ロッテのモナ王から学んだ強さとは?

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

ロッテのモナ王から学んだ強さとは?


 

夏真っ盛り!

 

しかし暑い!!

 

 

 

毎年のことだけど

ここまで暑いとね…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑いこともあって

昨日は近所のスーパーで

 

半額だった“箱アイス”

まとめ買い!大人が買い!

 

そして大人喰い!

 

 

 

じゃん!!

 

 

 

 

 

昨日買った

3箱×5個入り=合計15個の

 

ロッテさんの

“モナ王”(バニラ)

 

おそらく1週間を絶たずに

無くなるかと…

 

 

 

 

 

やはり暑い夏は

アイスがうまい!

 

 

 

 

 

 

 

ところで…

 

 

 

例えば

アイスやチョコレートって

スパーなんかにいくと

たくさんの種類がありますよね!?

 

 

 

 

私が

アイスを買うときや

チョコレート菓子を買うとき…

 

そんたたくさんの種類の

アイスやチョコを前にして

 

かなり悩んでしまう性格です

 

 

 

 

 

そして、そんなときに

私が選ぶ傾向にあるのが…

 

スタンダードでもなく

シンプルでもないもの

 

です。

 

 

 

 

 

つまり

アイスもチョコも

〇〇味とか△△味…とか

□□入り…のような感じのものを

好んで選びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だったらなんで

モナ王(バニラ)

大人買いしてんだよっ!

 

 

って話なんですが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は

モナ王(バニラ)を大人買いするほど

ハマったのは今年の夏から…

 

つまりごく最近のこと。

 

 

 

 

 

 

確かにこれまでの私なら

たくさんの種類があるアイスの中で

スタンダードかつシンプルの代表格である

バニラ味なんて選ぶことはなかった

 

 

モナカアイスは食べやすくて好きだけど

買うなら“チョコ”が入っているやつ

とかを選んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、

先日、妻が買ってきて

冷凍庫に入れていた“モナ王”(バニラ)

を見つけて食べてみたところ

 

 

「うまい!!」

 

 

となっちゃって…という感じです。

(“あるある”ですがね…笑)

 

 

 

 

 

 

 

あらためて

アイスといえばバニラ!

 

という

スタンダードとシンプル

の持つ

 

“強さ”

 

を思い知った感じがします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにカップラーメンの定番ブランドである

日清さんのカップヌードルに関しても

 

いろんなランキングサイトを覗いてみましたが

 

やはり“しょうゆ味”

シーフード味やカレー味よりも

人気があるようですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタンダードとシンプル

強い理由はなぜなのでしょうか?

 

 

 

(スタンダードに関しては

人気があるからこそスタンダードになる

という考え方もできるのでしょうが…)

 

 

 

 

一番最初に生まれたものだから…?

 

ずっと昔からあるから…?

 

ブランドが確立されているから…?

 

 

 

 

 

色んな考え方がができるのでしょうが

これだ!という答えはでてきません。

 

 

 

 

 

自分の関わるビジネスが

スタンダード・シンプルとして

市場に提供するにはどうすればよいか?

 

はたして

スタンダード・シンプルを目指すことが

正しいのか?

 

 

疑問はつきませんが

この夏の“モナ王”(バニラ)との出会いは

このようなことを考える

いい機会になった気がします。

 

 

 

 

 

 

あっ…

 

 

忘れて頂きたくないことがあります…

 

弊社の商号(名前)は

 

行政書士法人スマイル

 

です!

 

 

 

 

 

 

商号だけは

 

シンプルの極み!

 

と自負しておりますので、

 

今後ともご愛顧のほど

宜しくお願い申し上げます!(笑)

 

 

 

 

 

 

ではまた次回に。

 

 

 

 

 

 

 

トップ画面へ戻る