小学5年でもわかる憲法の改正

石川の独立起業・SDGsで儲けたい脱サラ社長専門!行政書士法人スマイルの元プロ格闘家行政書士が教える社会貢献して儲ける会社の作り方

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

小学5年でもわかる憲法の改正


  1. 前回のブログ

 

憲法と法律とは違うという話を書いたので

 

 

 

 

今回のブログでも

もう少しその続きを書こうと思う。

 

 

 

 

 

憲法

国民が国にかしたルール

 

 

 

 

 

法律

国が国民にかしたルール。

 

 

 

 

 

 

 

そして

さらに違うのが

 

憲法法律それぞれの

 

決め方変更の仕方

 

 

 

つまり改憲法改正だ。

 

 

 

 

 

 

 

まず、結論からいうと

 

憲法の変更(つまり改憲は)

 

 

“かなり難しい”

 

 

 

 

法律の改正

改憲と比べると

そこまで難しくない。

 

 

 

 

 

 

 

例えば、

 

内閣総理大臣が

 

消費税は10%じゃ少ないから

20%にしよう!

 

と考えたとしよう。

 

 

 

 

消費税のアップ

 

国が国民にかすルールだから

 

”消費税法”という法律の改正が必要だ。

 

 

 

 

そうするために

内閣総理大臣は国会に対して

 

消費税を20%にする法律を

 

作っていいか

 

もしくは変更していいかを

 

頼むことができる。

 

 

 

 

 

 

そこで衆議院議員による国会で

衆議院が1/3以上出席して

その過半数が賛成すれば

 

 

 

※過半数=50/100じゃダメ。51/100が過半数。

 

 

 

消費税を20%にする法律のできあがり。

 

 

 

 

 

 

 

 

衆議院議員は全員で465人いるので

 

その過半数の233人以上が

 

総理大臣と同じ考えなら

 

“確実に”新しい法律は成立するわけだ。

 

 

 

 

さらに

国会には1/3人の参加すればよいので

465人÷3=155人以上

 

その内の過半数だから

155÷2≒78人以上

 

となるので

 

 

 

 

極端に言えば

 

総理大臣と同じ考えの衆議院議員が

78名いれば法律は作れる。

 

 

 

つまり、消費税は20%でも30%にでもできる訳だ。

 

 

 

 

しかも、

 

参議院が国会で反対意見を出しても

 

国民がいくら反対しても…だ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で

 

憲法を改正する場合(改憲)は

 

こうだ。

 

 

 

 

 

 

まず、

憲法を変えるにあたって

 

 

 

衆議院全員435人の2/3以上の賛成

 

 

参議院全員248人の2/3以上の賛成

 

 

 

で憲法改正の“発議”をする。

 

 

 

 

 

ここで気を付けなければならないのは

 

 

先にも述べた通り、法律の改正

 

最低155人中78人の賛成で

 

決めることができるのに対し

 

 

 

 

 

憲法

衆議院議員453÷3=155名以上

 

参議院銀248÷3≒83名以上

 

 

 

総勢238人以上の国会議員の賛成で…

 

 

 

 

 

 

さらに

 

法律と違い“決議”

 

できるのではなく

 

 

 

憲法改正“発議”

 

ができるのである。

 

 

 

 

つまり、発議というのは

 

決めることができることではなく

 

案を出すことができると考えていい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

 

その“発議”をうけた

 

国民(18歳以上)が

 

 

国民投票にて

過半数の賛成をすれば

 

 

 

(この場合、投票した人の過半数。

18歳以上全員の過半数ではない)

 

 

 

 

憲法の改正ができるのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

だから今、

報道では憲法改正をしたい勢力(与党)が

 

憲法改正の発議をするために

 

選挙で与党の国会議員の数を

全体の2/3以上にしたい訳ですね。

 

 

 

 

 

ただし、

仮に与党の勢力が2/3以上に拡大して

 

「日本は戦争してもいい!」

 

なんていう憲法の改正案を出しても

 

 

 

私たち国民が

国民投票で過半数以上が賛成しないと

 

その改正案は成立しないってこと。

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

 

 

 

ですから、

今後行われる選挙では

 

あなたの

立候補者の方の“好き”“嫌い”もそうですが

 

 

 

その立候補者の方が

どのような政策の推進者なのか?

 

そして

与党なのか野党なのか?

 

 

 

 

その点を、ちゃんと考えて

投票にのぞんでいただければと思います。

 

 

 

 

 

ではこの辺で。

 

 

 

トップ画面へ戻る