元:https://taishu.jp/articles/-/72081?page=1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらく、当時は

父親も仕事が忙しく

しかも亭主関白気取ってて

良い意味でも悪い意味でも

家庭のことは母親に任せっきり

だったのかと。

 

(母親も仕事してたが)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、僕は完全な

母親っ子

 

 

 

 

 

しかも、前回のブログで紹介したように

幼い頃の僕の憧れの男性像って

 

 

 

 

ヒーローとか正義の味方だったから

当然だがそれと全然違う父親は

憧れも尊敬もしなかった。

 

(僕も理想や欲望に素直だったのかと)

 

 

 

 

 

 

あと、父親に

若い頃このスポーツをやっていた…

というのもないのも

スポーツ大好きな僕からしたら

痛い…の一言。

 

 

 

 

しかも謎なのが、高校時代は

バスケ部のマネージャーだったとか…

 

 

どう間違えば、あの時代の高校男子が

バスケ部のマネージャーになるのか

(病弱だったわけではない)

不思議でたまらないが

 

 

詳しく聞いたら、

さらに悲しくなりそうなので

謎のままにしている(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

僕5歳。家族と親せき宅にて。

出見世 家族

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父親の性格

 

 

 

 

 

 

父親は、おそらく

仕事は真面目にやるタイプ

の人間だったんだろうけど

 

 

 

 

“イイ恰好しい”というか

表裏がある感じの人間っていうか

外面がいいっていうのが

幼い頃の僕がなんとなく

気付いていたんだと思う。

 

 

 

 

 

 

父親が家族以外の

人と会っている時は

 

 

明らかに

家庭にいる父親と違った感じで

愛想を降り待っている感じだったし

 

 

 

 

その反面、

家ではいつも、

愚痴や人の文句を

舌打ちしながら話している。

 

 

 

 

 

今でもそう、

よく政治家や医者の文句を言っている。

 

 

 

 

 

(誰も聞いてないのに…

同じ話を何度もする

ほんとウザい💦)

 

 

 

 

 

 

ちょっと、話がそれるけど

自分が専門家でもないのに

専門家の最たる人である

政治家や医者の文句を言う素人って

 

 

いったい自分は何様なの?!

 

 

って思う。

 

 

 

 

そんな文句を言えば、

家族もそれ以外の人も

 

 

この人よく物事を知っている人だなぁ

 

 

と感心するとでも思っているんだろうか…?

 

 

 

 

 

 

 

政治家でも医者でも

 

 

 

 

じゃあお前がやれよ!

 

 

 

 

と言ってやりたいし

それが自分の父親

っつーんだから情けない。

 

 

 

 

 

 

 

 

嘆く私です

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、過去の武勇伝(?)的な話

何度もするのも嫌い。

 

 

 

 

 

しかも、その武勇伝たるや

交通違反で捕まった時に

警官に文句を言ってやったとか

全然自慢にならないような

つまらない話ばかり。

 

 

 

 

 

 

なのに、家庭では

大黒柱の自覚(?)という古い考え

があるのか何故か偉そうにする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一応フォロー(?)も

 

 

 

 

ここからは

一応フォロー(?)も含めるけど

 

 

 

 

僕の父親は

それまでの親や学校の

当たり障りのない教育を

実直に守ってきて

 

 

 

 

当たり障りのない人生を受け入れて

その道を“真面目に”歩んできた

そんな父親なんだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

父親のことを書きだすと

止まらないので

 

 

(母親のことも書きだすと

止まらないと思うけど)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また次回に続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る