契約書の「解釈の余地」と「言語化・文章化」

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

契約書の「解釈の余地」と「言語化・文章化」


 

 

 

前回のブログの続きでーす

 

 

 

↓↓前回のブログです。

電子契約についてのブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

契約書の解釈の余地

 

 

まずオリジナルな契約書

作成するにあたり大事なのは…

 

 

 

 

「解釈の余地」

 

 

を限りなく少なくすること

 

 

 

 

にあるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、

よく契約書に使用される文言で

このようなものがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 “著しく”

 信頼を裏切ったときは、

 本契約を解除できる。

 

 

 

 

 

 

 

ではこの場合、契約者の、

一体どのような行為が

“著しく”信頼を裏切った行為

になるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

裏切りです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば…トラブルに…

 

 

例えば、ある契約書の内容(目的)が、

 

 

“AがBに毎日○○する”

 

 

だったとします。

 

 

 

 

では、この場合の

 

“著しく”信頼を裏切る行為

 

とは…?

 

 

 

 

 

◆何日間も○○をしなかった

⇒では何日?

 

 

◆真面目に○○をしなかった

⇒真面目とは?

 

 

◆クレームばかり言ってくる

⇒原因は?

 

 

 

 

………などなど

 

 

 

 

 

 

 

もう、細かく考えると

キリが無いでしょう。

 

 

 

 

 

しかし、このようなことが

実際にトラブルになることが

多いのですね。

 

 

 

 

 

 

“トラブルを未然に防ぐ”ことは

 

 

契約書を締結する

大きな目的の一つです。

 

 

 

 

 

 

このような“著しく”等といった

曖昧な表現は

 

 

トラブルの原因を

誘発するものでもあり

 

 

まさしく本末転倒と

なってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

ですから、契約書

なるべく具体的な表現を用いて

作成されることをお勧めします。

 

 

 

 

 

極端に言えば、

契約者が想定でき得る

 

 

“発生しそうなトラブル”

 

 

全て書かれた契約書

望ましいと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

契約自由の原則と公序良俗

 

 

ちょっと話が脱線しますが、

より具体的なトラブルを想定して、

その解決策等を、

 

 

契約書に記載するにしても

注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

日本の法律では

 

 

『契約自由の原則』

 

 

といって、

 

 

 

 

原則として

どのような契約を結ぶかは

契約者の自由ですし

 

 

契約書にどのような記載をするかも

自由とされています。

 

 

 

 

 

 

しかし、

原則があれば例外ありで

いくら契約自由の原則だから

といって

 

 

 

 

 

『公序良俗に反する』

契約はできません。

 

 

 

 

 

 

 

公序良俗とは

 

 

『公の秩序又は善良な風俗』

 

 

を四文字熟語にしたものと

お考え下さい。

 

 

このような契約をした場合は、

その契約自体が“無効”

となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、

 

 

『AがBに毎日○○をする』

 

 

という契約において

 

 

 

 

 

 

 

『Aが○○を行わなかった場合は、

 土下座をしてBに謝罪する』

 

 

 

 

 

 

 

という規定をした場合は、

公序良俗に反した契約となり

 

 

“無効”になる可能性が

高いでしょう。

 

 

 

 

 

×マークです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言語化と文章化

 

 

このように、

 

 

なるべく具体的かつ

公序良俗に反しない

 

 

そんな契約書を作成するにあたり

皆さまが苦労されるのが

 

 

頭にイメージされた

契約の内容の

 

 

 

 

『言語化と文章化』です。

 

 

 

 

せっかく皆さまが考えられた

良いイメージの契約内容も

 

 

それが言語化・文章化されなければ

良い契約書は作成できません。

 

 

 

 

 

 

そんな時に活用いただきたいのが、

われわれ行政書士を始めとした

専門家です。

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

誠実・謙虚・さわやか・にこやか

もさることながら(笑)

 

 

 

 

皆さまが頭で思い描いたイメージの

言語化・文章化

得意としております!

 

 

 

 

契約書やその他のビジネス文章

などの作成でお困りの方は、

 

 

ぜひ行政書士法人スマイル

お声がけ下さい!

 

 

 

 

 

 

 

きっと皆さまの頭の中の

素敵なイメージを、

 

 

最適な、言語・文章、

そして“笑顔”に

 

 

変換して差し上げます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る