イジメから身を守るための本の紹介

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

イジメから身を守るための本の紹介


 

 

 

 

 

 

韓国アスリートのイジメ

 

 

 

 

 

 

今日のスマイルブログ

ベタだけどこの話題を↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

韓国アスリート イジメ加害で五輪代表権はく奪

Yahooニュースより引用

 

 

 

 

 

 

 

 

過去にイジメをしたとされる

トップアスリートが

五輪代表権をはく奪され

さらに12年間の競技出場停止

という処分が課された…

 

 

 

というニュース。

 

 

 

 

 

 

記事内にもあるように

数か月前にも

バレーボールの女性選手が

同じようにイジメの加害者だった

として厳しい処分を

受けたことがあった。

 

 

 

 

 

 

日本でも深刻な

社会課題とされるイジメ。

 

 

 

 

 

日本と韓国のイジメに対する

課題性や深刻度等の温度差は

わからないけど

 

 

 

 

 

個人的に韓国の

この厳しいとされる処分

大いに評価できる。

 

 

 

なぜなら

イジメ撲滅という課題解決に

真剣に取り組んでいる

と見受けられるからだ。

 

 

 

 

 

 

 

トップアスリートでも

あれだけ厳しい罰を受けるなら…

 

と…考える第三者の抑止効果も

充分にあるのではないかと。

 

 

 

 

 

 

 

日本では考えられないような

厳しすぎるとも言える罰。

しかも過去の事実に対して…

 

 

 

 

 

日本なら刑事事件にしても

証拠不十分で不起訴

 

 

 

 

スポーツの業界内では

厳重注意の類で終わるくらいの

ものでしょ。

 

 

 

 

 

 

なんてったって、

韓国は犯罪者に

TV顔出しで会見させて

つるし上げるような

お国柄だからね。

 

 

(👆褒めてます!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仲間外れ 孤独 いじめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、

 

罰を厳しくすれば万事解決?

 

という簡単な話でもないことは

理解しているつもりだけど

 

 

 

 

 

日本でもこのくらいの

厳しい罰があってもいいかなと

 

 

 

 

イジメ加害者は

学校なら強制退学

会社なら懲戒解雇

 

 

 

とかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも

 

 

 

 

罪を憎んで人を憎まず

 

 

 

 

という諺(ことわざ)が

あるくらいの日本では

韓国と同レベルになるには

まだまだ障壁もあるし

 

 

例えその方向で動いても

時間もかかるだろう。

 

 

 

 

 

 

なので、現実は残念だけど

 

 

 

日本におけるイジメの被害者は

まだまだ自分の身は

自分で守らないといけない

 

 

 

ということ。

 

 

 

 

 

 

本当悲しい話だけどね…😢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こども六法

 

 

 

 

もしね、学校なんかで

イジメに悩んでいる人がいるなら

自分の身を守るため

↓↓こちらの本を手にとってみては

いかがだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『こども六法』

 

 

出版:弘文堂

著者:山崎総一郎

絵:伊藤ハムスター

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの本は

各メディアでも話題になっていて

 

 

ヒット商品でもあるとのことで

ご存知の方も多いかと。

 

 

 

 

 

 

曲がりなりにも

 

 

「街の法律家」と言われる

行政書士として活動している

 

 

僕にとっても

大変興味深い本だったし

 

 

書いてある本の内容を読んで

 

 

 

『これは間違いない!』

 

 

 

と感じた良書。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本書『こども六法』では

 

 

おそらく著者の山崎先生が

子どもたちに知って欲しいと

選んだと思われる

 

 

刑法

刑事訴訟法

少年法

民法

民事訴訟法

日本国憲法

いじめ防止対策推進法

 

 

の7つの法律が

紹介されている。

 

 

 

 

そして、そのどれもが

大人が読んでもわかりづらい

法律の条文

 

 

子どもにもわかりやすいような

文章や言葉に置き換えて

 

 

さらに

かわいいイラストなども添えられ

紹介されているのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、帯にもあるように

 

 

 

イジメや虐待から

法律というツールを使って

身を守る方法

 

 

 

が書かれているのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

イジメは加害者の方が

100%悪い!

 

 

 

 

 

 

なのに、自分で身を守る

っつーのも理不尽な話だけど

 

 

 

 

 

100%悪い奴の意のままに

潔く泣いたり悔しんだり

死んだりする筋合いなんてない!

 

 

 

 

だったら、悪あがきでもいいから

こういった本でも手に取ってみては

いかがだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです
!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る