持続化給付金で勘違いしやすいポイント

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

持続化給付金で勘違いしやすいポイント


 

 

持続化給付金の申請はかんたん

 

 

新型コロナウィルスのために

商売にダメージを受けた

事業主さんや会社さんが

 

 

個人事業主なら

最大100万円

 

 

法人なら

最大200万円

 

 

政府から支援が受けられる

 

 

 

 

持続化給付金

 

 

 

(持続化“補助金”とは

違いますよ!)

 

 

 

 

 

私も行政書士の仕事として

持続化給付金の申請代行

ご依頼を頂いたりしますが

 

 

 

 

ネットや報道で

 

 

“申請はとても簡単”

 

 

という話題が出ているとおりで

 

 

 

 

実際に、パソコンやスマホを

操作することに対し

拒絶反応があるような人以外は

 

 

私たち行政書士頼まなくても

 

 

ほとんど苦労せずに

申請することができるでしょう。

 

 

 

 

 

↓↓持続化給付金のホームページです

 

持続化給付金のホームページです

 

 

 

 

 

 

 

それでも、

 

「行政書士に任せたい」

 

というようなご要望があれば

 

 

当然、弊社

行政書士法人スマイルでも

喜んで引き受けさせて頂きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勘違いしやすいポイント

 

 

ところで、私も何件か

この持続化給付金の申請手続

を実際にやってみて

 

 

 

 

勘違いしやすい

 

 

というか

 

 

ひっかかりやすい(⁉)

 

 

そんな気を付けて頂きたい

ポイントがあるので

 

 

 

 

今日のスマイル☻ブログでは

 

 

持続化給付金の

勘違いしやすいポイント

 

 

をご案内したいと思います。

 

 

 

 

 

 

勘違いです

 

 

 

 

 

 

(実は、私も同じ勘違いを

 していたのですが…💦)

 

 

 

 

今年の“ある月”の売上高が

前年の同じ月の売上高の

半分以下(50%以下)

落ち込んだ月があれば

“それだけで”

申請できるんだよね!?

 

 

 

 

という勘違いです。

 

 

 

 

 

もちろん、

上記に挙げた要件自体は

満たしている必要があるのですが

 

 

“それだけ”では

持続化給付金の対象には

なりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例をあげて説明しますね

 

 

まず正しいのは

 

 

昨年より、売上が50%以下になった月

(以下対象月」とします)の売上高に

12をかけた(×)額

 

 

昨年の総売上高からマイナス(-)して

でた差額が給付金の額となります。

 

 

 

 

つまり…

 

 

 

 昨年度の総売上高が600万円

 事業者さん。

 

 

 昨年度の4月の売上高が50万円

 だったのに対し

 

 

 今年の4月はコロナの影響で25万円  

 となってしまった…

 

 

 

 

 この場合は対象月が4月。

 

 

 25万円×12=300万円となり

 

 

 昨年度総売上高からマイナスして

 600万円-300万円となり、

 

 

 その差額は300万円ですから

 

 

 

 

そ の事業者さんが

 個人事業主なら最大の100万円

 

 

 法人さんでしたら最大の200万円

 が給付される訳です。

 

 

 

 

 

 

振込みです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが…

 

 

 同じように

 昨年の総売上高が600万円の

 事業者さんで

 

 

 昨年度の4月の売上高が200万円

 今年の4月の売上高が100万円で、

 

 

 対象月の売上高が前年の

 50%以下になっていますが

 

 

先の計算式に当てはめると

 

 

 4月売上高100万円×12=600万円

 

 

 昨年度総売上高からマイナスすると 

600万円-600万円 

 

 

 となって、その差額

 

 

0(ゼロ)円

 

 

となりますので、

給付金の対象とはなりません…

 

 

 

 

ダメです

 

 

 

 

 

 

 

ですので、

 

 

「今月は

 昨年度より売り上げが

 半分以下になった…」

 

 

と言っても、

 

 

給付金の対象とならない場合

がありますので

 

お気をつけください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにですが

半分“以下”(50%“以下”)とは

 

 

100に対して50ならOKです。

 

 

100に対して49は“未満”

となりますので

 

 

その点はご安心を!☻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る