誤審が絶対なくならない理由

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

誤審が絶対なくならない理由


 

 

 

 

 

このブログの筆者

 

 

 

 

 

やりたいことじゃなくて

やれることだけやってきた結果

脱サラ⇒格闘家⇒行政書士

逃げるように転身を繰り返した

そんな悔しい過去が現在の原動力。

 

 

挑戦することに躊躇う人

気持ちが誰よりわかるからこそ、

企業経営という形で前進しようとする

起業家の背中を押す!

 

新事業支援、資金調達、

許認可申請、法律相談

までワンストップ任せることが可能!

 

 

 

 

 

 

どーも!こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

はじめての脱サラ起業を

フルサポート!

若手創業社長の名セコンド

 

 

 

出見世(でみせ)雅之です。

 

 

 

 

 

 

 

 

満足度です

 

 

 

 

 

 

毎日欠かさずブログ

2022年(令和4年)6月19日(日)

 

 

 

1,082号スタート!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大谷翔平 選手

 

 

 

 

 

最近のスポーツニュースでも

SNS上のスポーツに関する投稿でも

 

 

誤審

 

 

の話題が

多く取り上げられている気がします。

 

 

 

 

 

 

 

一昨日も、我らが大谷翔平選手

誤審されたとかされなかったとかで

↓こんなニュースになってたし

 

 

 

 

 

 

大谷翔平 誤審

 

 

 

 

 

おそらく、この

誤審の話題

が多いのって

 

 

 

 

 

以前もこのブログで紹介した↓

 

 

サムネ キャッチャー松川 セコンド 佐々木朗希

 

 

2022年に急上昇中の

完全試合ピッチャー

ロッテの佐々木朗希投手と

ある球審との確執の話題があってから

 

 

スポーツマスコミにとっての

キラーコンテンツになっちゃって

いるんだろうけど

 

 

 

 

 

 

こうやって、毎日のように

 

誤審だ!また誤審だ!

 

みたいな記事をみると

 

 

 

 

 

今年はいやに誤審が多いなぁ~

 

 

なんて勘違いする素人も

出てきそうな気がするんだが…

 

 

 

 

 

 

 

球審

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビデオ判定

 

 

 

 

 

そして、そんな話題が続くと

 

 

 

やれ

 

 

ストライクゾーンも

ビデオ判定ありにしろ!

 

 

だとか

 

 

 

 

 

もうロボットに

審判させちゃえ!

 

 

 

 

みたいなクレームや議論

わんさか出てくるんだろうけど

 

 

 

 

 

そうなったらそうなったで

誤審と言う概念

すごく減るだろうけど

 

 

 

 

 

じゃあ仮に

ロボットに審判させたとして

そのロボット審判

プログラミングやメンテナンスする人に

ミスや誤りがあれば

 

結局一緒じゃね!?(笑)

 

 

 

 

なんて、ことを考えちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ロボット おもちゃ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文章の自動化

 

 

 

 

 

昨日も、いわゆる

人間の文章作成能力に関係した

↓こちらのブログを書いたけど

 

 

 

 

 

サムネ 駐車禁止の看板

 

 

 

 

 

もし色んなスポーツの審判が

ロボット化していくなら

 

 

 

いわゆる“文章を作成する”という

人間にとっての作業も

ITやAIやLOT化が進む現代なら

PCやスマホで簡単に簡単にできちゃう

ようなことにもなるうでしょうよ。

 

(もう既になっているか…?笑)

 

 

 

 

 

けども、結局は

前述したロボット審判と同じく

文章の自動化にも

それなりに人間の力が必要だし

 

 

 

 

 

そもそも

日本語の文章の良い所

 

 

 

 

同じ趣旨を伝える文章でも

例えば、句読点の使い方

であったりとか段落の使い方で

 

 

 

 

 

その書き手が感じている

細かな趣(おもむき)や情緒

醸しだすことができること

 

 

 

 

 

だと思うのです。

 

 

 

 

 

 

その趣や情緒を、

今のAIや、コンピューターの技術で

醸し出すことは

 

 

 

まだまだ難しいでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

…ということは

 

 

 

 

趣と情緒あふれる文章を書く

僕デミーに対して

 

まだまだ現代の技術が

い付いていない

 

 

 

ってことでいいですよね!?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンピューター プログラム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕たち人間の力は

まだまだもしくは

永遠に必要なのか

 

 

 

それともロボット化や

デジタル化がどんどん

僕の仕事を

効率化してくれるか…

 

 

 

 

楽しみですな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問合せフォームです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る