直ちに・速やかに・遅延なく の違いと物事の順序

石川の独立起業・SDGsで儲けたい脱サラ社長専門!行政書士法人スマイルの元プロ格闘家行政書士が教える社会貢献して儲ける会社の作り方

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

直ちに・速やかに・遅延なく の違いと物事の順序


ちょっとビックリしたニュースが

飛び込んできましたね!

 

 

小泉進次郎さんと

滝川クリステルさんが

結婚!!

 

 

 

とにかく

おめでたい!

 

 

 

 

 

で…

私がこのニュースで感じたことですが

おめでたいお二方が

 

「できちゃった婚」

 

であることを堂々と発表したことです。

 

 

 

 

 

 

すこし古い考え方では

 

「妊娠は結婚した後だろ!!」

 

という意見もあるでしょう。

 

 

 

 

『何事にも“順序”というものがある!』

 

 

 

と…

 

 

 

 

ひと昔は

結婚→妊娠

“順序”が当たり前だった時代が

 

 

 

今では

妊娠→結婚

“順序”でも一般的な時代になったのかな…

 

と感じた今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、

“順序”

と聞いて

思い出したことがあります。

 

 

 

 

 

 

まずはこちらを読んでください。

 

 

ただ

直ちにしなければならない

 

 

速やかにしなければならない

 

遅延なくしなければならない

 

 

 

 

 

このような文章を

契約書をはじめとする

規約・約款・会社の定款

その他のビジネス文書などで

 

目にしたことがあると思います。

 

 

 

 

どれも同じ又は似たような意味

だと思われるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

“直ちに”

 

“速やかに”

 

“遅延なく”

 

 

 

 

 

 

 

どれも

時間的な緊急度

をあらわす言葉ですが

 

 

 

これらにも

法律上はれっきとした違いがあり、

 

 

緊急度の“順序”が異なります。

 

 

 

 

 

まず、その答えからご案内しますが

 

直ちに > 速やかに > 遅延なく

 

という“順序”となり、

 

“直ちに”が、

この中では最も緊急度が高い

ということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

補足すると…

 

 

直ちに

は、遅れることが許されません。

例えば、契約書などに

「商品納品後、直ちに受領証を発行する」

というような記載があるとするなら

一般的な会話で言えば

「真っ先に」とか「その場で」

受領証を発行すると

考えてもいいでしょう。

 

 

 

 

 

速やかに

は、通常は「できる限り」などを前に付けて

“心得え”的に使われます。

あなたが引越しをして住所に変わった場合は

運転免許証の住所の変更を「速やかに」

しなければならないと定められています。

 

 

 

 

 

 

遅延なく

は、正当な又は合理的な理由による

遅れを許す場合に使われます。

 

期限を決めるほど重要でもないことだけど

してもらう必要があるときなどに使う

便利な言葉でありますが

 

契約書をはじめ

ビジネス文書などの書類で使用するのは

その契約の履行(契約とおり実行すること)の

期限を曖昧にしてしまうので

あまりお勧めはいたしません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにに

行政書士になるための試験には

“基礎法学”という分野からの出題もあり

この、直ちに・速やかに・遅延なく の違いも

初期の段階で学びます。

 

実際に、

私が合格した平成26年の試験のときも

この問題が出題されました。

(もちろん正解しました)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

法令・契約書などのビジネス文書

確認したり作成したりする場合は

 

このような

時間的な緊急度をも

も確認する必要がありますので、

 

どうかお気を付けください。

 

 

 

 

もし、法的用語の意味が

不明確で分かりづらい等の

お悩みがありましたら、

 

お近くの行政書士・司法書士・弁護士などの

専門家にご相談頂くことを

お勧め致します。

 

 

 

では、また次回に。

 

 

 

 

 

トップ画面へ戻る