マルクス・ガブリエル氏の倫理的資本主義とSDGs

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

マルクス・ガブリエル氏の倫理的資本主義とSDGs


 

 

 

 

 

 

このブログの筆者

 

 

 

 

 

やりたいことじゃなくて

やれることだけやってきた結果

脱サラ⇒格闘家⇒行政書士

逃げるように転身を繰り返した

そんな悔しい過去が現在の原動力。

 

 

挑戦することに躊躇う人

気持ちが誰よりわかるからこそ、

企業経営という形で前進しようとする

起業家の背中を押す!

 

新事業支援、資金調達、

許認可申請、法律相談

までワンストップ任せることが可能!

 

 

 

 

 

 

どーも!こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

はじめての脱サラ起業を

フルサポート!

若手創業社長の名セコンド

 

 

 

出見世(でみせ)雅之です。

 

 

 

 

 

 

 

 

満足度です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日欠かさずブログ

2022年(令和4年)1月29(土)

 

 

943号スタート!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経営者向けセミナーにて

 

 

 

 

 

 

つい先日、参加させて頂いた

経営者向けのセミナーにて

 

 

 

とても興味深い“学び”があったので

僕の備忘録も兼ねて

このスマイルブログ

シェアしようと思う。

 

 

 

 

 

 

 

セミナーで教えて頂いたのは

 

 

 

マルクス・ガブリエル 氏

 

 

 

という哲学者・大学教授・作家

の存在とその哲学的思想

 

 

 

 

 

 

マルクス=資本論

と覚えている人もいるだろうけど

全くの別人。

 

(ちなみに僕も同じ連想を☻)

 

 

 

 

 

 

しかも

マルクス・ガブリエル氏

まだ存命どころか

1980年生まれと僕より年下

 

 

 

 

 

 

セミナーでは当然の如く

同氏の著書を読むように

諭されたのであるにも関わらず

 

 

未だ手を付けられていない僕が

このように紹介するのも何だけど

 

 

 

 

同氏が提唱する哲学的思想

それを紹介するWikipediaでも

充分伝わる。

 

 

 

 

 

 

マルクス・ガブリエル氏Wikipediaより

マルクス・ガブリエル氏 Wikipedia

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフターコロナの産物

 

 

 

 

 

同氏は、

今世界中を混乱に陥れている

このコロナ禍についても

その思想を述べているが

 

 

 

それがまた興味深いので

一部をかいつまんで以下に。

 

 

 

 

 

 

 コロナ以前には戻ることは

 絶対に不可能

 

 

 

  ただしコロナ前の世界は

  良いものではなく

人間同士の競争により

地球も社会(環境や貧困)も

  壊してきた

 

 

 

 コロナ禍をきっかけに

 世界の価値観の中心が

倫理(エシカル)や道徳

 になるべきで、それを

 

 倫理的資本主義

 

 と呼び。全世界において

アフターコロナの産物となる。

 

 

 

倫理経済

 相反するものではない。

 

 

 

 一部の経済人のみに与えられた

 巨大な富は、

倫理観に基づき再配分

 するのが望ましく

 これがインフラとなるべき。

 

 

 

倫理と経済は相反するものではない

 富とは富を共有する可能性で、

 他者のためによいことをする可能性

 

 

 

 21世紀は倫理的資本主義の時代。

 

 

 

持続可能であり

 かつ倫理的な資本主義を作った国が

 21世紀で最も豊かな

 スーパーパワーになる。

 

 

 

 

 

 

以上、もうお気づきだろうけど

ここで重要なのは

 

 

 

倫理的

資本主義

持続可能

 

 

 

という言葉ことだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イコールSDGs

 

 

 

 

 

この概念は

僕デミーがビジネスとしても

ライフワークとしても

その推進と普及を図っている

 

 

 

 

国連にて全会一致で可決され

2030年までに人類が達成すべき

全世界の共通目標である

 

 

 

 

 

SDGs(持続可能な開発目標)

 

 

 

 

 

 

 

ピクトグラム 新SDGsロゴ17

 

 

 

 

 

の概念とほぼ一致する。

 

 

 

 

 

 

 

環境問題拡大する貧富の差

といったような社会課題

深刻な状態にあることは

誰もが認めることであろうが

 

 

 

 

その解決を図るにあたり必要なのは

何かを犠牲にするような

いわゆるボランティアたる

倫理感・道徳観ではなく

 

 

 

 

経済(資本)と

バランスが取れた

倫理感・道徳観

 

である。

 

 

 

 

そんな倫理と経済が相反しない世界

倫理的資本主義なのであり

 

 

 

それを実現した世界が

持続可能な社会なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

そして、それを達成するための

目標であり行動指針

 

 

 

 

SDGs(持続可能な開発目標)

 

 

 

 

なのだと。

 

 

 

 

 

 

 

 

長くなったけど

 

 

 

マルクス・ガブリエル氏

提唱する

 

倫理的資本主義はイコールで

SDGs(持続可能な開発目標)

 

 

 

 

 

つまり僕たちはポストパンデミック

を見据えて行動しなければならない

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サムネ 新型コロナウィルスから人類への手紙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SDGsをやりたい会社社長へ

 

 

 

 

 

そんな倫理的資本主義

実現するためのSDGs

 

 

 

中小企業で導入し実践する方法

 

 

 

ご案内しています!

 

 

 

 

 

 

会社でSDGsをしたいけど

 

何をしたら良いのかわからない…

 

という方は、

ぜひ僕にご相談ください!

 

 

 

 

 

 

行政書士としての法律知識と経験

 

 

SDGsコンサルタントとしての知識

 

 

SDGsを学べるカードゲーム

2030 SDGs公認ファシリテーター

 

ゲット・ザ・ポイント

公認ファシリテーター

 

 

の経験を持つ私が

 

 

 

 

そのお悩みを解決いたします!

 

 

 

 

 

まずはお気軽にお問い合わせください👇

 

 

 

 

 

 

 

 

SDGsビジネスコンサルティングの詳細です。

トップへ戻る

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る