日本国憲法の前文に思ふ格闘家SDGs行政書士

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

日本国憲法の前文に思ふ格闘家SDGs行政書士


 

前回のブログでは

憲法改正の話題に触(ふ)れましたので

 

 

今回は、その憲法について

もう少し書きたいと思います。

 

 

 

 

日本国憲法には

 

 

“前文”

 

 

といって、その名の通り

憲法の全条文の一番に、

 

 

日本国憲法の基本原理

 

 

が書かれた文章があります。

 

 

 

※その前文の後に、第1章の第1条から

具体的な法規(定め)が書かれた条文が始まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本国憲法前文

 

日本国憲法の前文は、4段落からなり

600文字を超える長文ですので

 

 

ここで全文は紹介しませんが…

 

{前文(ぜんぶん)の全文(ぜんぶん)…笑?}

 

 

 

≫憲法前文Wikipedia≪

 

 

 

今回は、この日本国憲法前文

2段落目(第2段)の一部をご紹介します。

 

 

 

 

  われらは、平和を維持し、 

 専制隷従圧迫偏狭

 を地上から永遠に除去しようと

 努めてる国際社会において、

 名誉ある地位を占めたいと思

 

 

 

 

 

このように

改めて日本国憲法前文を読んでみると

 

一般的な社会人の方であれば

 

 

難しい表現もあるが

 なんとなく意味はわかる…」

 

 

というくらいの感想になられるかなと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その意味わかる?

 

難しい表現というのは

 

赤い文字で書いた部分。

 

 

 

私たち国民は

平和のために

憲法はこの4つを

地上から取り除こうと

しているのですが

 

 

 

 

この4つ…

 

あなたはわかりますか?

 

 

 

 

その言葉を国語辞典で調べてみると

 

 

 

 

専制

…統治者などが独断で思うままに

とりはからうこと

 

 

 

 

隷従(れいじゅう)

…ある者の支配に属して

その言いなりになること

 

 

 

 

圧迫 ※これはわかるかな…?

…相手を押さえつけること(抑圧)

 

 

 

 

偏狭

…度量が小さいこと

 

 

 

と書かれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに

青色でしめした

 

「ゐ(い)」「思ふ(う)」

 

という仮名遣い(カナづかい)は

現代ではほとんど使われていないものです。

 

 

 

今の日本国憲法が施行されて(作られて)

70年以上も経つ訳ですから

 

そんなものと言えば

そんなものなのでしょうが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

法令をより身近なものに…

 

毎年、憲法記念日が近づくと

 

 

「憲法をより身近に」

 

「憲法を考えよう」

 

「憲法を理解しよう」

 

 

といったようなイベントが

各地で開かれたりしますが

 

 

 

 

 

このような難しい表現を

いまだに使っているようでは

 

広く国民に、

ましてや子どもにまで

 

 

「憲法を理解してもらおう」

 

 

 

なんてことは、なかなか難しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

中には、先人(昔の人)が作った

古く、歴史や伝統が詰まったものを

 

 

情緒があるもの

趣(おもむき)があるもの

 

 

と評価する方もいらっしゃるのでしょうが

 

 

 

 

日本国憲法

“百人一首”じゃないんだから…

 

 

 

その日本国憲法が役目を果たすなら

情緒も趣もいらないかなと…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、あれば

私は日本国憲法の改正

 

 

このような難しく古い文言を

変更することで

 

国民に親しみやすいものに

するのであれば

 

「全然アリ!」

 

だと思います。私は。

 

 

 

 

ただし

戦争の放棄(しないこと)を定めた

第9条の改正ともなると

 

今私がここで述べるには

あまりにも高度な話題になるので

 

今回は割愛させて頂きます。

(いつかはこのブログでも書きたい…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に

 

前述した、

日本国憲法前文にある

難しい言葉の中に

 

 

隷従(れいじゅう)

 

 

というものがありました。

 

 

 

 

 

とてもネガティブな意味を持つ

そんな言葉ではありますが

 

 

 

覚えておいて損はない言葉のようにも

思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

今、昔の私のように

サラリーマンをしていて

現在の環境に不満を頂いている

 

あなたへ。

 

 

 

あなたは、今の会社に

隷従

しているのではないですか?

 

 

 

 

「今の会社が好きだから

 ここでずっと働きたい!」

 

 

 

と本気で思っているのですか?

 

 

 

 

もし今悩んでいるなら

 

 

起業に“挑戦”

 

 

してみませんか!!

 

 

 

 

もっとやりたいこと

やってみませんか!?

 

 

 

 

 

私は

格闘家SDGs行政書士として

 

 

 

果敢に挑戦する

あなたの背中を

ほんの少しでも押して

差し上げたいのです!

 

 

 

 

 

 

 

では、また次回に。

 

 

 

トップ画面へ戻る