テラスハウスとプロレスラーについて思うこと

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

テラスハウスとプロレスラーについて思うこと


 

 

昨日からのつづきです。

 

 

 

 

※↓↓昨日のブログ

プロレスとテラスハウスのこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テラスハウスのこと

 

 

私は、テラスハウス

プロレスって似ていると思う。

 

 

 

 

昨日のブログでも述べたけど

 

 

プロレス

スポーツでも真剣勝負でもない。

 

 

つまり

リアルじゃないしガチンコでもない。

 

 

 

 

エンターテインメントだ。

 

 

 

 

つまり、筋書きのあるドラマ

と言えよう。

 

 

 

 

 

 

 

一方、私は、

テラスハウス

もそれに近いと思っていて

 

 

テラスハウス

素人男女のリアルな恋愛模様じゃないし

 

 

ドキュメンタリーや

ノンフィクションでもない

 

 

 

 

やはり

エンターテインメントだ。

 

 

 

 

出演している彼らも

名前は全国的に売れていないが

 

 

何らからしらの若いアクター、

エンターテイナーであり、

 

 

出演者それぞれに

“プロとしての役割”

求められているのでしょう。

 

 

 

 

視聴者やファンが喜ぶための…。

 

 

 

 

つまり、テラスハウス

プロレスのような

一種の演出があるんだろうなと。

 

 

 

 

(このような話は、

 テラスハウスを

 好きで観ていた妻と、

 意見が対立したこともある…) 

 

 

 

 

 

 

テラスハウスです

 

 

 

 

 

 

 

 

ノンフィクションだ!

いやドラマだ!

 

 

 

 

ガチンコだ!

違う!演出だ!

 

 

 

 

ドキュメンタリーだ!

エンターテインメントだ!

 

 

 

 

だとか、

 

 

 

 

エンターテインメントだと

わかっているから良い…

 

 

 

ガチンコだと

思っているから悪い…

 

 

なんて、

 

 

そんな話や議論は

正直どうだっていい。

 

 

別に人がどう思おうが

人の勝手だと思っているし。

 

 

 

 

 

 

 

 

むしろ、そんな議論が

世間でなされるのなら

 

 

プロレス界

プロデューサーも演出家も

 

 

テラスハウス

プロデューサーも演出家も

 

 

レスラー出演者

その関係者だって

 

 

「してやったり…」

喜ぶようなことだ。

 

 

 

 

 

プロデューサー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロとしての彼女のこと

 

 

彼女のプロレス

私はこの目で観たことがないが

 

 

 

 

彼女は、若いにもかかわらず

 

 

昨日のブログでもご案内した

プロレスでいうところの

 

 

ベビーフェイス(正義の味方)

ヒール(悪役)こなせるような

 

 

評価の高い人気プロレスラー

だったようである。

 

 

 

 

 

 

テラスハウスに出てた頃は

その風貌からして

ヒールだったのではないのかな?

 

 

 

 

そして彼女はテラスハウスでも

 

 

「プロとして」

見事に‟ヒールの役割”

果たしたのでは…

 

 

 

 

 

 

ベビーフェイスとヒールです

 

 

 

 

 

 

 

昔からプロレス界では

ファンから絶大な人気を誇る

ベビーフェイスのために

 

 

それを引き立たせるヒール

自ら悪役に徹することで

 

 

さらにファンを喜ばせる

エンターテインメント

創り上げた。

 

 

 

 

 

ベビーフェイスの

人気が高くなればなるほど

そんなヒールレスラーへの

ファンからのバッシングは多かった。

 

 

誹謗中傷の類(たぐい)なんてザラ。

 

 

しかし、それが

 

ヒールレスラーに対する

“正当な評価”

 

なんだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

プロレスラーの彼女は

見事にヒールを演じ

 

 

そしてファンの期待に応えて

ファンの目の前から姿を消した…。

 

 

 

 

“プロ”として

本望じゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追悼

 

 

だからと言って

 

 

人への誹謗中傷が

許されていいわけじゃないし

 

 

 

 

人が自らその命を絶つなんて

決して美しいなんて思わない!

 

 

 

 

 

 

 

でも、そうやって、

 

 

 

彼女のプロとして

残した功績を讃えて

 

 

弔(とむら)ってあげる方法も

あるんじゃないのかな…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうでもしなきゃ

あまりにも悲し過ぎるし

やってられないよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロレスリングと花