ドローンで牛丼デリバリー!?活躍するのは行政書士!?

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

ドローンで牛丼デリバリー!?活躍するのは行政書士!?


 

 

 

 

 

 

ドローンで牛丼宅配

 

 

 

 

 

今朝SNSで目に入った

↓↓こちらのニュース

 

 

 

 

 

 

 

ドローンで吉野家の牛丼宅配

時事ドットコムより引用

 

 

 

 

 

 

牛丼チェーン大手の

吉野家さんの牛丼

空を飛んだって!!

 

 

 

 

 

 

ドローンによるデリバリー事業を

将来的に実現すべきための実験

とは言え

 

 

 

本当に僕たちアラフィフ世代が

子どもの頃ドラえもんを観ながら

思い描いていた世界が

 

 

 

本当にもう

すぐそこまで来ている!!

 

 

 

凄いな技術の進歩って

 

 

 

 

 

 

もし、飲食物のデリバリーや

それ以外の宅配事業なんかも

ドローンによるものになったら

 

 

 

 

ここ最近、話題に事欠かない

ウー〇ーイー〇出〇館なんかも

あっという間に

 

 

「過去の産物」

 

 

になってしまいそうだな。

 

 

 

 

 

なんだかアイポッドみたいに…💦

 

 

(まだ電気屋に売っているけど)

 

 

 

アイポッド

 

 

 

 

ドローンの許可申請

 

 

 

 

 

これからの時代

ドローンを使ったビジネス

どんどん増えてくるんだろう。

 

 

 

 

 

今年に入って

私が行政書士として

会社設立のサポートした起業家の方も

ドローンの販売や、ドローンを使った

建造物の点検などの事業を計画して

いらっしゃいましたし

 

 

 

 

先日、補助金について

お問合せを下さった若手経営者さんも

ドローンによる空撮事業

されていらっしゃった。

 

 

 

 

 

 

 

 

ドローン

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、ビジネスで

ドローンを使用するときは

誰でも簡単にできる訳ではなく

 

 

 

ちゃんと確認しておきたい法律

あるんだよね。

 

 

 

 

例えば、

航空法、道路交通法、

電波法民法など

 

 

 

 

そして

 

小型無人機等飛行禁止法

 

なんかは正しく

ドローンの飛行に関するルール

を定めた法律。

 

 

 

 

 

さらに、何より大事なのは

航空法小型無人機等飛行禁止法

などの法律によって

 

 

規制されているエリアで

ドローンを飛行させるには

 

 

国土交通省という行政機関に

事前の申請を行い、

許可を受ける必要

 

 

があるんです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正確に言えば

 

 

無人航空機の

飛行に係る許可・承認

 

 

という手続きになるんだけど

 

 

 

 

 

 

国土交通省のHP

 

 

 

 

 

 

実際のそのお手続きを

僕たち行政書士が代行することも

可能です!

 

 

 

 

 

何しろ行政機関への許可申請

クライアントの代わりに

(報酬を得て)行うのは

 

 

法律で定められた

行政書士の独占業務ですからね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士ポスターです

 

 

 

 

 

 

 

 

そう考えると

この社会をより便利にしたり

人々の夢を叶えていくのは

 

 

ドラえもんだけじゃなくて

僕たち行政書士も…っ!!

 

 

 

 

 

なんつってー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです
!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る