コロナ禍のスポーツクラブ休業と持続可能性について思うこと

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

コロナ禍のスポーツクラブ休業と持続可能性について思うこと


 

 

コロナ禍のスポーツクラブ

 

 

私の住む石川県では

コロナによる緊急事態宣言が

解除はされているものの

まだ街には賑わい戻っていない感じ

 

(当たり前か…)

 

 

 

 

解除とは言っても

例えばスポーツクラブなんかは

いまだ休業要請の対象となっていて

 

 

石川県内のスポーツクラブは

ほとんどが5月中は休業を継続。

 

 

 

 

私は、行政書士として独立する前

スポーツクラブで働いていたので

 

 

やはりOB(?)として

現在のスポーツクラブの状況が

どうなっているか気になる…

 

 

経営がどうとか、雇用がどうとかね。

 

 

 

 

じゃあ具体的にどうなっているのか

今働いている人に聞いたりなんかは

しないけど、

 

 

 

 

おそらく

スポーツクラブで働いている

多くの方が、この期間、

お休みとなっているんでしょう。

 

 

 

 

 

スポーツクラブです

 

 

 

 

 

で、ですよ。

 

 

このコロナ禍で、約2か月間も

お休みを貰った方たちは

 

 

そのお休み

どう思っているんだろう…?

 

 

 

 

(もちろん、そのお休みに対して

有給休暇だとか補償があるとか

逆にない…とかで差があるとは

思うけど…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私なら…

 

 

私がもし、その立場だったら…??

 

 

 

 

喜ぶだろうなぁ~

 

 

 

 

大いに喜ぶ!

 

 

 

 

ラッキー!!✨

 

 

 

…ってね。

 

 

 

 

 

そりゃあ、今まで、

 

 

(通常残業も、サービス残業も含めて)

いっぱい働いたし(働かせられたし)

 

有給休暇もろくに取れなかったし…

 

 

「自由だ!」なんて考えて

 

 

伸ばせない羽根を

それなりに伸ばすと思うな…

 

 

 

 

その点は、

独立してこのコロナ禍の中でも

ありがたくもお仕事を頂いている

今においても

 

 

少し羨ましく感じるくらい…。

 

 

 

 

休日を満喫です

 

 

 

 

 

 

で、何を言いたいかというと

 

このコロナ禍で仕事休んでいる

スポーツクラブに勤める人たちで

 

 

私のように大喜びしちゃう方って

正直かなり多いと思う…。

 

 

 

 

「休業明けの再オープンが

 待ち遠しい!」

 

なんて思っている方は

はたしてどれだけいるんだろうか…?

 

 

 

 

 

 

そういう方たちには

 

 

「休めてよかったね!

 今まで頑張ったもんね!」

 

 

と声をかけてあげたいけど

 

 

 

 

 

でも、それって

スポーツクラブの経営者の方

立場からしたら

 

 

そんなお休みに喜ぶ従業員

いるって知ったら

 

 

かなり悲しいだろうな…

 

 

 

 

 

悩んでいるスポーツクラブマネージャーです

 

 

 

 

 

 

仮に

 

 

「仕事をあげられずに申し訳ない…」

って、従業員に頭を下げる

経営者の方と

 

 

「休みだラッキー!」

って思う従業員がいるとしたら

 

 

もう完全な利益相反だからね。

 

 

そこに持続可能性なんて

ある訳がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

責任は〇〇〇側…

 

 

ここからは、私の私見だけど

このケースで、あえて

 

どっちに責任がある?

 

って話になると

 

 

 

 

そりゃ経営者側でしょ!!

 

 

 

って、私はなっちゃう。

 

 

 

 

もう完全に従業員としての

依怙贔屓(えこひいき)だけどね…(笑)

 

 

 

 

 

 

出見世が依怙贔屓です

 

 

 

 

 

 

 

そりゃ、従業員にそう思わせるような

教育(?)をしているスポーツクラブ

経営者が悪いよ。

 

 

 

 

そのへんは、このコロナ禍を機会に

反省したらよいかと…

 

(それどころじゃないかな…)

 

 

 

 

 

 

 

どうすればいいのかな…?

 

 

と悩んだら

 

 

 

 

 

 

どうか経営に

 

 

SDGs(持続可能な開発目標)

 

 

を取り入れて下さい。

 

 

 

 

 

SDGsの17のゴールについて、SDGsの専門家、SDGsのセミナー講師が得意な、行政書士(石川県)がご説明します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

従業員のやりがい

 

 

スポーツクラブのお仕事って

それこそクラブに来てくれる人を

健康にしたりとか

 

 

相当な社会貢献をしているはずなのに

 

 

 

 

 

sdgs目標3のロゴです

 

 

 

 

 

 

そこで働いている方々が、

自分の仕事が、社会貢献になっていると

気付かず仕事しているのが現実…

 

 

 

 

そりゃそうでしょ

 

 

毎日毎日どうやったら

会員増えるかとか

コスト削減できるとか

 

 

労働力が少ない中で

どうやってシフト回すか

 

 

みたいなこと

ばかり考えさせられたら

 

 

そうなっちゃいますよね!?

 

 

 

 

 

 

忙殺される

 

 

 

 

 

 

 

SDGs

 

 

自らの欲求を満たしながらも

他者の欲求を満たすもの

 

 

です。

 

 

 

 

つまり

儲けながら社会貢献する

仕組みをつくるのが

 

 

 

 

 

強いて言うなら

 

 

人が働くことが

『やりがい』となる

 

 

のがSDGsです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「私の仕事が、世のため

 人のためになっている✨」

 

 

て思えたら、

ワクワクしませんか!?

 

 

 

 

 

そして

 

 

「そんな人が我社

 働いてくれている

 

 

って思えたら、

経営者の方もワクワクしませんか!?

 

 

 

 

 

 

 

私はSDGsコンサルタントとして

そんなワクワクをお伝えしたいのです。

 

 

 

 

 

スポーツクラブトレーナーです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に…

 

 

スポーツクラブの関係者の方々には

 

 

心よりエールを送ります!

 

 

どうか負けないでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る