ガッキーと星野源さんとの間に婚前契約書は必要か?

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

ガッキーと星野源さんとの間に婚前契約書は必要か?


 

 

 

 

 

 

新聞の広告にて…

 

 

 

 

 

 

昨日の新聞を読んでいたら

目に飛び込んできたのが

↓↓こちらの広告

 

 

 

 

 

 

 

新聞広告 星野源と新垣結衣 婚前契約書

 

 

 

 

 

 

 

どこぞの写真週刊誌の広告

なんだろうけど

 

 

 

僕としては興味ないし

普段は全く気にも留めないけど

 

 

 

何となくツッコミ入れたく

なったので…(笑)

 

 

 

 

 

 

 

注目したのは

もちろん一番大きな見出し

 

(そうじゃないと目に留まらないし)

 

 

 

 

 

 

 

 

星野源さんと新垣結衣 婚前契約書

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、逃げ恥婚(?)を発表した

星野源さんと新垣結衣さん

との間に

 

 

 

「婚前契約書」

 

 

 

………。

 

 

 

 

 

 

みたいな見出し。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなもん

あるかいっ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

というのが僕の第一印象。

 

 

って言うか第一ツッコミ

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、その週刊誌を

読んだわけでもないし

読むつもりもないし

真意は不明ではあるが…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこに信頼関係はある?

 

 

 

 

僕も行政書士として

いくつもの契約書の作成に携わったし

 

 

 

 

 

離婚する夫婦が

離婚後の各自の責任や負担など

その約束を書面にて交わす

 

 

「離婚協議書」

 

 

という契約書は聞いたことがあるけど

 

 

 

 

 

 

 

流石に

 

 

婚前契約書

 

 

は聞いたことないわ~(笑)💦

 

 

 

 

 

 

 

 

稼いだ金はどうやって使うか

 

家事と子育はどちらがやるか…

 

夜の営みはどうするか❤…

 

 

 

 

 

みたいな事を約束するの?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

いくら一流芸能人だとしても

そこまでしなきゃ結婚できない

ってどうなのよ??

 

 

 

 

 

 

それって、そもそも

信頼関係が成り立ってない

んじゃないの…?

 

 

 

 

 

 

 

もし、行政書士の僕のもとに

結婚しようとしているカップル

 

相談に来たとして

 

 

 

 

 

『婚前契約書は

 必要ですか…?』

 

 

 

 

 

と訪ねられたら…

 

 

 

 

『必要ない!』

 

 

 

 

と僕はキッパリ答えるね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハート 離婚 喧嘩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラブルありき?

 

 

 

 

 

ご存知の方も多いと思うけど

 

 

 

まず契約書というのは

契約者同士の

トラブルを未然に防止したり

トラブルが発生した時

のためにある。

 

 

 

 

そして、

それを契約書という形で

証拠に残すもの。

 

 

 

 

 

 

つまり契約書

 

 

 

『トラブルありき』

 

 

 

を前提としたものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、結論から言うと

 

 

 

ある契約において

トラブル発生の可能性が

微塵もなければ

契約書は必要ない

 

 

 

という訳。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば

 

トラブルの原因なんてのは

いくらでもあって

 

 

 

 

 

 

例えば、モノを売り買いする

売買契約において

 

 

突然、大地震が起こって

売り渡すモノも

買うための代金も

なくなっちゃった…。

 

 

こういう“天災”などの

トラブルが起こったときのために

 

 

契約書があり、

私たち法律家

いるのでしょうが

 

 

 

 

 

実際に起きる

多くのトラブルが

 

 

 

その契約者同士の“人災”

によるもの…。

 

 

 

 

 

 

 

つまるところの

 

相手に対する不信感

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

信義忠実の原則

 

 

 

 

 

 

本来、契約というのは

 

 

 

“信義忠実の原則”

 

 

 

といって、お互いの

信頼感があって初めて成立

するもの。

 

 

 

 

 

 

 

したがって

 

 

 

『あいつ(相手方)との

 契約なんだけど

 イマイチ信頼できないから

 念のため契約書を

 交わしておこうと…』

 

 

 

なんて

『トラブルありき』を前提に

考えるている時点で

 

 

 

 

本当はすでに

契約はできない状態

なんだよね…💦

 

 

 

 

 

 

 

 

口約束であろうが

暗黙の紹介であろうが

 

 

契約者同士お互いが

相手方に対し

 

 

 

『幸せになって貰おう!』

 

『決して損はさせない!』

 

 

 

というような気概。

 

 

 

 

 

 

 

つまり契約者同士

“絆”“信頼関係”をもって

臨むことがことができたなら

 

 

 

 

それが天災によるものでも

トラブルなんて

発生する余地もないはずで

 

 

 

 

契約書なんてかしこまった

代物(しろもの)を

 

 

作る時間も、読む時間も、

ハンコ押す時間も

無駄にすることもなく

 

 

契約の履行

(契約の内容を実行する事)

促すことができるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

君に幸せあれ!!

 

 

 

 

だから、(おそらく)

 

 

幸せいっぱい

絆も信頼関係もバッチリ

お互いに凄く愛し合っている

 

 

 

そんな星野源さんと新垣結衣さんには

婚前契約書なんて必要ないはず!

 

 

 

 

乾杯!君に幸せあれ!

 

 

 

 

 

 

 

まるで小学生の

学級委員長のような意見だけど

偽善と思われるなら偽善で結構。

 

 

“人災”によるトラブルのための契約書

 

 

が必要ない…。

 

 

 

 

そんな世の中になって欲しいなと

心から思う。

 

 

 

 

 

 

ただし…

行政書士の僕とお取引するにあたり

 

 

 

『信頼はしてるけど

 どうしても契約書が必要…』

 

 

 

という場合であれば

喜んで契約書をお作りしますので

ご安心を!

 

 

 

 

あなたがきっと

満足する契約書

お作りいたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る