ド〇えもんのタ〇コプターで持続可能性を考えてみた!

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

ド〇えもんのタ〇コプターで持続可能性を考えてみた!


 

 

漫画・アニメといえば…

 

 

私の子ども

長男(小3)長女(年長さん)

 

 

当然のことながら

漫画アニメが大好き

 

 

色々と観ているようだけど

特に好きなのが

 

 

『ドラえもん』

 

 

(まあ子どもならみんな好きか…)

 

 

 

 

長女の方は、私が持っていた

ドラえもんのコミックを

 

(まだ持っているんかいっ!)

 

最近は寝ても覚めても

ずっと読んでいるから

 

 

妻が呆れて、それらの

ドラえもんのコミックを隠したら

 

 

もの凄く怒ってた(泣いてた)…

 

 

 

 

 

 

 

ホンモノ画像を載せると怖いので

私が書いた画像で…

 

ドラえもんです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タケコプター

 

 

子どもたちがTVで

ドラえもんなんかを観てるときに

私もふと目をやってしまうが

 

 

やはり大人になると

子ども向けの漫画アニメには

 

 

 

 

ツッコミどころ満載!

 

 

 

 

って思っちゃう。

 

 

 

 

 

 

特に、ドラえもんが出してくれる

ひみつ道具の代名詞と言える

 

 

 

 

タケコプター

 

 

 

 

自由に空を飛べるのは便利だが

 

 

 

そのタケコプター使用中に

しょっちゅうエネルギー(電池?)切れ

を起こして

 

 

「わーっ!落ちる―!!」

 

 

なんてやってる…。

 

 

 

 

 

もちろん私が書いた画像

 

タケコプター故障です

 

 

 

 

 

 

 

おいおい…💦

 

 

 

 

22世紀の技術で作られた道具

 

 

そんな簡単に電池切れ

起こされても困るし

 

 

「そろそろ電池切れ」っていう

アラームがあったりとか

 

 

そもそも緊急用に

安全装置的な機能とか

 

 

ないのかよっ!!

ダメでしょ!?💦

 

 

 

 

 

もちろん、漫画だし

フィクションだし

エンターテインメントだしで

 

 

そんなことに

いちいちツッコんでたら

それこそキリがないんだけど…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サスティナビリティ

 

 

私が何を言いたいかと言うと

 

ドラえもん

タケコプターをみて思うのは

 

 

 

 

サスティナブル

(持続可能性)

じゃないなぁ…

 

 

 

 

という事です。

 

 

 

 

 

 

 

仮に、ドラえもんの世界の

22世紀において

 

 

あるものづくり企業

タケコプターを開発したとして…

 

 

 

 

「これは世紀の大発明!

 これをガンガン売って

 大儲けだ!!」

 

 

 

 

とか言って、

漫画アニメに出てくる

タケコプターそのものを

市場に売りに出したとしましょう。

 

 

 

 

そりゃあ、子どもたちだけでなく

多くの人々の

 

 

「空を自由に飛びたいな♪」

 

 

という夢を叶える道具として

大ヒット商品となるでしょう。

 

 

(法整備や価格設定はさておき)

 

 

 

 

すると、先程例にあげたような

機能の足りなさや不具合により

 

 

たちまち社会からは

バッシング(悪口)を受け

 

 

間違いなく、

 

タケコプター

法律で、販売禁止・使用禁止

されることになるでしょうね。

 

 

 

 

 

タケコプターです

 

 

 

 

 

 

タケコプターじゃなくても

実際に市場や社会に出てから

様々な問題点を指摘され

 

 

その姿を消したものは

たくさんある…。

 

 

 

 

そんなの全然

サスティナビリティ

(持続可能)じゃない…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SDGs(持続可能な開発目標)

 

 

ドラえもんの世界で

タケコプターを開発した企業は

 

 

あのタケコプター

市場に出すには早すぎた…

ってことです。

 

 

自社の利益にこだわり

市場を独占しようとしても

いずれは様々な問題が深刻化し

 

 

その企業にも社会にも

 

サスティナビリティ―

(持続可能性)

 

をもたらしません。

 

 

 

 

 

 

SDGsと頑張る人々です

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、月並みな考えですが

タケコプターメーカー

 

 

長持ちする電池

開発している企業

 

 

その電池の残量を正確に報告する

システムやアラームを開発する企業

 

 

もし何かあたときに

利用者の命を守るための

安全装置開発する企業

 

 

などと

パートナーシップを組んで

 

その技術力を結集

 

 

より安全で機能性の高い

タケコプターを開発し

 

 

それを市場に出していたら

どうでだったでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

例え、

そのためにタケコプターが

世の中に出るのが

23世紀…24世紀と

遅れたとしても…

 

 

 

 

 

そうすれば、

 

 

タケコプターで事故にあう人もなく

人々の空を飛ぶ夢が叶い

 

 

自社も安全なタケコプターで豊かに!

 

 

 

電池メーカーもアラームメーカーも

安全装置メーカーも豊かに!

 

 

 

 

 

というような

サスティナブル

(持続可能な)社会を

創り出せたはずです。

 

 

 

 

 

 

国連で全会一致で採択された

私たち人類が2030年までに

達成すべき

 

 

SDGs(持続可能な開発目標)

 

 

17の目標の中には

 

 

 

 

目標9「技術革新」

SDGsの専門家、SDGsのセミナー講師が得意な、行政書士法人スマイル(石川県)がSDGsについて親切・丁寧ご説明します!

 

 

 

 

 

 

目標17「パートナーシップ」

SDGs目標17パートナーシップです

 

 

 

という目標があります。

 

※ピクトグラムをクリックすると

 (一社)SDGs支援機構の説明ページに

 ジャンプします。

 

 

 

SDGsが達成できれば

22世紀まで待たなくても

 

 

私たちがタケコプター

自由に空を飛べる日

訪れるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る