「麒麟が来る」…観てはいないがブログで感想を書いてみた☻

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

「麒麟が来る」…観てはいないがブログで感想を書いてみた☻


 

 

 

麒麟で書く(笑)

 

 

 

私が毎日書いている

このスマイルブログのことを

 

 

「つまらない」

 

 

と言って、さらに

 

 

 

 

「明日は『麒麟が来る』

 についてブログ書いて!」

 

 

なんて注文付けてきた

 

 

同じ毎日ブログ仲間の

司法書士がいるので…

 

 

 

 

 

この方ね。

村瀬なおひと先生です

結言®司法書士 

村瀬なおひと さん

 

いつもブログ読んでいただいて

ありがとうございます

 

 

 

 

 

 

で、私も意地になって

今日は「麒麟が来る」

について書く!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

織田信長役の染谷将太さん

 

 

 

 

…と言っても、

 

 

 

 

その「麒麟が来る」

私観てないし…💦

 

 

だから、

なぜ『麒麟』なのかも知らない…

 

 

 

 

でも、多少なりとも

話題になっていることも知ってるし

 

 

かの「本能寺の変」を最後に

最終回を迎えたことも知っている。

 

 

 

 

特に、その最終回があった

2日前の日曜日に

 

 

たまたまTVで見かけた

麒麟が来る最終回

予告コマーシャルを観て

 

 

「おっ!おもしろそう!」

 

 

とは思っていた。

(観るつもりは無かったけど)

 

 

 

 

 

なぜ、コマーシャルを観て

おもしろそうだと思ったかと言うと

 

 

本能寺の変の織田信長役を

 

染谷 将太 さん

 

が演じていたから。

 

 

 

 

コマーシャルでほんの数秒だけど

染谷さん演じる織田信長をみて

 

 

充分に好演していることを

感じられた。

 

 

 

 

 

 

NHKホームページより引用

麒麟が来る 本能寺の変

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近私は、

アマゾンプライムで

ずっと日本の映画ばかり観ていて

 

 

個人的な評価だけど

 

 

染谷将太さんは

若い日本の俳優さんの中でも

トップクラスに演技が

上手いと思う。

 

 

 

 

 

偶然にも麒麟が来る

最終回が放送された日曜日に

 

 

アマゾンプライムで観たのが

染谷将太さんも出ていた

↓↓こちらの作品

 

 

 

 

「きみの鳥はうたえる」

きみの鳥はうたえる

アマゾンプライムより引用

 

 

 

 

は、凄く良かったなあ

 

 

 

 

 

 

 

 

名優の条件

 

 

 

私が偉そうに言うのが

烏滸がましいことは

重々承知の上だけど

 

 

 

 

私が、いい俳優さん評価する

条件としていつも挙げるのは

 

 

 

 

①どんなセリフでも

 聞き取りやすいこと

 

 

②「えっ?それ本当に演技?」

 と思わせる程、演技っぽくない 

 自然な演技を魅せられること

 

 

③どんな役でもこなせる

 役柄の幅が広いこと

 

3つ

 

 

 

 

意外に、①②③に全部該当する

俳優さんなんて少なくて

 

 

特にに該当する俳優さんなんて

本当にごく僅か。

 

 

 

 

だって、いわゆる

イケメン俳優、二枚目俳優さん

だったら、

 

 

いわゆるイケてない役は

ハマらないし

 

 

 

 

個性派俳優さんや

3の線を行く俳優さんだったら

そもそもイケメン二枚目役に

選ばれもしない…。

 

 

 

 

 

 

染谷将太さんは

ルックスで言えばもちろん

イケメン二枚目俳優よりで

 

 

現代のその風貌からは

織田信長のイメージなんて

想像もつかないけど

 

 

ご存知の通り、充分すぎる程

織田信長を演じきったみたいですし

 

 

それに麒麟が来る以外の作品でも

イケてない系の男も

見事に演じきっている俳優さん。

 

 

 

 

 

 

 

本能寺の変

 

 

 

 

 

 

 

 

同じような俳優さんだと

 

 

菅田将暉さんや

綾野剛さんが

 

 

がそうだね!

 

 

前述の①②③全てに

当てはまっているし

 

 

役幅が凄く広くて

それが二枚目役であろうが

そうじゃない役柄、

つまり三枚目であろうが

 

ごく自然にそして

見事に演じきっている

もんね!

 

 

 

その演技を観ていて

狂気さえ感じる!

 

 

 

 

 

 

逆のパターンで言えば

 

 

小栗旬さんや妻夫木聡さん

木村拓哉さん

 

 

なんかがそうで

 

 

イケメン二枚目役は上手いけど

あんまりイケていない役は

観たことがない。

 

 

木村拓哉さんなんて

(元?)アイドルにも関わらず

正直、演技は抜群にうまいけど

 

 

三枚目役は

好演できないだろうな。

 

 

 

 

つまり私にとっての

名優の条件とは

 

演技の『振り幅』が大きい

 

ということ

 

 

 

 

 

 

 

 

俳優さんです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の『振り幅』

 

 

 

そんな事考えるいると

 

 

私もいろいろと

人に良くも悪くも評価されるには

 

 

振り幅を広げなきゃな…と。

 

 

 

 

ただ、もともとイケメンでも

もちろん二枚目でもないので

その線では活躍の場を

広げられないだろうけど

 

 

 

 

行政書士としての業務の幅

 

 

士業として誠実・真面目なところと

 

 

それにあい反して

 

 

エンターテイナー気質

陽気なところ…とか。

 

 

 

 

この辺をうまく

評価して貰えないかな!?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る