あのセブンイレブンのオーナーさんを支援する会が発足したそうですが…今後の展開がワンピより気になる件

SDGs専門家・セミナー講師・独立起業支援!石川県で活躍中の行政書士事務所

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

あのセブンイレブンのオーナーさんを支援する会が発足したそうですが…今後の展開がワンピより気になる件


 

 

 

また気になるニュースが

 

 

 

行政書士として…

曲りなりにも(?)法律家として…

 

 

また興味をそそるニュースが↓↓

 

 

 

セブンイレブンオーナーを支援する会です

 

 

 

過去にも、ずいぶんと

話題にはなっていましたが、

簡単に説明すると

 

 

 

 

あるセブンイレブンの店舗を

経営するオーナーさん

 

 

人手不足とか

いろいろ大変なこともあって

コンビニの象徴とも言える

深夜の営業を

セブンイレブン本部に

了承も得ずにやめた…

 

 

 

それは契約違反だよー!

と怒ったセブンイレブン本部ですが

 

 

 

世論はどちらかと言えば

やめたオーナーさんの味方。

 

 

コンビニ経営の深夜営業が

社会問題にまで発展。

 

 

するとセブンイレブン本部側は

深夜営業をやめたことではなく、

 

 

その店舗のクレームが多い

との理由で契約を解除!

 

 

つまり、

もうセブンイレブンの名前で

営業しちゃダメ!

商品も仕入れさせない!

 

 

って事にした。

 

 

 

 

 

そこで、この度、

オーナーさんを支援する会

発足したって訳。

 

 

支援する会の会長には

本日本弁護士連合会の会長の名前も…。

 

 

 

そりゃ法律家として

いろいろと気になる訳ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな裁判になるのかな?

 

 

 

私は当然当事者ではなく

マスコミが表現している内容でしか

判断はできないので

 

 

これまでの詳しい経緯や詳細は

知らない訳ですから

 

 

自分の意見を好き放題に述べ過ぎると

後々「あれは間違いだったな…」という

変な後悔をしそうなので

 

 

なるべく個人的見解を

控えたいと思うんですが…

 

 

 

 

 

 

でも、やっぱりデミー的には

オーナー側さんの味方になっちゃうかな。

今のところ。

 

 

 

 

 

 

もちろん、実際のところ

契約に違反しているのは

オーナーさん側で、

 

 

同様な契約で、

真面目に営業している人も

全国にはたくさんいる訳ですから

 

(クレームの件じゃなくて

 24時間営業に関してね)

 

 

 

 

決して、セブンイレブン側も

無理な契約を強制しているのではなく

やっていいることは合法なはずです。

 

 

 

 

 

 

 

合法 違法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、公序良俗に反していたり

実現が不可能なことが明らかな契約は

法律上無効となります。

 

 

 

 

例えば、

 

24時間眠らず何日も働け…とか

 

 

大きなビルを1日で建てろ…

 

 

とかいう契約は、

契約書がちゃんとあっても無効です。

 

 

 

 

 

支援する会は

地位確認「契約解除はなし!」

損が賠償「お金を払え!」

 

 

 

という裁判を起こしたようですが

 

 

 

 

では、

 

どのような抗弁をもって

正しいことを主張するのか?

 

 

 

 

そして、裁判所は

どんな判断を下すのか!?

 

 

 

 

 

 

めっちゃ気になる…

 

 

 

なんだったら、

ワンピースの今後の展開より

気になる…(笑)

 

 

 

 

 

 

本件に関しては

もうちょっと語りたいので

 

 

 

 

次回のブログ(クリック)

 

に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイル

行政書士 出見世(でみせ)雅之

↓↓自己紹介アニメです!↓↓

 

自己紹介アニメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行政書士法人スマイルのポスターです

トップ画面へ戻る