僕が詐欺にあったときの話【完結編】

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

僕が詐欺にあったときの話【完結編】


 

 

 

 

 

このブログの筆者

 

 

 

 

 

やる前から負けることに脅えて

脱サラ⇒格闘家⇒行政書士

逃げるように転身を繰り返した

そんな悔しい過去が

今の私の原動力。

 

 

挑戦することに躊躇う人

気持ちがわかる僕だからこそ、

企業経営という形で

前進しようとする起業家の背中を

押して差し上げたいのです!

 

新事業支援、資金調達、

許認可申請、法律相談

までお任せください!

 

 

 

 

 

 

どーも!こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

はじめての脱サラ起業を

フルサポート!

若手創業社長の名セコンド

 

 

 

出見世(でみせ)雅之です。

 

 

 

 

 

 

 

 

満足度です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日欠かさずブログ

2021年(令和3年)10月25日(月)

 

 

847号スタート!

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も👇この

前々回、前回のブログのつづき

 

 

 

 

前々回のブログ

 

 

 

 

 

前回のブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

早速どうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大丈夫?

 

 

 

 

2万円を受け取ったオジさん

嬉しそうに「ありがとうございます」

と言って出て行った。

 

(そりゃそうだ💦)

 

 

 

 

 

オジさんが出て行って

すぐだったと思うけど

 

 

 

 

 

 

そこで僕は「ん???」

って感覚になる。

いわゆる違和感ね。

 

(今冷静に考えればそりゃそうだ💦)

 

 

 

 

 

 

違和感を感じた僕も

すぐアパートを出て

オジさんを追いかけた。

 

 

 

 

 

 

アパートから数十メートルの

ところにある空き地にオジさんはいた。

 

 

 

 

今思えば追いかけて来た

僕に気付いて、少しだけ

道から外れたんだと思う。

 

 

 

 

 

もちろんそこには、

ぶつけたという車なんてない。

 

 

 

 

 

僕はオジさん

「大丈夫ですか?」

と声を掛けた。

 

 

 

 

オジさんは相変わらず

人の好さそうなオーラを醸しだして

「大丈夫ですよ!大丈夫ですから!」

と僕に答えた。

 

 

 

 

 

「大丈夫なんだ…」

と思った僕は、そこでなぜか

アパートに戻ってしまう始末…。

 

 

 

 

 

 

 

鷺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気づき

 

 

 

 

このブログを

ここまで読んで頂いた方は

 

 

 

知らないオジさんにお金を渡し

声かけてアパートに戻ったという

僕の心理と行動に

 

 

 

信じられない!

 

 

 

と思うだろうけど。

 

 

 

 

(僕も信じられないが💦)

 

 

 

 

 

 

 

社会経験どころか

人生経験が少ない

21歳の一人暮らしの大学生の判断力と

 

 

 

初めて経験した変な違和感に

相当混乱していたはず。

 

 

 

 

 

 

アパートに戻ろうとした理由に

そんな僕もそれなりに考えて

 

「早くアパートに戻って

 新聞販売所に電話したりして

 確認しなきゃ…💦」

 

という心理が働いたんだと思う。

 

 

 

 

 

当時はもちろんスマホも無い時代で

持ってた携帯も、その辺では

全然つながらなかったからね。

 

 

 

 

 

 

アパートに戻って早速

新聞販売所に電話した。

 

 

 

さっきオジさんが語った

販売所の代表の息子だという

名前の人物がいるかどうか

確認したところ

 

 

 

(案の定)そんな人物はいない…

との回答。

 

 

 

 

 

僕はそこで「やられた!」

詐欺(?)にあったことに気付いた。

 

 

 

 

 

新聞販売所の人に

何か言ったところで解決しない

ってことは直感的に気付いたので

 

 

 

 

 

僕は人生で初めて110番に電話した。

 

(その時は半泣きだったと思う)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パトカー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経験

 

 

 

 

何分と絶たないうちに

警察官が何人もパトカーも数台

アパートにやってきた。

 

 

 

 

(この程度の?事件で…)

こんなに来るの?と驚いた

記憶がある。

 

 

 

 

 

警察官にオジさんの身体的特徴や

どんな会話しただとかを伝え

これが俗言う事情聴取かな?

 

 

 

 

指紋をとるとか言って

オジさんが触った契約書も預け、

 

 

 

 

これも人生初めての

被害届を書いた。

 

 

 

 

(後日、誤字があったということで

書き直したな…)

 

 

 

 

 

さらに後日、

僕の指紋も取らなきゃということで

警察署に行って僕の指紋も取られた。

 

 

 

 

(なので警察には僕の指紋が

今でも保管されいるかも知れない)

 

 

 

 

 

 

残念ながらオジさん

つまり犯人は見つからず…

 

 

 

 

 

 

 

 

僕には

ただ詐欺にあったという

不名誉な経験だけが残った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

振り込め詐欺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれから20数年…

ニュースで詐欺事件なんかの

報道をみると

「なんでそんなのに引っ掛かるの?」

なんて思う人多いと思うけど

 

 

 

 

 

 

世の中にはそんな人もいる

ってことがなんとなくわかる

デミーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問合せフォームです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る