起業の時に背中を押してくれた言葉

行政書士法人スマイル/石川県の行政書士事務所/SDGs導入・取組支援/起業支援/会社設立/企業法務/コンプライアンス/法務顧問/許認可申請/契約書作成/はお任せください!

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

起業の時に背中を押してくれた言葉


石川県で会社設立専門の行政書士をしています、

行政書士法人スマイルの出見世です!

 

 

アクセスありがとうございます!

皆さまとのご縁に感謝いたします!

 

 

さて、

いざ脱サラしたり、独立起業したり、

新たに会社設立をしようと志したとしても、

 

やはり、それを実行に移すとなると

悩んだり、不安になったりと、

誰だって躊躇されるのではないでしょうか?

 

 

もちろん、そんな私も

脱サラし起業するにあたっては

不安で不安で仕方なかったですし、

躊躇だってしました。

 

 

同じような起業経験のある方々に聞いても

ほとんどの方がそのような経験があると

お話しして下さいます。

 

 

それでも、勇気を振り絞って

行動に移すにはどうすれば良いでしょうか?

 

 

私の場合は、私の心響いた

そんな有り難い言葉がありました。

 

 

ひとつは以前のブログでもご紹介しました。

『本当の失敗は〝挑戦しないこと〟』

以前のブログ【心に響く言葉】

 

 

 

そして、もう一つ

私が感銘を受け、どんな時も励ましてくれた

そんな言葉と『詩』があります。

 

 

本ブログをお読み頂いている方々にも、

既にご存知の方も多い、

そんな有名な言葉かとは思いますが、

今回はその言葉・詩を紹介させて頂きます。

 

 

まずは、

こちらのYouTubeから引っ張った動画

一度ご覧ください。↓↓写真をクリック

 

私がこの言葉・詩を初めて知り、

そして衝撃を受けたの映像です。

(前半だけでOKです)

 

 

 

もうお解かりの方も多いかと思います!

 

数々の伝説を残されたプロレスラー

燃える闘魂 アントニオ猪木氏の引退試合終了後の

セレモニーでの猪木選手の言葉です。

 

 

動画をご覧になれない方や、

動画が消された時のために、

以下に実際の猪木選手の言葉を

記載させて頂きます。

 

 

人は歩みを止めた時

挑戦を諦めた時に

年老いていくものだと思います。

 

 

この道を行けばどうなるものかどうなるものか

 

危ぶむなかれ

 

危ぶめば道は無し

 

踏み出せばその一足が道となり

 

その一足が道となる

 

迷わず行けよ

 

行けばわかるさ

 

 

ありがとーっ!!!

 

 

少し補足いたしますと

上記の赤色で記載させて頂いた部分が

『詩』の部分になります。

 

 

この詩は、かの“とんち”で有名な“一休さん”

の僧侶『一休』が詠まれた『道』という詩に

猪木選手なりのアレンジを加えたものです。

 

 

 

一休さんも、アントニオ猪木選手も

大変偉大な人物でいらっしゃるので、

私の説明が野暮にならないよう

これ以上の詳細な説明は避けようと思いますが、

 

 

私は、

中学生の頃の担任教諭との進路面談の時にも

『将来はプロレスラーになります!』

豪語していた程の、幼い頃からのプロレスファンで

ございまして、

アントニオ猪木選手も大好きな選手でした!

 

 

当然この映像も、当時リアルタイムで

TVに噛り付いて観ましたし、

今でも、この言葉と詩を、

一言一句間違うことなく記憶しています。

 

 

それからというもの、

色々と悩んだときは、この言葉と詩を思い出し、

自らを奮い立たせたものです。

 

いや、この言葉と詩が

私の背中を押してくれたと言った方が

正しいでしょうか。

 

私が脱サラ起業した時もそうでした。

 

 

 

皆さまにとって、この言葉と詩が

心に響くとも限りませんし、

 

脱サラしたり、起業したりすることが

イコール挑戦だとも限りません。

 

 

ただ行政書士法人スマイルは、いつだって

 

不安を抱えながらも、

自分の道を一歩一歩と

踏み出そうとしている、踏み出している!

 

そんな方のタッグパートナーでありたい!

とそう思っております!