2022年1月1日から公証人の定款認証手数料がかわります

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

2022年1月1日から公証人の定款認証手数料がかわります


 

 

 

 

 

 

このブログの筆者

 

 

 

 

 

やりたいことじゃなくて

やれることだけやってきた結果

脱サラ⇒格闘家⇒行政書士

逃げるように転身を繰り返した

そんな悔しい過去が現在の原動力。

 

 

挑戦することに躊躇う人

気持ちが誰よりわかるからこそ、

企業経営という形で前進しようとする

起業家の背中を押す!

 

新事業支援、資金調達、

許認可申請、法律相談

までワンストップ任せることが可能!

 

 

 

 

 

 

どーも!こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

はじめての脱サラ起業を

フルサポート!

若手創業社長の名セコンド

 

 

 

出見世(でみせ)雅之です。

 

 

 

 

 

 

 

 

満足度です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日欠かさずブログ

2021年(令和3年)12月22 日(水)

 

 

905号スタート!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

’22年2月2日

 

 

 

 

 

先日、

僕デミーの仕事の一つである

脱サラ独立起業支援、法人会社設立

得意の行政書士としてうけた

 

 

 

 

脱サラ起業家さん

からの起業相談

 

 

 

 

新しく株式会社を設立して

事業をはじめたいとのこと。

 

 

 

 

会社としてのキックオフ

つまり設立日

 

 

 

来年(令和4年)の2月2日

 

 

 

つまり

2022年2月2日

2が並んで

記念日としてはかなり覚えやすい日。

 

 

(※2月22日でもいい訳だけど…笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和4年2022年2月2日カレンダー

 

 

 

 

 

 

 

‘22年2月2日の株式会社設立

を実現するには

 

 

 

その日に法務局という国の機関に

株式会社設立の登記の申請

すればいいんだけど

 

 

 

 

(ちなみに登記をするのは

設立発起人さん本人か

司法書士さんのお仕事で

行政書士はできない)

 

 

 

 

 

その登記の前に

新しく設立する株式会社の

 

定款という文書

 

公証人認証して貰う

 

 

という手続きを踏む必要があります。

 

 

 

 

 

その定款の作成

公証人の認証

代理人としてすることを

行政書士としてご依頼をいただき

遂行するのが僕デミーの仕事です!

 

 

 

 

 

 

 

定款

 

 

 

 

 

 

 

 

 

定款認証公証人手数料の変更

 

 

 

 

 

ひょうっとすると

 

 

 

2022年2月2日

 

もしくは

 

2022年2月22日

 

 

 

の覚えやすい日に

新会社設立を検討している

起業家の方は

結構多いのかも知れませんね!

 

 

 

 

 

そんな2021年から2022年

にかけての年末年始に

株式会社の設立をお考えの方

要チェックな情報です!

 

 

 

 

 

 

2022年(令和4年)1月1日から

定款認証の際に公証人に支払う

手数料が変更になります!

 

 

 

 

 

どのように変更になるかと言うと

 

 

 

 

 

これまで定款の認証手数料

基本手数料が5万円とされていました。

 

 

 

(受け取る謄本の冊数や

定款のページ数によって

プラスαの変動があります)

 

 

 

 

 

それが2022年1月1日から

設立する

株式会社の資本金の額によって

以下のように認証の基本手数料が

変わります。

 

 

 

 

 

資本金額100万円未満なら

3万円

 

 

 

 

資本金額が

100万円以上~300万円未満

なら4万円

 

 

 

 

資本金額300万円以上なら

5万円(従来と一緒)

 

 

 

 

 

つまり、定款の内容が同じでも

資本金の額が異なれば

定款の認証手数料が異なる

ということになります。

 

 

 

 

 

 

 

出見世

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合同会社

 

 

 

 

そういう意味では

設立時の資金がそこまで

大きな金額ではない会社の場合

設立費用が多少なりとも

安くなる訳ですので

 

 

 

 

起業家さんにとっては

より起業がしやすくなった変更

 

 

 

 

と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

ちなみに…

行政書士がこの定款認証

電子申請する場合なのですが

 

 

 

公証人の定款認証の日が

2022年1月1日以降であれば

1月に入ってから電子申請をしないと

この変更後の手数料は

適用されないとのこと。

 

 

 

 

公証人の事前チェックが

すでに終わったからと言って

「先に電子申請を完了しとこ!」

…なんて12月中(今年中)にやっちゃうと

 

ご依頼者の方を

損させちゃうことにもなるので

行政書士は気を付けないとですね!

 

 

 

 

 

 

ただ

会社の設立費用を少しでも安く…

というのなら

 

 

 

 

株式会社ではなくて

合同会社を選択すればグッド👍

 

 

 

 

 

 

出見世 講師 セミナー

 

 

 

 

 

 

 

合同会社の場合

 

 

そもそも

公証人による定款認証

必要とされていないので

 

 

 

3万円さえもかからないですし

 

 

 

登記申請時に必要な登録免許税

株式会社は15万円

合同会社は6万円となるので

さらに設立費用は安くすみます

 

 

 

 

 

 

何が何だか…??💦

 

 

 

と混乱しちゃった

会社設立を考えている

脱サラ企業家さん

がいらっしゃいましたら

 

 

 

 

遠慮なく

脱サラ起業支援、法人・会社設立

が大得意な行政書士

僕デミーまでご相談ください!

 

 

 

 

 

「このブログ観た!」

 

 

で初回電話or TV電話相談は

無料で対応いたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

問合せフォームです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る