憲法(改憲)と法律の改正の違いって?

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

憲法(改憲)と法律の改正の違いって?


 

 

 

 

 

このブログの筆者

 

 

 

 

 

やりたいことじゃなくて

やれることだけやってきた結果

脱サラ⇒格闘家⇒行政書士

逃げるように転身を繰り返した

そんな悔しい過去が現在の原動力。

 

 

挑戦することに躊躇う人

気持ちが誰よりわかるからこそ、

企業経営という形で前進しようとする

起業家の背中を押す!

 

新事業支援、資金調達、

許認可申請、法務相談

までワンストップ任せることが可能!

 

 

 

 

 

 

どーも!こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

はじめての脱サラ起業を

フルサポート!

若手創業社長の名セコンド

 

 

 

出見世(でみせ)雅之です。

 

 

 

 

 

 

 

 

満足度です

 

 

 

 

 

 

毎日欠かさずブログ

2022年(令和4年)7月11日(月)

 

 

 

1,107号スタート!

 

 

 

 

 

 

 

 

第26回参議院議員通常選挙

 

 

 

 

 

 

「選挙どころじゃない・・・」

 

なのか?

 

「今だからこそ選挙へ・・・」

 

なのか?

 

 

どっちがわからない

ちょっと異様な雰囲気の中

 

 

 

2022年(令和4年)7月10日投開票

第26回参議院議員通常選挙

 

が終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

26回参院選 自民単独で改選過半数の大勝 茂木幹事長、麻生副総裁留任へ

Yahooニュースより引用

 

 

 

 

 

 

 

 

記事にあるとおり

今回の結果では

 

 

与党+アルファの

改憲勢力が議席を伸ばした・・・

 

 

とあるが、では実際に

 

憲法改正

 

ってどういうことか?

 

 

 

 

今日のスマイルブログでは

小学5年生(うちの息子と同じ)

にも分かるようにしよう

 

 

 

 

 

 

 

 

憲法と法律の改正の違い

 

 

 

 

 

 

憲法

国民が国にかしたルール

 

 

憲法です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

法律

国が国民にかしたルール。

 

 

六法

 

 

 

 

 

 

 

そして

さらに違うのが

 

憲法法律それぞれの

 

決め方や変更の仕方。

 

 

 

つまり改憲法改正だ。

 

 

 

 

 

 

 

これは拳法!?

 

 

 

 

 

 

 

まず、結論からいうと

 

 

憲法の変更(つまりは)

 

 

“かなり難しい”

 

 

 

 

法律の改正

改憲と比べると

そこまで難しくない。

 

 

 

 

 

 

 

法改正の場合

 

 

 

 

 

例えば、

内閣総理大臣

 

 

消費税は10%

じゃ少ないから

20%にしよう!

 

 

と考えたとしよう。

 

 

 

 

消費税のアップ

 

国が国民にかすルールだから

 

”消費税法”という

法律の改正が必要だ。

 

 

 

 

 

 

そうするために

内閣総理大臣は国会に対して

消費税を20%にする法律を

作っていいか

 

もしくは変更していいかを

頼むことができる。

 

 

 

 

 

 

そこで衆議院議員による国会で

衆議院が1/3以上出席して

その過半数が賛成すれば

 

 

 

※過半数=50/100じゃダメ。

51/100が過半数。

 

 

 

 

消費税を20%にする

法律のできあがり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

節税です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

衆議院議員は全員で465人いるので

その過半数の233人以上が

総理大臣と同じ考えなら

“確実に”新しい法律は成立

するわけだ。

 

 

 

 

 

さらに

国会には1/3人が

参加すればよいので

465人÷3=155人以上

 

その内の過半数だから

155÷2≒78人以上

 

となるので

 

 

 

 

極端に言えば

 

総理大臣と同じ考えの衆議院議員が

78名いれば法律は作れる。

 

 

 

 

つまり、消費税は20%でも

30%にでもできる訳だ。

 

 

 

 

 

 

しかも、

 

参議院が国会で反対意見を出しても

 

国民がいくら反対しても…だ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

改憲(憲法改正)の場合

 

 

 

 

 

一方で

 

憲法を改正する場合(改憲)

 

こうだ。

 

 

 

 

 

 

まず、

憲法を変えるにあたって

 

 

 

衆議院全員435人の2/3以上の賛成

 

 

参議院全員248人の2/3以上の賛成

 

 

 

で憲法改正の“発議”をする。

 

 

 

 

 

ここで気を付けなければならないのは

 

 

先にも述べた通り、法律の改正

 

最低155人中78人の賛成で

 

決めることができるのに対し

 

 

 

 

 

憲法

衆議院議員453÷3=155名以上

参議院議員248÷3≒82名以上

総勢238人以上の国会議員の賛成

が必要で、さらに・・・

 

 

 

 

 

 

 

法律と違い“決議”

 

できるのではなく

 

 

 

憲法改正“発議”

 

ができるのである。

 

 

 

 

 

 

つまり、発議というのは

決めることができることではなく

案を出すことができる

と考えていい。

 

 

 

 

 

 

 

 

国会議事堂です

 

 

 

 

 

 

そして、

 

その“発議”をうけた

 

国民(18歳以上)

 

 

国民投票にて

過半数の賛成をすれば

 

 

 

(この場合、投票した人の過半数。

18歳以上全員の過半数ではない)

 

 

 

 

憲法の改正ができる

 

 

のである。

 

 

 

 

 

 

 

 

選挙 投票

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕たちの憲法

 

 

 

 

 

だから今、政治の世界では

憲法改正をしたい改憲勢力

 

 

憲法改正の発議をするために

 

 

選挙でその勢力の国会議員の数を

全体の2/3以上にしたい

訳ですね。

 

 

 

 

 

 

 

ただし、仮に改憲勢力

2/3以上に拡大して

 

「日本は戦争してもいい!」

 

なんていう憲法の改正案を出しても

 

 

 

僕たち国民が国民投票で

過半数以上が賛成しないと

 

その改正案は成立しないってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦争と子どもです

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

 

 

 

 

昨日(R4.7.10)行われた選挙では

皆さんの立候補者の方に対する

“好き”“嫌い”もそうですが

 

 

 

その立候補者の方が

どのような政策の推進者なのか?

 

 

 

改憲派なのか?

護憲派なのか?

 

 

 

どのような想いを持って

投票されましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなデミーへの元気が出る

お問合せは👇こちらから

 

問合せフォームです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る