同性婚裁判の判決について僕たちがすべきこと

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

同性婚裁判の判決について僕たちがすべきこと


 

 

 

 

同性婚裁判の判決

 

 

 

 

さて、昨日(R3.3.17)

札幌でかなりセンセーショナルな

裁判およびその判決が出された

ということで、

 

 

今朝の新聞でも

かなり大きく取り上げられているね。

 

 

 

 

 

 

 

 

同性婚裁判の判決 違憲

共同通信社WEBニュースより引用

 

 

 

 

 

 

 

もしかして勘違いしている人が

いるかもしれないので

 

 

一応、街の法律家と呼ばれる

行政書士として答えておくと

 

 

 

 

この判決によって

日本で同性婚が

認められる訳ではない

 

 

 

 

そもそも判決は

原告側の請求棄却だから

 

同性婚を認めろ!

 

と訴えた方は

敗訴している訳だし

 

 

 

それも控訴審で覆る場合もある

 

 

 

 

もし全国的に同性婚を

認めるとしたら

 

 

もっと細かい部分まで

法整備が必要だろう。

 

 

 

 

 

だから今回訴えた

3組のカップルの方々も

ただちに正式な結婚は

できないであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この判決の意味

 

 

 

 

ただ、今回の判決

大きな意味を持つことは

間違いなくて、言うなれば

 

 

 

 

日本の司法

 

同性“愛”は普通のこと

 

認めたということだ。

 

 

 

 

 

ひと昔(少なくとも

私が幼かったころ)までは

考えられなかったことだから

 

 

この判決はかなり画期的

 

 

と…言えよう。

 

 

 

 

 

 

このスマイルブログでも

何度も紹介している

 

 

 

LGBT

(性的少数者)

 

 

 

の方々には

大いに勇気を与える出来事だ。

 

 

 

 

 

 

 

LGBTです

 

 

 

 

 

 

 

もし自分の子どもが…

 

 

 

 

おそらく日本には

まだまだ保守的な考えの人がいて

 

 

今回のこの判決の話題についても

社会では賛否両論分かれるんだろう。

 

 

 

 

例によって

否定派の人は原告の人たちに

バッシングとかしちゃうのかな…

 

 

 

 

 

そんな人には、私が先日書いた

↓↓こちらのブログ読んで欲しいな。

 

 

 

 

 

 

 

絵本すきっていわなきゃだめ?をお勧めするブログ

 

 

 

 

 

 

 

もし、自分のお子さんやお孫さんが

LGBTだった場合に、

 

 

自分は親として

応援できないの?

 

 

って話にならない?

 

 

 

 

 

 

あるいは自分の子どもが

現在進行形で

自身がLGBTであることを

誰にもカミングアウトできずに

苦しんでいるかもしれない…。

 

 

 

 

 

 

 

両立です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕たちは何をすべきか

 

 

 

 

これ私の案だけど

 

 

 

 

いくら今回の裁判の判決

センセーショナルなものであり

 

 

原告の方々に「おめでとう」と

祝福したい方も多いと思うけど

 

 

 

 

 

 

今は

そっとしておいてあげようよ。

 

 

 

 

 

(こんなブログを書いている

私が言うのもなんだが…💦)

 

 

 

 

 

肯定派であろうが

否定派であろうが

 

 

今回の裁判の原告さんたちを

好奇の目で見る人も多いのでしょう

 

 

 

 

その好奇の目が

LGBT差別そのものでは?

 

 

 

 

 

 

うんうん。よかったね。

 

 

もっとLGBTにとって

寛容な国になればいいね。

 

 

 

 

 

と心の中で思っているくらいが

丁度いいはのではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

現告の方にとっても

LGBT悩んでいる方にとっても

 

 

 

 

寛容にされるよりは

 

普遍的に接して貰うこと

 

 

つまり

 

ジェンダーニュートラル

 

が一番の望みであろうから。

 

 

 

 

 

つまりこの話題に関しては

 

傍観者で全然いい

 

ということ。

 

 

 

 

 

なので、私はこれ以上

この話題は触れない。

 

 

 

 

 

 

 

いない!です

 

 

 

 

 

 

こういうことが、

 

 

 

 

 

国連にて全会一致で採択され

2030年までに人類が達成すべき

全世界共通の目標である

 

 

 

 

 

SDGs(持続可能な開発目標)

 

 

 

 

 

 

SDGsです!

 

 

 

 

 

 

17の目標にも挙げられている

 

 

 

 

 

 

目標5「ジェンダー平等」

sdgs目標5です

 

 

 

 

 

目標10「平等」

sdgs目標10不平等です

 

 

 

 

 

の達成に繋がると信じている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

SDGsビジネスコンサルティングの詳細です。

トップへ戻る