コラム『読み・書き・そろばん』は…大事!

行政書士法人スマイル/石川県の行政書士事務所/SDGs導入・取組支援/起業支援/会社設立/企業法務/コンプライアンス/法務顧問/許認可申請/契約書作成/はお任せください!

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

コラム『読み・書き・そろばん』は…大事!


石川県で会社設立専門の行政書士をしています、

行政書士法人スマイルの出見世です!

 

 

アクセスありがとうございます!

皆さまとのご縁に感謝いたします!

 

 

 

 

今回のブログは、いつもと趣向を変え、

行政書士業務や実務を離れて、

私、出見世の雑感コラムをお届けします。

 

 

 

 

先日、ある手書きの文面を書くにあたり、

 

『“ちゅうちょ”する』という文言を

 

書きたいと思いました。

 

 

 

当然ですが(恥…)

“ちゅうちょ”なんて複雑な感じを

サラッとかけない私は、

 

こんな時にスマホで調べる訳です。

(皆さまも大概そうですよね?!)

 

 

 

ところがです…調べた結果が

 

『躊躇』

 

 

…おいおい

 

想像以上に複雑!と思い

 

書くの面倒クサッ!!

 

 

と『躊躇』という漢字を書くのに

心が折れてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

そこで、

『躊躇』という“熟語”で表現するのを諦め、

 

もう少し簡単そうな

“動詞”を使って表現しようと思いました。

 

 

そうですね…動詞だと

 

『ためらう』とかになるのでしょうか?

 

 

 

ただし、それでも私は『ためらう』という漢字が

わからなかったので、

 

再度、スマホで調べます。

 

 

 

その結果が…

 

 

 

 

『躊躇う』

 

 

 

 

一緒じゃねぇーーーかっっ!!

 

 

 

 

 

 

そう心の中でツッコんだ私の心境たるや

 

恥ずかしいやら

悲しいやらで…。

 

 

 

 

 

話が変わりますが

 

私は、いわゆる“勉強”は好きではありません。

 

それは、幼い頃から変わっていません。

 

 

 

 

 

 

 

そんな性格だったこともあり、

学生時代は授業や勉強よりも、

運動部の部活に没頭…

 

 

 

大学もスポーツ推薦で入学し、

その後の就職もスポーツ関係の職場を選びました

 

そして何の因果か、

今は行政書士という他から観ると

少しお堅いイメージの職業に就いている訳です。

 

そそて、

行政書士として業務を経験すればするほど

実感することがあります。

 

 

 

『幼い頃もっと“素直に”勉強しておけば

 良かったなぁ…』

 

 

 

という後悔の念です。

 

 

 

 

例えば…

 

 

◆もっと真面目に国語の勉強して

 “漢字”を覚えておけば良かったなぁ…

 

 

前述した“躊躇”の件は、

幸いにも業務とは関係ないところでの

出来事でしたが

 

 

幼い頃は、

もちろん漢字ドリルなんてするのが嫌で嫌で…

 

それこそ

“ワープロ”が世の中に一斉に出り、

漢字の変換機能を知った当時は

 

『漢字なんて覚える必要ない!』と思ったもの。

 

 

 

しかしどうでしょう…

 

 

 

何でもIT化やロボット化が進み、

私たちが望んだ未来にどんどん進化していく

 

 

そんな時代なのにも関わらず、

 

 

なんだかんだいって、

社会に出ると行政書士でなくとも、

手書きで何か文章などを書く機会は、

意外に多いですよね!?

 

 

 

そんな時に、

ある漢字を書きたくて、

スムーズに書くことができる人と

スマホや辞書で調べる人では、

やはり“生産性”が異なります!

 

 

 

 

 

 

 

同じような理由ですが

 

“お習字”とか習って、

 “字が綺麗”に書けるようになっておけば…

 

 

 

漢字と同じように、いまではコンピューター等の

電子機器があれば、字を綺麗に書く事が出来る

“スキル”は必要ないと思うかもしれません。

 

 

 

 

でも結局は、前述した通り、

手書で物を書く機会は多い訳です。

 

 

 

行政書士をしていると、

メールやチャットではなく

いまだに実際の書類や書面を、

郵送でやり取りすることが多々あります。

 

 

 

封筒等の郵送物に

宛名を入れなければならない時など

 

そんなに取引が頻繁にない宛先を入れるにあたり

 

わざわざ宛先をコンピューターに入力して

宛先シールを出すよりは

サッと手書きで記入した方が

時間的効率が良い場合もあります。

 

 

そんな時に、

綺麗な字で宛名を書けるのと

 

私のように、

お世辞にも綺麗と言えない字で書くのとでは…

 

 

やっぱり仕事の達成感が違う訳です。

 

 

 

 

 

 

 

そして最後に

“そろばん”をやって、

  計算を早くできるようになっておけば…

 

 

 

私が幼い頃は、子どもの習い事でも

“そろばん教室”なんかは一般的でした。

 

 

なんでも、“そろばん”のスキルを上げると

そろばんが無くても何桁もの計算ができる

“暗算”も得意になるらしいですね。

 

よくTVなんかで

『びっくりチビッ子!』のような番組で

やってますよね!?

 

 

 

もちろん、勉強嫌いな幼い頃の私は

 

『計算機があるじゃん!』と…

 

しかも現代の技術では…

もう説明不要ですよね!?

 

 

 

 

しかし、この計算能力や暗算能力!

 

できるのと、できないのとでは、

 

行政書士業務においても

 

天と地との差を見せるのですよね!?

 

 

 

 

 

特に

行政書士業務の中でもメジャーな

“建設業許可”関係の業務では、

行政機関の指定したフォーマットでの決算書を

作成せねばならず、

 

そのような決算書や計算書の数字に

間違いがないか確認する検算業務において

暗算ができるというのは

かなりのアドバンテージになる訳ですよね!!

 

 

 

 

まさに

 

『読み・書き・そろばん』

 

 

…昔の人は良く言ったものです。

 

 

 

 

 

 

 

最後に

 

このブログをご覧頂いている

“少年少女”諸君!!(←表現が古い)

 

 

 

君たちの、お父さんお母さんや、先生方が

君たちに“勉強”しなさい!と言うでしょう。

 

確かに、今はその意味が解らないかもしれないし、

本当に必要がないことも

中にはあるかもしれませんが

 

 

おじさんは、勉強しなかったことを

今、後悔しています。

 

 

 

 

おじさんが説教できる権利なんて

ないのかもしれませんが

 

 

 

『読み・書き・そろばん』

 

 

 

 

少しぐらい勉強していても

全然格好悪くないし、将来後悔もしないよ!