夏を満喫するために忙しいサラリーマンがとるべき行動とは

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

夏を満喫するために忙しいサラリーマンがとるべき行動とは


 

 

 

 

 

 

夏の雰囲気

 

 

 

 

 

6月も下旬となると

少しづつ感じ始める

 

 

 

夏の雰囲気

 

 

 

 

 

 

僕はこの感覚が大好き。

 

 

 

 

 

夏の草のにおい。

 

 

雨に濡れる

アスファルトのにおい。

 

 

爽やかな風。

 

 

少しづつ強くなる日差し。

 

 

報道では、プール開きや

夏特有のスポーツの話題。

 

 

 

 

 

僕の勝手な分析なんだけど

このような雰囲気が

 

 

 

 

少年少女と言われていた頃に

夏休みを前に控え

ワクワクしていた頃

 

 

 

のことを

想い出させてくれるんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8日間の夏

 

 

 

 

でも、夏休みという概念があるのは

社会人になる前の学生の時までで

 

 

 

社会人。ことさらサラリーマン

になると、あるのは申し訳程度の

数日のお盆休みのみで

 

 

 

(お盆休みさえない職種も

いっぱいある…)

 

 

 

 

 

夏を満喫するための

長期休暇なんてナッシング!

 

 

 

 

 

海外では大統領でさえも

長期の夏休みがあると言うのに…

 

 

 

 

 

 

 

 

僕が考えるに

日本の夏らしい雰囲気というのは

 

 

 

6月下旬から

8月のお盆ぐらいまでの

約8週間。

 

 

 

 

 

その間、サラーリマンに

与えられた休日は

 

 

 

2日×8週間の16日。

 

 

 

 

 

サラリーマンなんて

一生懸命に働いているんだら

1週間も働けばクタクタになって

 

 

せっかくの休みも

1日くらいは自宅で

ゆっくりしたいはず。

 

 

 

 

 

そうなると、サラリーマンが

せっかくの夏を満喫しようとなると

 

 

 

タイムリミットは

 

 

たった8日

 

 

しかない訳だ…。

 

 

 

 

 

 

ちょっと極端な例かもしれないけど

 

 

 

 

 

実際にそんな人は

これでいいのか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

夏 ソフトクリーム 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忙殺

 

 

 

 

…と偉そうに言ってるけど

 

 

 

 

僕だって

今の行政書士になる前は

そんなサラリーマンだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事に忙殺されていた…

 

 

 

 

 

 

全てが「忙しい」という

この言葉に集約される。

 

 

 

 

 

毎日毎日が同じ仕事の繰り返し

 

度重なるサービス残業

 

とくにモチベーションが

上がることもない

上司からの適当な指示

 

それに抗うことなんてない自分と同僚

 

 

 

 

ただただ忙しい仕事を、

一日一日こなしていく日々

 

 

 

 

 

やっと疲れて帰った自宅では

眠りにつくだけ

 

 

 

休みの日は

体力と気力の回復のため

怠惰に過ごすことに集中する。

 

 

 

 

そこで、

「たまには自然にかえって…」

とアクティブな考えになれば

もっと早く救われたのであろうが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレス社会です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな日常を過ごしていると

 

嘘かと思われるかもしれないが

 

「今は○月○日」ということは

わかっていても

 

 

 

今は、春夏秋冬のどの季節?

 

 

 

ということさえ忘れてしまう。

 

 

 

 

 

そんな精神状態で

 

 

「夏を満喫しよう!」

 

 

とはならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の怠惰

環境や人のせいにするには

よくないことぐらいは

わかっているつもり。

 

 

 

 

 

 

ただ、それが私じゃなくとも

 

 

 

 

四季を感じる余裕さえ

失わさせてしまうような

環境をつくってしまう

仕事や企業は

いかがなものか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悩む若者です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、私が何を言いたいか…

 

 

 

日本人なのにもかかわらず

四季がもたらす情緒さえも

感じることを

忘れさせられるような

企業や会社の仕事は

 

 

自分を幸せにするための

ものなんかじゃ

決して“ない”。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抗う

 

 

 

 

もし、今のこの季節に

 

 

ほんの少しの時間でさえ

 

 

やすらかに

おだやかに

ほがらかに

にこやかに

 

そんな気持ちで

 

夏を感じる時間

 

 

 

 

 

 

に興味がない…

作れない…

 

 

 

と思うような貴方であれば

 

 

 

 

もう少し、

自分の“幸せ”について

考えてみるとよいのでないかと

心から想う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念ながら、今世間は終息をみない

コロナショック真っ只中。

 

 

 

 

 

無責任に

 

 

 

「会社辞めちまえ!」

「行動しよう!」

「独立起業しよう!」

 

 

 

なんてはいう言葉を

慎むべきかも知れませんが

 

 

 

 

 

やはり、僕は

そう思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

失敗することに脅えて、

理不尽に抗うことなく

逃げるような人生を送ってきた

悔しい過去が今の僕の原動力。

 

 

 

 

 

 

 

 

「あの時〇〇しておけば良かった…」

 

 

 

と後悔の念に苛まれているけど、

その過去を払拭して

未来を変えたいと頭では考えている

 

 

 

だけど行動を起こせないでいる…

 

 

 

そんな人がいるなら

 

 

 

 

僕がその背中を

押して上げたい!

 

 

 

 

 

 

 

その気持ち凄く

わかるからね…!

 

 

 

 

 

 

 

それが起業という形ならなおさら!

僕の過去と、

 

 

 

独立起業支援行・会社設立

が得意な政書士としての経験で

 

 

 

 

ガッチリサポートできますんで!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです
!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る