イグ・ノーベル賞の30周年に想う、2030年に向けたSDGsと私のあるべき姿

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

イグ・ノーベル賞の30周年に想う、2030年に向けたSDGsと私のあるべき姿


 

 

 

30回目のイグ・ノーベル賞

 

 

 

私が取っている昨日の新聞にて

別冊・見開きで紹介されていた

この話題↓↓

 

 

イグ・ノーベル賞を紹介した新聞です

 

 

 

 

イグ・ノーベル賞を紹介した新聞です

 

 

 

 

イグ・ノーベル賞を紹介した新聞です

 

 

 

 

 

 

イグ・ノーベル賞

 

 

が30回目(年)を迎えるとのこと!

 

 

 

 

本家ノーベル賞の

パロディであるイグ・ノーベル賞

 

 

 

 

詳しくはWikipediaでも

観て欲しいですが↓↓

 

 

イグ・ノーベル賞 Wikipedia

 

 

 

 

 

 

紹介されているとおり

 

 

“笑わせ、そして考えさせる”

研究や業績

 

に毎年9月に贈られる同賞は

年々その知名度が上がってきており、

 

 

10月に発表される本家のノーベル賞に

先立つ風物詩にまでなっている

 

 

大変ユニークなイベントです。

 

 

 

 

 

 

大笑いです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イグ・ノーベル賞をの特徴

 

 

受賞したからと言っても

賞金の類は一切なし

 

 

(ちなみに本家は億を超える

賞金が貰えるそうです)

 

 

 

 

受賞式への参加費も自腹

 

 

 

 

受賞者のスピーチは

1分で強制打ち切り

 

(熱湯コマーシャル方式!?)

 

 

 

 

 

 

これまで受賞した

研究や業績の中でも

 

 

私が面白いと思ったのは

 

 

 

 

バナナの皮の滑りやすさを証明

(2014年 物理学賞)

 

 

 

 

 

ハトに嫌われた銅像の科学的考察

(2003年 化学賞)

 

※ちなみに石川県の兼六園にある

日本武尊の銅像がそうらしい。

受賞者は金沢大学教授

 

 

 

 

 

思春期における

男女の鼻くそほじりの研究

(2001年 公衆衛生賞)

 

 

 

 

 

足の臭いの原因物質を特定

(1992年 医学賞)

 

 

 

 

 

 

 

 

ね!?笑えるでしょ!?

 

 

 

 

これでも、ほんの一部。

 

 

 

 

 

 

本当に悪ふざけというか…

くだらないというか…

 

 

 

 

でも、30年もやってきて

これだけの知名度を築き上げ

 

 

こうやって世の中の人々を

喜ばせているんだから

 

 

凄いですよね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

風船です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SDGs(持続可能な開発目標)

 

 

私がコンサルタントとして

その普及と推進を図っている

 

 

 

 

2015年に国連で全会一致で採択され

人類が2030年までに達成すべき

全世界共通の目標である

 

 

 

 

SDGs(持続可能な開発目標)

 

 

 

 

も、イグ・ノーベル賞のように

あるべきだなって思います。

 

 

 

 

 

 

 

SDGsです!

 

 

 

 

 

 

 

それは、悪ふざけをしたり

冗談やユーモア性を

前面に出すって事ではなくて

 

 

 

 

他の人からどう思われようが

どういう評価をうけようが

 

 

 

 

やり続けること。

 

 

 

 

 

 

 

 

少しづつ、SDGsの認知度も

高まってきたと思った矢先の

 

 

このコロナ禍…。

 

 

 

 

その禍に流され、

世界がSDGsどころじゃ

なくなった感もありましたが

 

 

 

 

目指すのは今じゃなくて

2030年

 

 

そして、その先の

持続可能な世界

 

 

 

 

 

 

自分だけが

幸せを求めるのではなく

 

 

 

 

 

取り組めば

 

自らも幸せになりながらも

人も幸せにできるのが

 

SDGsです。

 

 

 

 

 

 

幸せです

 

 

 

 

 

 

 

 

悪ふざけが過ぎる…

くだらない研究に付き合うほど

暇じゃない…

イグ・ノーベル賞を否定したり

 

 

 

 

綺麗ごとだ、偽善だ、

自分には関係ない…

SDGsを否定するのではなく

 

 

 

 

 

 

まずは、認められるまで

 

継続すること

 

が必要なのではなのでしょう。

 

 

 

 

 

 

継続は力なり

 

 

 

 

 

自戒も込めて、これからも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る