コロナとSDGs ~社会課題を自分事として捉える機会~

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

コロナとSDGs ~社会課題を自分事として捉える機会~


 

 

SDGsの5つの「P」

 

 

SDGs(持続可能な開発目標)

 

 

には、↓↓のとおり

 

 

私たち人類が2030年まで

達成すべき17の目標がございます。

 

 

 

 

SDGsの17のゴールについて、SDGsの専門家、SDGsのセミナー講師が得意な、行政書士(石川県)がご説明します!

 

 

 

 

 

 

また、以前こちらのブログでも

ご案内した通り↓↓

 

過去ブログです

 

 

 

 

これらの17の目標

以下の5つの「P」

カテゴライズされます。

 

 

 

 

 

 

 

People(人間)

Prosperity(豊かさ)

Planet(地球)

Peace(平和)

Partnership(パートナーシップ)

 

 

 

 

 

 

 

この5つ「P」の中でも、

今日のブログでは

 

 

People(人間)

 

 

について述べたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SDGsのPeople

 

 

SDGsを、先に挙げた

5つの「P」

カテゴライズすると

 

 

以下の6つの目標

 

あらゆる形態と次元の貧困と飢餓に

終止符を打つとともに、

すべての人間が尊厳を持ち、

平等に、かつ健全な環境の下で

その潜在能力を発揮できるように

することを目標として

 

People(人間)

 

に該当します。

 

 

 

 

People(人間)のゴール

 

 

※ピクトグラムをクリックすると

 (一社)SDGs支援機構の説明ページに

 ジャンプします。(以下も同じ)

 

 

 

 

 

一見、私たち日本人が

これらのPeopleに関する

6つの目標に目をやっても

 

 

あまりピンとは来ないのでは

ないでしょうか。

 

 

 

 

 

確かに、私たちの住む日本では

世界中の国々と比べても

 

 

これらPeopleの関する目標に対して

先進的な実績を誇っていると言えます。

 

 

 

(ただし、目標5の

 「ジェンダー平等を実現しよう」

            以外は…)

 

 

 

 

 

日本では

 

国民皆年金・国民皆保険

達成されており

 

 

社会保障も義務教育も充実

 

 

もちろん、

衛生的な水やトイレも整備

されている。

 

 

 

 

 

 

JAPANです

 

 

 

 

 

 

 

このような国は、

他にも類をみません!

 

 

 

 

…と言えました。

 

 

 

 

新型コロナ・ウィルス

世界中・日本中に

感染拡大するまでは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナで露見した問題

 

 

これだけ充実していた

日本でしたが、

 

 

新型コロナ・ウィルス

感染拡大により

 

 

思わぬ問題が露見します。

 

 

 

 

 

まず、皆さんもよくご存知の通り

日本全国のほとんど地域で

小中高校は、先が見えないと

言っても過言でもない

異例の休校措置が取られています。

 

 

 

 

もし、このまま休校措置

解除されないとなると

 

 

目標4

質の高い教育をみんなに

 

が脅かされます。

 

 

 

 

 

ただし、

問題はこれだけではありません。

 

 

 

 

学校が休校となったことで

「教育」に関する問題を

指摘する声よりも

 

 

 

 

子供を

預かってもらえないから

働けない大人がいる…

 

 

 

 

 

給食がでないため

満足な食事がとれない

子供がいる…

 

 

 

 

 

 

 

というような問題

聞かれるようになったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

教室です

 

 

 

 

 

 

 

 

豊かだと思われていた

我が国日本でも

 

 

 

 

実際には、

 

 

目標1:貧困をなくそう

 

 

 

 

目標2:飢餓をゼロに

 

 

 

 

 

という課題を、

少なからず抱えている。

 

 

 

…と言うことがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分事として考える機会

 

 

思わぬ形で、いや

むしろ悪い形で

 

 

日本における

社会課題目にする結果に…

 

 

 

 

 

でも、これを

悲観的に捉えるのではなく

 

 

むしろプラスに変容させること

寛大と思われます。

 

 

 

 

 

SDGsの本質

SDGsを実践する理由の一つ

 

 

 

 

社会課題を

自分事として

考えること

 

 

 

 

だと私は思います。

 

 

 

 

 

 

 

社会課題は自分事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで、私たち日本人が

意識もせず、

真剣に考えもしなかった

 

 

SDGsにおける

Peopleに関する目標

 

 

 

 

これらを、自分事として

捉えなければならないことを

 

 

 

 

 

このコロナ禍は、

私たちに気付かせようと

しているのかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る