東京五輪の開会式を絶対観てはいけない理由

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

東京五輪の開会式を絶対観てはいけない理由


 

 

 

 

 

 

 

 

このブログの筆者

 

 

 

 

 

やる前から負けることに脅えて

脱サラ⇒格闘家⇒行政書士

逃げるように転身を繰り返した

そんな悔しい過去が

今の私の原動力。

 

 

挑戦することに躊躇う人

気持ちがわかる僕が、

経営という形で

前進しようとする貴方を

新事業支援、資金調達、

許認可申請まで…

あなたの全ての難敵に一緒に挑みます!

 

 

 

 

 

 

どーも!こんにちは!

 

 

 

 

 

石川県で活躍中の

ハートもルックスも

好漢ジャイアンみたいな

(映画バージョンのね!笑)

 

 

 

 

頼れる行政書士デミー

 

こと出見世(でみせ)雅之です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日欠かさずブログ

2021年(令和3年)7月17日(土)

 

 

748号スタート!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムナクソ

 

 

 

 

東京五輪。

 

 

 

 

正直応援したくなくなった。

正直冷めた。

 

 

 

 

その理由はコロナなんかじゃない。

 

 

 

 

 

 

これ👇

 

 

 

 

 

 

 

小山田圭吾 イジメ加害者

yahooニュースより引用

 

 

 

 

 

 

 

SNSをはじめ

多くの声が上がっているようだが

僕も同感。

 

 

 

 

 

胸糞悪い

 

 

 

 

 

これが率直な僕の意見。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

韓国

 

 

 

 

 

今は今、昔は昔…

と言うものの

 

 

 

 

 

だからと言って

本人が述べた虐めの内容の

凄惨さを考えると。

 

 

 

 

 

そう簡単に許されていいこと

ではない。

 

 

 

 

 

 

お隣韓国を見習え。

 

 

 

 

韓国では過去のイジメ加害

表沙汰となったアスリートは

 

 

競技会から追放といっても

過言ではない厳しい処分が課せられた。

 

 

 

 

 

イジメ撲滅を

真剣に考えていることが伺える。

 

 

 

 

 

 

その話題について書いた記事👇

 

 

 

 

 

 

 

でも、日本では記事の通りの結果。

 

 

 

 

 

 

彼の音楽家としての成功は

イジメられた被害者の上に

成り立っているということを

わかっていないのだろうか。

 

 

 

 

 

イジメ加害者はお咎めなし…

なんていう実績を作ってしまえば

 

 

 

 

また新たなイジメ加害者が

生まれる原因とならないか

ますます未来が不安となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも記事にあるように

東京五輪のコンセプトの一つは

 

 

 

 

「多様性と調和」

 

 

 

 

だ。

 

 

 

 

 

断っておくけど、

多様性と言うのは

なにもイジメをするような感性まで

容認するための言葉ではないし。

 

 

 

 

 

イジメが社会と調和すること

なんて絶対にあり得ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論。僕は

 

 

東京五輪の開会式は

絶対に観ないし

 

 

皆さんにも

観て欲しくない!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出見世 怒り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後悔

 

 

 

 

ただ、件(くだん)の音楽家は

過去のイジメ加害

 

 

今になって相当に

後悔しているだろう。

 

 

 

 

 

(もし後悔してなかったら

マジで〇〇ってやりたい…!💦)

 

 

 

 

 

 

 

程度の差はあれ、世の中に

 

 

 

後悔してない人間はいない。

 

 

 

それが僕の持論。

 

 

 

 

 

 

 

そして僕の人生も後悔だらけだ。

 

 

 

 

 

僕の代表的な

人生の後悔リスト👇

 

 

 

 

 

 

 中学時代レギュラーに

 なれなかった野球部

 入らなきゃよかった。

 (893みたいな監督がいた…笑)

 

 

 

 

 

 

 大学時代、悪友に

 パチンコに誘われたとき 

 行かなきゃよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 片想いだった女の子に

 ちゃんと告白ぐらい

 すればよかった

 

 

 

 

 

 

 

 就職の時

 「配属部署は

  どこでもOKです!」

 なんて格好つけないで

 素直に希望部署を

 言えばよかった。

 

 

 

 

 

 格闘技で負けた試合の時

 もっとこういう感じで

 戦えばよかった…

 

 

 

 

 

 

 芸術とか音楽とか

 タレントだとか

 やってみたい…

 と思うことに

 思い切ってチャレンジ

 すればよかった…

 

 

 

 

 

 

 

そして、その後悔の中でも

ほとんどを締めるのが

 

 

 

 

何かをやって後悔したことより

 

 

“しなかった”後悔。

 

 

の方だ。

 

 

 

 

 

それに気付いたのは

随分と大人になってからだ。

 

 

 

 

 

 

でも、そんな僕だからこそ、

掲げるビジョンが👇こちら。

 

 

 

 

 

 

 

出見世 ビジョン 世界観

 

 

 

 

 

 

 

行政書士としての仕事も

SDGsコンサルタントとしての仕事も

このビジョンに

ベクトルを向けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聴くジャイアン

 

 

 

 

もちろんイジメ

やってしまったことを

とことん後悔すべき事由だ。

 

 

 

 

 

イジメをやらなかったことを

後悔することなんてない。

 

 

 

 

 

 

では、こう考えてはどうだろうか

 

 

今さら無理だろうが

オリンピック組織委も

件の音楽家も

 

 

 

 

今は“辞める”という

決断を“する”ことが

後悔しない方法だ。

 

 

 

 

 

 

 

もし、その決断をして

心が痛むようなら

 

 

 

 

こんなジャイアンみたいな

僕でよければ

 

 

 

 

いくらでもその決断をした話が

聴きたいし

その勇気を称えると思うから!!

 

 

 

 

 

 

 

ドラえもんとデミーです

 

 

 

 

 

こんな👆ジャイアン

話を聴いて貰えるんだよ!?

 

 

 

 

なんか面白くない!?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る