行政書士が相談後にかけられた「思いがけない言葉」

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

行政書士が相談後にかけられた「思いがけない言葉」


 

 

前回のブログの続きです。

 

 

 

 

 

 

ご依頼者である岡野さんに

 

NPO法人の設立について

 

一通り説明させて頂いた後

 

 

 

 

 

 

岡野さんより、

思いもよらない言葉

を頂きました。

 

 

 

その言葉は、私にとって、

とても嬉しい言葉

だったのです。

 

 

 

 

 

 

行政書士の打合せの様子です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その言葉とは?

 

岡野さんは

こうおっしゃって下さいました!

 

 

 

 

 

 

「本やネットには

 書いていないことを

  知れてよかった!」

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は、私も

 

 

「ん…?」

 

 

と思いましたが、

 

 

 

すぐにその意味を理解できました!

 

 

 

あ!そうか!

なるほど!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どういう事かというと

 

 

 

 

 

“本やネットには載っていない情報”

 

とは、別の言い方をすれば

 

 

 

 

そう簡単に

本やネットに書けない情報

 

 

 

 

という事です。

 

 

 

 

 

 

私が、岡野さんに

NPO法人の設立について

ご案内するにあたり

 

 

 

行政書士に限らず士業なら

当たり前だと思っていた

お話していたことが

 

 

 

そう簡単に

本やネットには書けない情報

 

 

だったのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本やネットに書けない情報とは?

 

行政書士など士業と呼ばれる私たちに

ご依頼頂く仕事の多くは

 

 

 

法律などの、法令に則り

進めなければならない仕事です。

 

 

 

(以下、法令を「法律」とします)

 

 

 

 

つまり、行政書士をはじめとした

士業は“法律家”です。

 

 

 

 

 

そのため、

私たち法律家

 

 

 

ご依頼頂いたお客さまに

該当する法律

 

わかりやすく、

 

“正確に”

 

ご案内しなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、

“正確に”法律をご案内するには

 

 

 

本来、法律が求める

 

“本質的”なこと、

 

だけをご案内するだけでは

ダメで

 

 

 

 

 

その法律

 

 

“かみ砕いて”

 

 

ご案内する必要が

あると思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

そして、法律

“かみ砕いて”

ご案内して差し上げることが

 

本やネットに書けないこと

 

だったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ本やネットに書けないか?

 

では、なぜ“かみ砕いて”

法律をご案内することが

 

“本やネットに書けない”

 

かと言うと、

 

 

 

 

 

 

かみ砕いた事だけで

法律を紹介や説明してしまうと

 

 

 

法律が求める

“本来の目的”

蔑ろ(ないがしろ)に

してしまう可能性があるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、小学生にでも

わかりやすいように

例をあげると…

 

 

 

 

 

 

「絶対に

 刑務所入らないようにするには

  法律上どうすればいいか…?」

 

 

 

という疑問に対する答えを

 

法律家が(法律家じゃなくても…)

本やネットに書くとします。

 

 

 

 

 

 

 

法律が求める“本来の目的”

つまり“本質的”なことを

ご案内するとなると

 

 

 

この場合

 

「悪いことはしないでください」

 

というようなことを

書くことになろうかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

それを、もっと“かみ砕いて”

ご案内するなら

 

「警察等に捕まらないで下さい」

 

みたいなことを

書けばいいということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「悪いことをしなければ」

刑務所に入らなくてもいい…

 

というのは間違いです。

冤罪(えんざい)の可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に、

 

「警察等に捕まらなければ」

刑務所に入らなくてもいい…

 

というのは、実は

正しい情報になります。

 

事実そうですから…

 

 

 

(綺麗ごと無しで考えて…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

 

本や、ネットなどに

 

 

「絶対に

 刑務所に入らないようにするには

   警察に捕まらなければいい!」

 

 

なんて、まともな法律家が

本やネットにかける訳なんて

ありませんよね!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NPO法人についての法律も

 

