コンプライアンスに違反したら本当にダメなの?

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

コンプライアンスに違反したら本当にダメなの?


 

 

 

 

 

 

 

このブログの筆者

 

 

 

 

 

やる前から負けることに脅えて

脱サラ⇒格闘家⇒行政書士

逃げるように転身を繰り返した

そんな悔しい過去が

今の私の原動力。

 

 

挑戦することに躊躇う人

気持ちがわかる僕が、

企業経営という形で

前進しようとする起業家の背中を

押して差し上げます!

 

新事業支援、資金調達、

許認可申請までお任せください!

 

 

 

 

 

 

どーも!こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

はじめての脱サラ起業を

フルサポート!

若手創業社長の名セコンド

 

 

 

出見世(でみせ)雅之です。

 

 

 

 

 

 

 

でも、見た目はちょっとジャイアン…

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日欠かさずブログ

2021年(令和3年)8月22日(日)

 

 

784号スタート!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パラリンピック

 

 

 

 

 

熱い夏そのものの象徴だった

東京2020オリンピック

終わったと思ったら

 

 

 

 

 

あっという間に

次はパラリンピックの話題が

スポーツニュースに!

 

 

 

 

 

僕が大好きなSDGsにも

そのような概念があるけど

 

 

 

 

 

 

健常者スポーツと

障がい者スポーツを

同じように報道して

 

 

 

話題にしようとする

メディアの取り組み方は

 

 

 

ユニバーサル感があって

凄く素晴らしいと思います。

 

 

 

 

 

オリンピックとパラリンピック

合わせて五輪ですからね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中で

目にとまったニュースが

👇こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パラリンピック選手コンプライアンス違反で出場辞退

Yahooニュースより引用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パラリンピックの選手が

コンプライアンス違反で

出場辞退…

 

 

 

 

 

 

その見出しを見ただけで

ちょっと残念そうなニュース…

 

 

 

 

 

詳しくは分からないけど

一体何があったんですかね?

 

 

 

 

 

 

 

…って何か他人事な感じ

 

 

 

 

 

 

じゃあ、なんでこのニュースを

取り上げたかというと

 

 

 

 

 

 

コンプライアンス

 

 

 

 

 

という文言に

目がいったからなんです。

 

 

 

 

 

 

 

僕、見た目がジャイアンみたいでも

 

 

 

 

職業は行政書士という

 

 

 

れっきとした法律家なんで!!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無論この写真の方は僕じゃないが…💦

行政書士ポスターです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンプライアンス 意味 検索

 

 

 

 

 

 

コンプライアンスの意味は?

 

 

 

 

 

と訪ねられた場合に

 

 

 

“法令遵守”

 

 

 

と答えになられる方が

多いのではないですかね?

 

 

 

 

 

 

 

 

法令遵守

 

 

 

 

決して間違いではないんだろうけど、

 

 

 

 

 

私が読んだある本では、

少し毛色が違う見解が

示されていたんですよね。

 

 

 

 

 

 

つまり

 

コンプライアンス=法令遵守

 

と訳すのに違和感があるとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

困っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに現代日本社会においては、

コンプライアンス…

 

 

 

法令遵守

言い方を変えれば法的適合性

強く求められています。

 

 

 

 

 

 

 

今回のニュースのように

パラリンピック選手が

ちょっとした違反行為で

出場辞退になってしまう

くらいですからね。

 

 

 

 

 

 

 

でも、やはり

コンプライアンス・コンプライアンス

と、しつこく言われているのは

 

 

 

企業

 

 

 

と呼ばれる存在でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

それは、なぜかというと、

 

 

 

企業活動

地域社会にもたらす影響は

とても大きなものであって

 

 

 

そんな大きな影響力を持つ企業が、

法令から外れた活動をしてしまうと、

地域社会にはマイナスの影響が

出てしまうからでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

例えば、漠然としたフローだけど

 

 企業の法令違反

   ↓

 それに端を発した企業活動の停止

   ↓

 関連する中小零細企業の連鎖倒産

   ↓

 雇用の減少

   ↓

 地域経済に大打撃

 

 

 

 

ということが起こり得るわけですよ。

 

 

 

 

 

 

 

しかも、最近では、

 

 

 

企業のコンプライアンス違反

企業の“不祥事”と捉えられ、

 

 

 

マスメディアNS

格好の餌食となっています。

 

 

 

 

 

 

そうなると、

どんな大きな企業であっても

 

 

 

衰退するどころか

消滅さえあり得る訳です。

 

 

 

 

 

従って、もはや

 

 

 

企業が法律に従った企業活動を

することは当然であり、

 

 

 

 

企業が大きければ大きいほど

コンプライアンス意識

強めなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

法人です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

責任・相当性

 

 

 

 

 

 

じゃあだよ?

