キャッチフレーズはキャッチャーにすべきかセコンドにすべきか?

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

キャッチフレーズはキャッチャーにすべきかセコンドにすべきか?


 

 

 

 

 

このブログの筆者

 

 

 

 

 

やりたいことじゃなくて

やれることだけやってきた結果

脱サラ⇒格闘家⇒行政書士

逃げるように転身を繰り返した

そんな悔しい過去が現在の原動力。

 

 

挑戦することに躊躇う人

気持ちが誰よりわかるからこそ、

企業経営という形で前進しようとする

起業家の背中を押す!

 

新事業支援、資金調達、

許認可申請、法律相談

までワンストップ任せることが可能!

 

 

 

 

 

 

どーも!こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

はじめての脱サラ起業を

フルサポート!

若手創業社長の名セコンド

 

 

 

出見世(でみせ)雅之です。

 

 

 

 

 

 

 

 

満足度です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日欠かさずブログ

2022年(令和4年)5月2日(月)

 

 

 

1,035号スタート!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケガの功名?

 

 

 

 

 

いまだにネットニュースで

話題になっている

 

 

 

 

完全試合投手 佐々木朗希 選手

と白井球審の確執(?)

 

 

 

 

と比例をして

👇このような話題が

ピックアップされているようです。

 

 

 

 

 

 

 

ロッテ 松川捕手 高評価

YAHOOニュースより引用

 

 

 

 

 

 

 

野球らしくない話題の裏側で

 

佐々木朗希投手とバッテリーを組む

 

18歳の松川虎生捕手の評価が

急上昇しているよう

 

 

 

 

 

 

プロ野球界としては

 

ケガの功名

 

といったところでしょうか(笑)

 

 

 

 

 

 

 

マネーボール

 

 

 

 

 

かのブラッド・ピットが主演した

実話をもとにした👇以下の映画の

主人公ビリー・ビーン氏が

 

 

確か、野球と言うスポーツを

 

27個のアウトを取られる前に

相手チームより多く点を取るゲーム

 

と定義付けたと聞いたことがあります。

(正確な言葉尻までは不明)

 

 

 

 

 

 

YouTubeより「マネーゲーム」予告

映画マネーボール予告

クリックで再生

 

 

 

 

 

つまり野球と言うスポーツは

点をたくさんとるか

もしくは

点をなるべく取られないか

というところが重要

なんだと思うのですが

 

 

 

 

後者の点を取られない

ということに関しては

ピッチャーの良し悪し

注目されるのが一般的なんでしょう。

 

 

 

 

 

それが、佐々木朗希選手の凄さ

もちろんのこと

 

 

 

ここまで女房役と呼ばれる

捕手がスポットライトを浴びること

野球の専門家じゃなくても

 

 

 

何か良いなぁ~

 

 

 

…って思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

キャッチャー 捕手

 

 

 

 

 

 

 

だって、いつもは

スポットライト浴びるのは

ピッチャー(投手)ばかり

 

 

 

 

捕手に関しては

守っている間に

マスクかぶって

顔もあまり露出しない訳だし。

 

 

 

 

 

一歩譲って、例えば

点を取られないという功績は

ピッチャー(投手)が90%だ

…みたいな評価だとしても

 

 

 

 

そうやって陰の立役者

評価されるって良いですね!

 

 

 

 

 

無論、キャッチャー(捕手)

 

 

自分の評価よりも

チームの勝利や

ピッチャーの評価のために

 

もしくは

 

自分よりピッチャーが主役

 

と理解しているのかも知れませんが

 

 

 

 

 

 

 

野球 スタジアム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主役

 

 

 

 

 

ブログ冒頭の僕デミーの自己紹介

改めて読んで頂ければと思うのですが

 

 

 

 

僕自身はキャッチフレーズ

 

 

 

若手社長の名セコンド

 

 

 

と称しています。

 

 

 

 

 

 

これも、キャッチャーと同様で

 

 

主役はあくまでもデミーじゃなく

仕事をご依頼頂く会社の社長である

 

 

というニュアンスを含んでの

キャッチフレーズですが

 

 

 

 

だったら別に

若手社長をピッチャーに例えて

 

 

僕デミー

引き立て役であるキャッチャー

と称しても良いとは思ってます。

 

 

 

 

 

でもこれは

僕自身が元格闘家という点で

セコンドという言葉が

ハマりやすいな✨と思うのと

 

 

 

 

キャッチャー

ピッチャーのリード以外にも

バッティングで活躍して

その試合の主役にもなれる訳だし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクシング セコンド

 

 

 

 

 

 

 

 

何度も言うけど

僕デミーがやっている

行政書士という仕事や

SDGsビジネスコンサルタント

という仕事は、

 

 

 

あくまでも

クライアントの企業と

その社長さんのため

にやるものだから

 

 

 

 

若手社長の名セコンド

 

 

というキャッチフレーズ

今のところこのままでも良いかな?

 

 

 

(野球と言うメジャースポーツに

あやかりたいところだけど…🤣💦)

 

 

 

 

 

 

僕はぼくで

 

自分の人生の主役

 

になれればいいか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問合せは👇こちらから

 

問合せフォームです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る