選択式夫婦別姓制度とSDGs

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

選択式夫婦別姓制度とSDGs


 

 

 

選択式夫婦別姓制度

 

 

 

政府与党から

 

 

“選択式”夫婦別姓制度

 

 

の導入に向けて、

前向き気に検討していく方針が

示されました。

 

 

 

 

詳しくは↓↓コチラのニュースを。

 

 

選択式夫婦別姓制度 橋本男女活躍相

 

 

 

 

写真の女性活躍担当大臣である

橋本 聖子氏は

 

 

私が子どもの頃に、オリンピックの

スピードスケート競技や

自転車競技で活躍された方なので

 

 

 

※確か日本人女性で夏冬の

両オリンピックに出場を果たした

初めての人じゃないかな。

 

 

 

政治にあまり詳しくない方でも

この方をご存知の方は

多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

スピードスケートです

 

 

 

 

 

 

 

 

民放750条 夫婦同氏制度

 

 

 

現在の日本の法律では

 

 

 夫婦は、婚姻の際に

 定めるところに従い、

 夫又は妻の氏を称する 

 (民法750条)

 

 

と定められています。

 

 

 

つまり、結婚した男女は、

男女どちらかの姓(苗字)を

名乗らなければならない

 

 

とされているのです。

 

 

 

 

ここで気を付けて欲しいのは

 

 

又は妻の氏どちらか

 

 

ということです。

 

 

 

 

別に夫(男)の方の苗字を

名乗らなければならない訳では

ありません。

 

 

日本では、多くの夫婦が

夫(男)の苗字を名乗っているようですが

これは慣習上のものでしょうね。

 

 

 

 

 

 

婚姻届です

 

 

 

 

 

 

ちなみに、

夫が妻(女性)を名乗ることと

 

 

俗にいう“養子”は、

全く別の話です。

 

 

 

 

夫が妻の名字を名乗ったところで

必ずしも妻の親の養子になった訳では

ないですし

 

 

 

 

極端に言うと、

妻の名字を名乗らずとも

妻の親の養子になることは

法律上可能です。

 

 

 

 

 

 

 

家族です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性の活躍とSDGs

 

 

 

話を戻しますが

 

 

選択式夫婦別姓制度とは

夫婦は、苗字を一緒にするか

しないかを選べるという制度です。

 

 

前述した民法750条

改正する方向で、

国会で議論されていくのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

選択式夫婦別姓制度

導入されることにより

 

 

どういう論理で

女性の社会進出はじめ

活躍できる場が増えるのか?

 

 

という疑問は正直残りますが(笑)

 

 

 

 

橋本担当大臣がおっしゃる通り

この制度により

 

 

結婚する男女が増え

日本の社会課題である少子化対策

一石を投じることになるなら

 

 

大歓迎な制度ですね。

 

 

 

 

 

 

ひいては、

 

 

国連で全会一致で採択された

私たち人類が2030年までに

達成すべき世界共通の目標

 

 

 

 

SDGs(持続可能な開発目標)

 

 

に掲げられた

 

 

 

 

 

目標5「ジェンダー平等」

sdgs目標5です

 

 

 

の達成にも、日本政府として

貢献できるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

どんどんと持続可能な世界

足音が近づいてきていますね。

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る