仲間がいる゛よ!!!! ~誰がその背中を押すのか~

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

仲間がいる゛よ!!!! ~誰がその背中を押すのか~


 

 

 

 

 

 

ワンピ名場面

 

 

 

 

 

僕の人生のある時期に

僕の人生を少し(?)変えるきっかけ

となった

 

 

 

大人気漫画

 

 

 

ワンピース

ONE PEACE

 

 

 

(※以下「ワンピ」とします。)

 

 

 

 

 

 

 

ワンピの中でもとりわけ

名場面とされている一つに

 

 

 

コミック60巻

 

 

 

「仲間がいる゛よ!!!!」

 

 

 

という場面がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンピース 仲間がいる゛よ!!!!

ネットで拾った画像。無断使用ごめんなさい…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しいストーリーは割愛するけど

 

 

 

主人公のルフィが

敵に兄を殺されたうえに

自身もボロボロにやられてしまい

 

 

 

自我が崩壊しようとしているときに

協力者の問いかけに

この言葉で答え

我に返ることになる場面。

 

 

 

 

 

 

 

アニメの該当シーンYouTubeより

 

ワンピ 仲間がいるよ YouTube

※後半のエヴァは意味不明…これも違法かな?

 

 

 

 

 

 

そんな、一般的には

かなりの感動を呼ぶ

歴史的な名シーンなんだけど

 

 

 

 

 

 

実はこの画面、

 

 

 

ワンピの大ファンのはずの僕でも

当時、

 

 

 

全然共感できなかったんだ…。

 

 

 

 

 

 

なぜなら、

 

 

僕にはルフィのような

信頼できる仲間がいないから。

 

 

 

 

 

 

これまでの僕の人生。

 

 

 

もちろん信頼できる仲間が

欲しかった。

 

 

 

だけどもできない…。

 

 

 

作り方も分からなければ

だれかに作り方教えてもらう

こともできないので

 

 

 

だったらということで

僕はいつしか一匹狼を

気取るようになっていった。

 

 

 

一匹狼(気取り)だから

「仲間がいる゛よ!!!!」

なんてリア充発言されても

 

 

 

むしろ自分が悲しくなるだけだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

諦めです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あるタレントさんの言葉

 

 

 

 

 

以前あるタレントさんが

TVでお話ししていたことが、

今でも大変印象に残ってる。

 

 

 

 

 

とても辛いとき、不安なとき、

それでも前に進まなければ

いけないときに、

 

 

 

 

『ほら!大丈夫だよ!

 君ならできる!

 

 君はあの時あんなにも

 頑張ったじゃないかっ!』

 

 

 

 

…と、本心から

自分の背中を

押してくれるのは

 

 

 

“過去の自分だけだ”

 

 

 

 

 

 

…と。

 

 

 

 

 

 

 

自分自身

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の背中を押せるのは

過去の自分だけ

 

 

 

 

 

この言葉を聞いた当時は、

信じて疑わなかったし

 

 

 

 

ワンピ「仲間がいる゛よ!!!!」

より、よっぽど共感できた。

 

 

 

今でもその言葉を

全否定することはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

人の気持ちなんて解るわけない。

僕も人の気持ちは全然解らない。

 

 

 

だから自分以外の誰かは

僕の気持ちは全く解らないだろうから

 

 

 

だから何かに迷っている僕には

誰も励ましの言葉を

送ってくれることはないし

 

 

 

本心から押すことはできない。

 

 

 

 

 

 

だから…

僕の背中を本心から押してくれるのは、

 

 

 

“過去に頑張った自分だけ”なんだ。

 

 

 

 

 

 

そして、

未来の自分の背中を押すために、

僕は今も頑張っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出見世 泥沼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日のこと

 

 

 

 

 

でも…昨日

僕が思ったこと

 

 

 

 

 

 

自分以外の誰かに、

自分の気持ちを解って貰うのは

 

 

 

 

とてもとても

難しいことだと思うけど

 

 

 

 

 

 

それでも

 

 

 

 

自分以外の誰かが

僕の背中を

押そうとしてしてくれるのは

 

 

 

僕にとってそんなに

無意味なことか?

迷惑なことか?

本当に必要ないことか?

 

 

 

 

 

 

 

昨日一日、

 

 

 

自分以外の誰かに、

ほんの少しだけ背中を

押して貰っただけで、

 

 

 

 

 

 

僕は、どれだけ

 

 

勇気づけられたことか。

 

 

どれだけ励まされただろうか。

 

 

どれだけ明日からも

前に進もうとする活力を

貰えただろうか?

 

 

 

 

 

 

 

こんな僕にも少なからず

背中を押してくれる人たちがいる。

 

 

 

 

 

 

その事実を知れただけでも

大きな意味があった

そんな一日ではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

曲がりなりとも、僕も

 

 

 

 

自分以外の誰かの背中を

押してあげたいと思ったから

過去にいろいろな決断したんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

こんな僕でも

 

 

 

「仲間がいる゛よ!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

出見世 仲間がいるよ

 

 

 

 

 

と言ってもいいんだ。

 

 

 

 

 

 

有難うございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の自分に

背中を押して貰うのは、

 

 

 

本当に辛くなったとき、

不安になったとき、

 

 

 

その時まで

鞘に納めておけば

良いではないか。

 

 

 

 

 

 

と考えた一日。

 

 

 

 

 

 

改めて感謝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る