サッカー吉田麻也選手の言葉が胸に刺さった訳

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

サッカー吉田麻也選手の言葉が胸に刺さった訳


 

 

 

 

 

 

 

 

このブログの筆者

 

 

 

 

 

やる前から負けることに脅えて

脱サラ⇒格闘家⇒行政書士

逃げるように転身を繰り返した

そんな悔しい過去が

今の私の原動力。

 

 

挑戦することに躊躇う人

気持ちがわかる僕が、

経営という形で

前進しようとする貴方を

新事業支援、資金調達、

許認可申請まで…

あなたの全ての難敵に一緒に挑みます!

 

 

 

 

 

 

どーも!こんにちは!

 

 

 

 

 

石川県で活躍中の

ハートもルックスも

好漢ジャイアンみたいな

(映画バージョンのね!笑)

 

 

 

 

頼れる行政書士デミー

 

こと出見世(でみせ)雅之です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日欠かさずブログ

2021年(令和3年)7月18日(日)

 

 

749号スタート!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京2020五輪

 

 

 

 

 

前回のブログでは

東京五輪の“開会式”について

(正確には担当の音楽家について)

ボロクソには言ったけど

 

 

 

 

 

 

前回のブログ

東京五輪開会式 小山田圭吾 イジメ加害

 

 

 

 

 

僕だってれっきとした日本人だし

曲がりなりにも(?)

元プロと呼ばれるアスリートだったから

 

 

 

 

競技そのものは絶対観ると思うし

日本人選手の活躍も祈っているし

大会自体の成功も祈ってる。

 

 

 

 

でもコロナがあるから…

 

 

 

 

という世間の普遍的な考えにも

同調する。

 

 

 

 

 

 

 

 

吉田 麻也 選手

 

 

 

 

 

そんな心境の中で

昨夜五輪前のテストマッチを行った

サッカー日本代表の吉田 麻也 選手

試合後のインタビューの言葉が

胸に刺さる。

 

 

 

 

 

 

 

 

吉田麻也インタビュー

Yahooニュースより引用

 

 

 

 

 

 

記事中の吉田麻也選手

言葉は以下のとおり

 

 

 

 

 オリンピックの舞台は

 毎日命かけて人生かけて 

 戦っているからこそ

 この場に立てている

 選手たちばかり。

 

 

 

 マイナー競技で

 オリンピックに人生を

 懸けている選手たちは

 山ほどいる。

 

 

 

 なんとかもう一度

 考えて欲しい、

 

 真剣に検討してほしい。

 

 

 

 

 

 

 

考えて欲しい

検討して欲しい

 

 

 

 

 

というのは

東京五輪“無観客開催”

に対して

 

 

 

 

 

 

吉田選手

アスリート側のエゴだと

バッシングを受けることを承知で

発言されているよう。

 

 

そして、そんな願いは

届かないことも承知で…

 

 

 

 

 

 自分がちっちゃいときに観た 

 オリンピックから影響を受けたし、 

 ものすごく感動した。

 

 

 

 

 

エゴを突き通す理由は

この言葉に集約されていると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デミー少年

 

 

 

 

僕だってそうだった。

 

 

 

 

僕がはじめて

オリンピックを目にしたのは

小学校3年生の時のこと。

 

 

 

 

1982年の

ロサンゼルスオリンピック

 

 

 

当時の僕は

地元の少年柔道教室に

通いはじめたばかりの頃で

 

 

 

 

遠いアメリカの地で

外国人選手をバッタバッタと

投げ飛ばして

 

 

 

大観衆の前で

金メダルを胸に

表彰台に立った

 

 

 

柔道の細川選手、

松岡選手、斎藤選手、

そして現JOCの山下選手

 

 

 

そして、レスリングの

宮原選手の俵返しという技

 

 

(プロレスで言えば

オクラホマスタンピード☻)

 

 

大きな憧れを抱いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

ロス五輪の頃のデミー

出見世の柔道着姿です

 

 

 

 

 

 

 

そう言えば、その翌々年に

石川県の柔道少年たちを

一同に会して開催されたイベントでは

 

 

 

ロサンゼルスオリンピック

銅メダルの野瀬選手

直接指導してくれたことも感動したな。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにその時の写真がこれ👇

 

 

 

出見世 柔道

 

 

目線入れるの面倒だったから

していないけど大丈夫かな(笑)

 

 

 

 

 

実はこの写真のなかに

後に世界柔道に出場する鳥居選手や

 

 

 

後に国民栄誉賞を受賞する

松井 秀喜 選手もいらっしゃるし

 

 

 

後に僕が16歳の頃に

タバコとパチンコを教える

先輩までいます(笑)

 

 

 

 

 

 

 

この写真で松井秀喜氏から訴えられたら

僕間違いなく破産だな💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯痒さ

 

 

 

 

 

まあ・・・無論、僕は

吉田 麻也 選手のように

自分もオリンピックに出場するような

選手にはなれなかったけどね…

 

 

 

 

少なくともオリンピックで

スポーツが与える感動を理解し

その後の人生を歩んだわけだ

 

 

 

 

その分、勉強もおろそかになったが…

 

 

 

 

 

このまま東京五輪

無事開催され終了したとしても

 

 

 

コロナが無かった場合の

五輪と比べてしまうと

 

 

 

大きな夢を描く少年少女が

少ない…ってことは

間違いないであろう。

 

 

 

 

 

 

とか希望とか挑戦とか

 

 

 

ジャイアンとか…

 

 

 

 

そんな言葉が大好きなくせに

 

 

 

 

 

100点満点の五輪開催実現に

何もできないことが

 

 

 

 

とても歯痒い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る