 

 

 

 

企業は、

“法令を遵守する”だけで

良いのだろうか?

 

 

 

 

 

 

まず、結論から述べると

 

 

 

 

 

コンプライアンスという言葉には

“法令遵守”という意味だけではなく

 

 

 

 

 

 

 

 

“社会的責任” 

“社会的相当性”

 

 

 

 

 

 

 

という意味も含まれるとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、

コンプライアンス=法令遵守

という意味のみ

形式的に解釈してしまうと

 

 

 

 

法律を守っていれば

何をしても良い

 

 

 

 

というような偏った考え

許されてしまうことに

なってしまう…💦

 

 

 

 

 

 

 

 

ガバナンスについて。ESG投資について。SDGsの専門家、SDGsのセミナー講師が得意な、行政書士法人スマイル(石川県)がご説明します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はいうと

 

 

 

 

法律は最低限のルール

定めているもの

 

 

 

 

に過ぎません。

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、極論でいうと…

 

 

 

いわゆる何が犯罪であると定める

『刑法』という法律では、

 

 

 

 

誰もが知っているとおり

 

人を殺してはいけない

 

と定められていますが…、

 

 

 

 

 

 

人を殺したいと

思ってはいけない

 

 

 

 

 

とは定められてはいません

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、

法令遵守を最低限に行えばよい

のであれば

 

 

人を殺したい!という考えは

許されることになります。

 

 

 

 

 

 

 

もっと身近な法律を例に挙げると

 

 

 

皆さまもよくご存知の

労働基準法という法律

 

 

 

企業は、労働者に対して、

週に1回は公休日を

与えなければならない

 

 

ことを定めています。

 

 

 

(しかも例外まで定めてます)

 

 

 

 

 

 

 

皆さまは、もし企業の労働者として

就職するなら

 

 

 

週1回の公休日を最低限保証した企業と

 

週2回の公休日をくれる企業とでは

 

 

 

どちらの企業に就職したいですか?

 

 

 

 

 

 

もしくは、

 

 

どちらの企業が

社会にプラスの影響を与える企業

だと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベッド 休日 くつろぐ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

常識・世論・価値観

 

 

 

 

 

僕の説明したいことが

つたわってますかね!?

 

 

 

 

 

 

コンプライアンスは、

『法令遵守』と形式的な意味だけで

解釈されるのではなく

 

 

 

 

法令の趣旨や目的、

社会常識や世論、

道徳観や倫理観

 

 

に相応しく、そして適合した

 

 

 

 

 

“社会的責任” 

“社会的相当性”

 

 

 

 

 

 

という

実質的な意味においても解釈され、

理解されなければならない…

 

 

 

 

 

 

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、

 

 

社会常識や世論、

我々の価値観

 

 

といったものは

時代の移り変わりとともに、

今すごいスピードで変化しています。

 

 

 

 

 

現行の法律が、

そのような激しい変化に合わせて

 

 

 

タイムリーかつ迅速に

改正されたり

 

新たに施行されることは、

 

 

 

 

現代の法制度では

なかなか難しいでしょう。

 

 

 

 

 

 

だからこそ、

企業のみならず、僕たちは人は、

『法律ギリギリなら構わない』

という浅はかな姿勢

厳しく戒(いまし)めなければ

 

 

 

 

 

この社会を

良い方向に育てていくこと

できません。

 

 

 

 

 

 

 

是非、この機会に

コンプライアンスの本当の意味を

もう一度お考え頂ければ

嬉しいです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

幸せです

 

 

 

 

 

 

 

 

あ…💦

なんか法律家みたいなことを

述べてしまった💦💦

 

 

 

 

 

 

あ…💦

僕、法律家だった💦💦

(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問合せフォームです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る