ポテサラ論争と我が家のフルーツ論争…そしてフードロスとSDGs

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

ポテサラ論争と我が家のフルーツ論争…そしてフードロスとSDGs


 

 

 

ポテサラ論争

 

 

SNSを中心に、ちまたで話題になった

 

 

ポテサラ論争。

 

 

 

 

このポテサラ論争知らない方に

簡単に説明すると

 

 

 

 

ある奥さんがスパーの総菜売り場で

ポテトサラダを買おうと手に取ったら

 

 

「母親ならポテトサラダくらい

 作ったらどうだ」

 

 

と、そばにいた中年男性が

言い残して去っていったという話…。

 

 

 

 

 

 

それがSNSを中心に話題になり

 

 

主婦目線からは

 

 

“ポテサラくらい”だと…?

 

 

「ポテサラ作るのが簡単だと

 思っているのかよっ!」

 

 

というような声があがった一方。

 

 

 

 

「そうだその通りだ!」

 

 

という声も上がったという

論争らしい…。

 

 

 

 

 

 

ポテトサラダです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私にとってのポテサラ論争

 

 

 

私からすれば

まあ、確かに、

 

 

当事者の方ように

見ず知らずの他人に、

価値観を押し付けるのは

 

 

このダイバーシティ(多様性)の時代に

いただけないな…

 

 

とは思うけど

 

 

 

 

 

正直、

 

 

美味しければ

どっちでもいい…(笑)

 

 

 

 

 

 

というのが素直な感想だけど

 

 

 

 

付け加えるなら、個人的には

 

 

ポテサラはシンプルに

ポテト以外の野菜は少な目で

 

 

ポテトはなるべく形を残さず

なめらかに潰したもの

(ハッシュみたいなやつ)が好み❤

 

 

 

 

 

あと、ポテト以外の具材

(別になくても全然いいんだけど)

 

 

 

 

キャベツとタマネギは

絶対にいらない!!

食べれない!!

 

 

 

 

 

ポテサラキャベツ・タマネギ

入るくらいなら

 

 

かなりレアケースだけど

リンゴレーズン

入っていた方がまだ許せるし

全然食べられる…☺

 

 

 

 

ちなみに私は

レーズンパン

酢豚のパイナップル

大好き派!!!

 

 

 

 

 

しかし私の妻は

酢豚のパイナップル

アップルパイの煮リンゴ

レーズンパン

 

 

「考えられない!」

 

 

という否定派なので

家庭内で

 

 

おかずinフルーツ論争

 

 

になったりもする…。

 

 

 

 

 

 

 

フルール論争です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フードロスとSDGs

 

 

 

ところで、先程の

ポテサラタマネギ

話に戻るけど

 

 

私もスーパーで買ってきた

ポテサラタマネギが入っていたら

それは食べれないし

 

 

過去にコンビニで買った

ツナサンドイッチの

ツナにタマネギが入っていたときも

食べずに捨てた…😢

 

 

 

 

 

私がコンサルタントとして

その推進を図っている

 

 

国連で全会一致で採択された

私たち人類が2030年までに

達成すべき世界共通の目標

 

 

 

 

SDGs(持続可能な開発目標)

 

 

SDGsです

 

 

17の目標には

 

 

 

 

目標1「貧困をなくそう」

SDGs目標1貧困をなくそうです

 

 

 

 

目標12「つくる責任つかう責任」

SDGs目標12

 

 

 

※ピクトグラムをクリックすると

 (一社)SDGs支援機構の説明ページに

 ジャンプします。

 

 

 

 

というような目標が

あるのにも関わらず

 

 

 

 

私がやっちゃったような

 

フードロス(食べ残し)

 

は反省すべきですね…。

 

 

 

 

 

そのようなことを考えると

 

 

 

 

ポテサラ一つとっても

スーパーやコンビニで買って

フードロスを出してしまうくらいなら

 

 

自分で材料を選別して購入し

自分の好きなポテサラを

作って食べる方が

 

 

賢明なのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

それが私たちが目指す

 

 

持続可能な世界

 

 

へ繋がる道なのですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る