インド料理店にて格差を考える

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

インド料理店にて格差を考える


 

 

 

 

 

このブログの筆者

 

 

 

 

 

やりたいことじゃなくて

やれることだけやってきた結果

脱サラ⇒格闘家⇒行政書士

逃げるように転身を繰り返した

そんな悔しい過去が現在の原動力。

 

 

挑戦することに躊躇う人

気持ちが誰よりわかるからこそ、

企業経営という形で前進しようとする

起業家の背中を押す!

 

新事業支援、資金調達、

許認可申請、法律相談

までワンストップ任せることが可能!

 

 

 

 

 

 

どーも!こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

はじめての脱サラ起業を

フルサポート!

若手創業社長の名セコンド

 

 

 

出見世(でみせ)雅之です。

 

 

 

 

 

 

 

 

満足度です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日欠かさずブログ

2022年(令和4年)3月27日(日)

 

 

998号スタート!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インド料理店にて

 

 

 

 

 

今日ピックアップしたいのは

👇このニュースです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の経済格差

 

日本の経済格差 グラフ

YAHOOニュースより引用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15年以上も前の話だけど

よく行っていたインド料理屋さん

インド人の店長さんと

話していた時に

 

 

 

僕から

 

「インドはこれまで

 開発途上国というイメージだったけど

 昨今は(2005年頃)は経済発展が

 目覚ましいよね!?」

 

なんて話すと、

 

 

 

 

 

そのインド人店長は

 

 

 

「でもインドは貧富の差が激しいよ

 日本はそんな差は少ないよね。」

 

 

 

なんて言われて、当時は

 

 

 

 

「つくづく日本は

 良い国なだなぁ~」

 

 

 

 

なんて安心感を得たもんですが

 

 

 

 

 

あれから、日本政府も○○○ミクスなど

様々な経済対策を打ち出していますが

 

 

 

 

なかなか私たち一般人には

目に見えた効果が得られていない😭

そんな印象です。

 

 

 

 

その証拠に、冒頭に紹介した

ニュースですから

 

 

 

 

残念ながら現状は

 

「日本は豊かな国です!」

 

とは言えないくらい

 

 

 

経済格差・収入の格差

正規雇用と非正規雇用の格差

職業や職種による格差

都市と地方の格差

 

 

 

というような格差

浮き彫りになってきている

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

インド料理

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南北格差(南北問題)

 

 

 

 

経済格差で思い出しましたが

 

 

 

 

皆さんは昔、社会の授業で習った

 

 

南北格差(南北問題)

 

 

は覚えていらっしゃいますかね?

 

 

 

 

 

 

ザックリ復習すると、

 

 

この地球上において

 

わが国日本をはじめ

アメリカ・ヨーロッパ各国など

先進国(いわゆる豊かな国)

と呼ばれる国々は

 

北半球に集中しており

 

 

 

 

半面、南半球には

開発途上国(いわゆる貧しい国)

が多く、その格差が激しいという

問題のことです。

 

 

 

 

 

南北問題Wikipedia

 

 

 

 

 

↓↓こちらは上記のWikipediaから

引用した、宇宙から見た

夜の地球の様子ですが、

北半球の方が断然明るいことが

ハッキリとわかりますね。

 

 

 

 

 

 

南北格差です

 

 

 

 

 

 

この南北格差

 

この地球上の歴史として

 

 

輸出や輸入などの貿易が

平等に行われなかったこと

 

 

つまりフェアトレード

行われていなかったこと

 

 

が大きな原因だと言われています。

 

 

 

 

 

 

 

フェアトレードについては

以前も↓↓こちらのブログ等で

ご紹介いたしましたが

 

 

 

 

 

 

フェアトレードです

 

 

 

 

 

 

 

1960年代頃から指摘されてきた

この南北格差問題

いまだに解決されていないのが

この世界の現状です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SDGs(持続可能な開発目標)

 

 

 

今日のこの話題一つとっても

 

 

 

 

2015年に国連で全会一致で採択され

私たち人類が2030年までに

達成すべき世界共通の目標である

 

 

 

 

SDGs(持続可能な開発目標)

 

 

 

 

ピクトグラム 新SDGsロゴ17

 

 

 

 

そのものです。

 

 

 

 

 

 

特に

 

 

目標1「貧困」

SDGs目標1貧困をなくそうです

 

 

 

 

 

 

目標10「不平等」

sdgs目標10不平等です

 

 

 

 

 

 

目標16「平和と公正」

SDGs目標16平和と公正です

 

 

 

 

 

などにも該当しますね。

 

 

 

 

 

 

世界は繋がります。

 

 

そして私たちの活動も

社会と繋がります。

 

 

 

 

 

この繋がっている世界で

私たちは何ができるか?

 

 

 

 

自らも起点となり得る

ことを理解し

 

 

 

 

サスティナビリティ

考えていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社のSDGs担当者の方へ

 

 

 

 

 

そんな重要なSDGs

 

 

中小企業で導入し実践する方法

 

 

ご案内しています!

 

 

 

 

 

 

会社でSDGs担当者

なったはいいけど

 

何をしたら良いのかわからない…

 

という方は、

ぜひ僕にご相談ください!

 

 

 

 

 

 

行政書士としての法律知識と経験、

SDGsコンサルタントとしての

知識と経験を持つ私が

 

 

そのお悩みを解決いたします!

 

 

 

 

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

SDGsビジネスコンサルティングの詳細です。

トップへ戻る

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る