ロンブー淳さんのHSPの話題に思う「誰ひとり取り残さない」

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

ロンブー淳さんのHSPの話題に思う「誰ひとり取り残さない」


 

 

 

ロンブー淳さんのHSP

 

 

 

先日TV放送されていた

ワイドナショーグッとラック!

 

 

ロンドンブーツ1号2号

田村淳さん

 

 

自身がHSPだと医師に言われた

…とカミングアウト(?)

されていらっしゃいました。

 

 

 

 

ネットでも少なからず

話題になっていますね。

 

 

 

 

↓↓そのネットニュースです

ロンブー淳さんの記事です

 

 

 

 

 

 

 

 

HSPとは?

 

 

 

HSPとは

 

 

 

 

Highly Sensitive Person

   ||

とても繊細な人

 

 

 

 

 

というものらしく

とにかく何でも気になってしまう人

のことを言うらしいです。

 

 

 

 

私もワイドナショー

初めて耳にしました。

 

 

 

 

 

例えば、とにかく

人の顔色が気になる…

服の肌触りが気になる…

 

 

 

 

などもHSPの典型的な

症状例だそうです。

 

 

 

 

 

ロンブー淳さんと一緒だ…

 

 

 

 

と共感したり、安心した方も

多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

嫌いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

症候群と多様性

 

 

何でもかんでも気になる

とにかく細かく神経質な人が

他人から敬遠されたり嫌悪されたり…

 

 

 

 

いわゆる空気を読めない人も

同じように侮蔑されたりと、

 

 

 

 

ひと昔前は、

人と違った雰囲気を持ち合わせた人

 

 

つまりはいろんな意味での

マイノリティ(少数派)

に対するバッシング

当たり前のような時代がありましたが

 

 

 

 

 

 

今では、

そのうようなマイノリティの方は

(言葉は悪いかも知れないですが)

 

“病気”というか

“症候群”

 

と認知されるケースが

増えている気がします。

 

 

 

 

 

HSP意外だと、例えば

 

 

アスペルガー症候群もそうですし

潔癖症だってそう

 

 

アルコール依存症も

ギャンブル依存症も

薬物依存症も

 

 

 

LGBTだって

そうででしょう。

 

 

 

 

ひと昔前は

世間的に“悪”とされていたことが

 

 

今ではそう認識されているのです。

 

 

 

 

 

 

医学の進歩もそうさせるのでしょうが

 

 

それ以上に、

 

 

ダイバーシティ(多様性)

 

 

が尊重される時代に

なってきた証なのでしょう。

 

 

 

 

 

 

LGBTです

 

 

 

 

 

 

 

 

誰ひとり取り残さない

 

 

 

その反面、まだまだ、

これらのマイノリティの方を

 

 

「普通じゃない!」

 

 

とか何とか言って

否定する人がいるのも事実でしょう。

 

 

 

 

 

 

国連で全会一致で採択され

人類が2030年までに達成すべき

世界共通の目標である

 

 

 

 

 

SDGs(持続可能な開発目標)

 

 

 

「合い言葉」

 

 

 

 

誰ひとり

取り残さない

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

SDGsと頑張る人々です

 

 

 

 

 

 

 

人と違う人や

マイノリティ(少数派)

否定する文化が残ってしまうと

 

 

 

 

決して、この

 

誰ひとり取り残さない

 

の理念は達成できません。

 

 

 

 

 

 

私たちは、

もっともっと人に対して

 

 

大らかに

なるべきなのでしょうね。

 

 

 

 

 

そんなことを改めて感じた

今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る