刑務所の例はちょっと

極端でしたが…

 

 

 

今回、ご相談を頂いた

NPO法人の設立についても

 

 

 

NPO法人について

色々なルールを定めている

 

特定非営利活動促進法

 

という法律があります。

 

 

 

 

 

 

例えば、この法律には

 

 

 

NPO法人には

10人以上の社員

いなければならない

 

 

 

と、定められています。

 

 

 

 

 

※この場合の「社員」とは

 従業員ということではなく、

 NPO法人の重要な事を決定する

 総会の議決権を持っている偉い人

 という意味です。

 

 

 

 

これは、国が

 

『NPO法人という

 社会貢献を目的とした

 法人だから、株式会社のような

 営利法人と比べて、

 

 うーんと税金を

 安くしてあげるのだから

 

 ちゃんと社会貢献できるよう

 能力ある人をたくさん集めて

 

 不正なことが起きないように

 なるべく沢山の人に

 チェックして貰う必要がある!』

 

 

 

 

 

という意味合いの

“本来の目的”があると

考えられますが

 

 

 

 

 

この規定・ルール

そのまま紹介したり

説明したりすると

 

 

難しく感じたり

 

なんとなく重く感じたり

 

 

するのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

事実、岡野さんも

最初はそのように

感じられたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、私は、この

 

NPO法人の社員は

10人以上必要

 

という法律の定めを

 

 

 

 

 

もう少し、

 

わかりやすくご理解頂けるよう

“かみ砕いて”ご案内して

差し上げたのです。

 

 

 

 

 

 

どのような

説明をしたかと言うと…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは書けません!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを書いちゃうと

 

「刑務所に入らないようにするには

   警察に捕まらなければいい!」

 

と書いているのと同じで、

 

 

それこそ私が、法律の本来の目的

蔑ろにしている法律家と

(もちろん悪い意味で)思われる

可能性があるからです…(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

※もちろん、実際は

 “本来の目的”

 合わせて説明しています!

 

 しかし、別にたいして

 特別なことは

 言っていないです…(笑)

 

 

 

 

 

 

 

行政書士の説明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この社員10人以上ルール以外の

他のルールについても

 

 

 

私は、“かみ砕いて“

ご案内させて頂きました。

 

 

 

その結果、冒頭でも

紹介しましたとおり

 

 

 

相談頂いた岡野さんから

 

 

 

 

「本やネットに

 書いていないことを

 知れて良かったです」

 

 

 

 

 

 

 

 

「難しそうだな…と

 思っていましたが

 

 出来そうな気が

 してきました!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、NPO法人の設立に向けて

随分と前向きなられたようでした。

 

 

 

 

 

それを聞いた私も

 

岡野さんの背中を

少しでも押して差し上げられた

ようで、とても嬉しく思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

士業の話を聞くメリット

 

このような、法律の規定などを

“かみ砕いて”紹介したり

説明したりすることは

 

 

 

私だけでななく、

行政書士をはじめ

士業などの専門家の方は

 

どなたでもしていまるはずです。

 

 

 

 

 

私たち専門家

依頼いただくような

皆さんが持ってるお悩みの解決

 

 

 

最近は、ネットで検索すれば

いくらでも情報が出てきますので

 

 

 

それを調べれば、

私たち専門家に頼らずとも、

ご自身で解決できる事は、

確かに多いでしょう。

 

 

 

 

グーグル検索です

 

 

 

 

 

 

 

ですが、私たち専門家

直接お会いしたり、

電話でお話ししたりすることで

 

 

 

本やネットでは出てこない情報

をお伝えすることができ

 

 

 

皆さんのお悩みも

もっと簡単に解決するかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜひ、

 

 

私たち専門家

私たち士業

私たち行政書士

 

 

を、もっとご活用頂ければ

と思います。

 

 

 

 

 

 

 

今日は、これにて。

 

 

 

 

 

 

 

トップ画面へ戻る