吉野彰さんのノーベル賞受賞とSDGs

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

吉野彰さんのノーベル賞受賞とSDGs


 

今回のブログは

前回のブログのつづき

(と言えばつづき…)から

 

 

 

 

 

 

 

令和元年10月9日に

河北ロータリークラブさんでの

 

 

「これからの中小企業に必要なSDGs

 

 

と題した講演を終えた後、

 

私の耳に飛び込んできたのは

 

 

 

 

 

 

 

リチウムイオン電池を開発した

 

吉野 彰 さん

 

ノーベル化学賞受賞!

 

 

 

という大変嬉しいニュースでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

この「吉野彰さんのベール賞受賞!」

というニュースの概要について

 

こちらのブログで

詳しく説明する必要はありませんが…

 

 

 

吉野さん関連のニュース等を観ていて

私が気になったことがありまして…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん胸元の

 

各メディアの会見や

インタビューに応じる吉野さん

 

 

 

TVに出られているこのシーンも

 

 

 

 

新聞に載っているこの写真も

 

 

 

 

 

 

吉野さんの胸元には…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このが!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このピンバッチは…

 

そうです!

 

 

 

 

 

 

 

 

このピンバッチは

 

SDGs(持続可能な開発目標)

 

 

 

 

シンボルマーク(ロゴ)

 

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

これですね!

(こちらの国連のホームページ

誰でもダウンロードできます)

 

 

 

 

 

なおこのシンボルマークは

SDGsの17のゴール(目標)をあらわしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん吉野さんが

 

 

個人でSDGsに取り組んで

いらっしゃるのか?

 

 

 

もしくは

 

 

 

所属する組織においてSDGs

取り組んでいらっしゃるのか?

 

 

 

どのような経緯で

SDGsのピンバッチ

身に付けられているのかは

私としても存じ上げません。

 

 

 

(※コチラのWEBページ

 によると旭化成さんはSDGs

 取り組んでいらっしゃるようです)

 

 

 

 

 

 

いずれにしろ、奇(く)しくも

私がSDGsに携わった仕事をした日でしたので

 

やはり個人的には嬉しくて…

 

 

 

 

 

※なお、SDGsピンバッチを手に入れ

身に付けるにあたり、資格や要件などは

ありません。

 

 

 

 

 

ピンバッチの購入については

(一社)SDGs支援機構

こちらのWEBページにて

詳しく説明されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉野さんとSDGs

 

吉野さんが開発された

リチウムイオン電池は、

 

 

環境に優しい電池

 

 

ということもあり

高い評価を得て、世界中で使用されています。

 

 

 

 

さらに、リチウムイオン電池

進化することによって

 

電気自動車に積極的に利用されるなど

 

 

地球の気候変動の問題(温暖化現象)、

温室効果ガス問題の対策として

 

 

ガソリン等の化石燃料の

使用を減らす効果が期待されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

環境にやさしいということは

言うまでもなく

 

 

SDGsの17の目標のうち

 

 

※ピクトグラムをクリックすると

 (一社)SDGs支援機構の説明ページに

 ジャンプします。

 

 

等に広く繋がる訳ですから

 

 

 

改めて吉野さんの偉業に

強い感動を覚えるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ…

私が今回のニュースで

それ以上思ったことがあります。

 

 

 

 

何を思ったのかは

次回のブログに続きます。

 

 

 

 

トップ画面へ戻る