SDGs(持続可能な開発目標)とライフワークバランス

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

SDGs(持続可能な開発目標)とライフワークバランス


 

 

仕事は何のために…

 

 

あなたはなんのために

仕事をするのですか?

 

 

と質問すると

 

 

 

 

多くの方が

 

「お金のため」

 

と答えます。

 

 

 

 

日本では古来から(?)

 

「食っていくため」

 

と表現したりしますが

 

 

 

 

これも、「お金のため」

を比喩で表現しているに

すぎないでしょう。

 

 

 

 

 

 

農業です。

 

 

 

 

 

 

 

また、

「将来の目標は?」

と同じように質問すると

 

 

お金をためて、

旅行に行く、

家を買う、車を買う…

 

 

というような、

“富”を求める傾向

強いのが事実かと思います。

 

 

 

 

 

世界の多くの国々が

資本主義国家ですから

 

そのような「仕事=お金」

という思考に人がなるのは

ごく自然なことといえますが

 

 

 

 

これまでも

スマイルブログでご案内した

 

 

 

ミレニアム世代の台頭

 

 

ダイバーシティの尊重

 

 

 

により、

 

 

 

 

「仕事=お金」という考え方が

少し変化しているように感じます。

 

 

 

 

 

 

 

資本主義経済です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフワークバランス

 

 

近年、自身の仕事によって得られる

 

「意志」を大事にする人が

 

増えてきています。

 

 

 

 

ここでいう「意志」というのは

 

 

例えば、

 

やりがい・想い・経験

 

と言われるようなものです。

 

 

 

 

つまりは、お金とは違い

 

「無形の価値」

 

と呼ばれるものですね。

 

 

 

 

 

つまり、

仕事はお金を稼ぐため…

という人もいらっしゃる一方で

 

 

お金を稼ぐことよりも

ゆったりと過ごす時間が大切な人

もいらっしゃいます。

 

 

 

 

さらに人によっては

自分が仕事をするには

お金や時間のためというより

 

 

自分の仕事が

「誰か他の人の役に立っている」

という“やりがい”

 

 

転職を繰り返しても

「いろんな体験をしたい」といった

“経験”を得たいという

 

 

そのような“想い”

仕事を選ぶ方が増えている

 

 

ということです。

 

 

 

 

最近では、このような考え方を

 

ライフワークバランス

 

と言ったりしますよね。

 

 

 

 

 

 

 

ライフワークバランスです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SDGsとライフワークバランス

 

 

先にも述べましたが

過去の世界の歴史や

日本の歴史をみてみると

 

 

人が持つ多くの価値観は

“富”“お金”

中心としたものでした。

 

 

 

 

その結果、

 

森林が切り開かれ

化学物質が海に流れ

温暖化ガスが蔓延するなど

 

地球の環境が乱れ…

 

 

 

 

貧富の差が生まれ、犯罪が増え

心を病む人が増えるなど、

次々と新たな社会問題が生まれました。

 

 

 

 

 

そのような

経済優先の世界を否定し

新たな価値観が生まれたのです。

 

 

 

 

その価値観の一つが

ライフワークバランス

 

なのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

その新たな価値観

私たちが生きるこの地球この世界に

 

 

サスティナブル

持続可能性

 

 

をもたらすものです。

 

 

 

 

 

 

多種多様な価値観を余すことなく

 

 

「誰ひとり取り残さない」

という合言葉のもと

 

 

持続可能な社会を創るための

17の目標と169のターゲット

 

 

SDGs(持続可能な開発目標)

 

 

なのです。

 

 

 

 

 

SDGsと頑張る人々です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る