中食(なかしょく)で仲良く(なかよく)しよう!←オヤジギャク

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

中食(なかしょく)で仲良く(なかよく)しよう!←オヤジギャク


 

 

 

 

 

 

 

このブログの筆者

 

 

 

 

 

やる前から負けることに脅えて

脱サラ⇒格闘家⇒行政書士と

逃げるように転身を繰り返した

そんな悔しい過去が

今の私の原動力。

 

 

挑戦することに躊躇う人の

気持ちがわかる僕だからこそ、

企業経営という形で

前進しようとする起業家の背中を

押して差し上げたいのです!

 

新事業支援、資金調達、

許認可申請、法律相談

までお任せください!

 

 

 

 

 

 

どーも!こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

はじめての脱サラ起業を

フルサポート!

若手創業社長の名セコンド

 

 

 

出見世(でみせ)雅之です。

 

 

 

 

 

 

 

 

出見世 笑顔 白黒

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日欠かさずブログ

2021年(令和3年)10月1 日(金)

 

 

824号スタート!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オヤジギャク

 

 

 

 

中食(なかしょく)

だけに

異業種同士で

“仲良く(なかよく)”!

 

 

 

 

 

って、かなり唐突に

オヤジギャグたるものを

かましてみたけど

 

 

 

 

これには訳があって

わかっていただける読者の方は

察して頂ければ。

 

 

 

 

 

 

 

今朝のネットニュースで

目にとまったのは👇こちら

 

 

 

 

 

 

 

吉野屋がウェルシア薬局で牛丼販売

Yahooニュースより引用

 

 

 

 

 

 

牛丼チェーン大手の吉野屋さんが

ドラッグストアチェーンの

ウェルシア薬局さんで

牛丼販売を本格展開

 

 

 

 

とのこと。

 

 

 

 

 

 

なぜ、そんなことをするのかは

詳しくは新聞なんかで

確認するのがよいとして

 

 

 

 

概ねコロナ禍における

中食ブーム(?)が一番の理由かと。

 

 

 

 

 

ぶっちゃけ中食(なかしょく)なんて

はじめて聞いた言葉だけど

 

どうやら、家庭外で調理された食品を、

購入して持ち帰る、

あるいは配達等によって、

家庭内で食べる食事の形態

 

のことを言うらしい。

 

 

 

 

 

 

なので、冒頭の

オヤジギャグ炸裂という訳だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

吉野屋がウェルシア薬局で牛丼販売

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士目線

 

 

 

 

 

このニュースで思ったことが二つ。

 

 

 

 

 

一つ目は、行政書士目線で。

 

 

 

 

 

牛丼を販売するドラッグストア

始めて営業するためには

行政機関の二つの許認可がいるな☻と。

 

 

 

 

 

まず、

僕たちが一般的な薬局と言う

薬剤師が処方や

調剤を行うものとなる薬局

を営業するためには

 

 

 

薬事法という法律を根拠として

都道府県知事に開設の許可を

受ける必要がある。

 

 

 

 

(薬品の種類によっても

色々と許認可等の種類がある)

 

 

 

 

 

 

 

薬 白黒

 

 

 

 

 

 

 

また、牛丼のような

お持ち帰りのお弁当類を

販売するとなると

 

 

どこで作ったものかによっても

必要な要件はかわるけど

 

 

 

皆さんもよくご存知のとおり

 

飲食店営業許可食品衛生管理者

 

という資格が必要になって

保健所に申請したり届出したり

する必要がある。

 

 

 

 

 

なので、

大手のドラッグストアで

大手の牛丼屋さんが

お弁当を販売するにも

 

 

 

 

私たち

 

 

行政機関への許認可申請等の手続き

依頼者の方に代わって行う

行政書士

 

 

が活躍できることがあるってこと!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SDGs目線

 

 

 

 

 

二つ目は

SDGsコンサルタントとしての目線で

 

 

 

 

それぞれの利益のためと

社会へ新しい価値を提供するために

複数の企業が連携する

 

 

 

 

これって

 

 

 

 

 

国連にて全会一致で可決され

2030年までに人類が達成すべき

全世界の共通目標であり

 

 

 

 

私もその理念に共感し

その推進・普及を図る

 

 

 

 

SDGs(持続可能な開発目標)

 

 

 

 

 

 

SDGsポスターです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目標17  パートナーシップ

SDGs目標17です

 

 

 

 

 

 

だな!と。

 

 

 

 

 

SDGs

私がはじめて知った数年前と比べ

どんどんその認知度や

露出度を増やしている今

 

 

 

 

 

このようなパートナーシップを組む

企業は増えていくのでしょう。

 

 

 

 

それが社会のためになるなら

なおさら素晴らしいこと。

 

 

 

 

 

 

月並みな言葉になるけど

 

人と人、企業と企業が繋がる

 

そんなシンプルなことが

現代に求められているのかも

しれませんね

 

 

 

 

 

 

 

 

SDGsの専門家、SDGsのセミナー講師が得意な、行政書士法人スマイル(石川県)がご説明します!

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり

 

 

 

中食(なかしょく)だけに

 “仲良く(なかよく)”しよう!

 

 

 

だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルです

トップへ戻る