我が人間の、悲しき悍(おぞ)ましさよ

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

我が人間の、悲しき悍(おぞ)ましさよ


 

 

悍(おぞ)ましい

 

 

悍(おぞ)ましい

 

 

 

 

この言葉がこんなに相応しい

シチュエーションがあるだろうか!?

 

 

 

 

ある人物に対し

SNS等を通して多くの人が

誹謗中傷を行い

 

 

 

 

その、ある人物が、

憂うくらいのダメージを受けると

 

 

 

 

今度は、そうやって

SNSで誹謗中傷をした人々が

同じように次々と叩かれはじめる

 

 

 

 

終いには、こんなニュースが

報道される始末。

 

 

 

 

yahooニュース テラスハウス脅迫状です

 

 

 

 

 

異端を排除しようとする

恐るべき集団心理

 

 

 

 

そして生み出される

負のスパイラル

 

 

 

 

 

あまりにも…言葉にならない。

 

 

 

我が人間の、

悲しき悍ましさよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人権の軽視と多様性への侮辱

 

 

暴力や言葉で攻撃することで

人にダメージを与えようとする

 

 

それは、甚だしくも

 

「人権」の軽視だ。

 

 

 

 

 

「自分と違う…」

「普通と違う…」

と言って

異端を排除しようとする行為は

 

 

 

「多様性」に対する侮辱

 

に他ならない。

 

 

 

 

 

 

だが、こういう時代だからこそ

 

「人権」「多様性」が

 

尊重される世の中になって

貰いたい。

 

 

 

 

 

仲間です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SDGs持続可能な開発目標

 

 

2015年に国連で

全会一致で採択された

 

 

私たち人類が

2030年までに達成すべき

世界共通の目標

 

 

SDGs(持続可能な開発目標)

 

 

に掲げられた17の目標の中にも

 

 

以下のように

 

人権、多様性、

平等、公正

 

に関するゴールが

いくつも掲げられています。

 

 

 

 

sdgs目標2

sdgs目標3 SDGs目標4質の高い教育をみんなにのピクトグラムです

sdgs目標5 sdgs目標6

SDGs目標10 SDGs目標16平和と公正です

 

 

 

 

逆に考えれば、現代は

これらの目標を掲げて

取り組まなければならないほど

 

 

 

 

私たちの人権多様性

 

 

持続可能性がない

 

 

という事をあらわしています。

 

 

 

 

 

 

 

私たちの子どもたちや孫、

その次の世代の子どもたちに

 

 

そのような世界を残していくことを

どうか考えてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

人権・差別のイメージです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな行動でも

 

 

先日、↓↓こちらのブログ

 

絵本みえるとかみえないとか

 

 

 

 

 

人権多様性を学ぶのに相応しい

ある絵本を紹介させて頂きました。

 

 

 

 

 

そして、私はその本を

20冊買いました。

 

(あ、我が子に与えたのも

含めると21冊か)

 

 

 

 

 

本日、その20冊の絵本を

地元の小学校と幼稚園に

差し上げに行く予定です。

 

 

 

 

わずか20冊の絵本で

どれだけの子どもたちに

 

 

持続可能な社会

残してあげられるか

わかりませんが、

 

 

 

 

 

SDGsは、

 

 

まずは自分事として

考え行動するもの

 

 

です。

 

 

 

 

 

私も、2030年の

持続可能な世界へ向けて

舵を切り出した

 

 

宇宙船地球号の一員として

少しだけでも行動して行きたいと

思ったのです。

 

 

 

 

 

絵本みえるとかみえないとかです

 

 

 

 

 

「悍ましい」

 

 

こんな言葉が社会から

無くなればいいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る