会社設立後の税務

行政書士法人スマイル/石川県の行政書士事務所/SDGs導入・取組支援/起業支援/会社設立/企業法務/コンプライアンス/法務顧問/許認可申請/契約書作成/はお任せください!

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

会社設立後の税務


アクセスありがとうございます!

皆さまとのご縁に感謝いたします!

 

石川県で会社設立専門の行政書士をしております、行政書士法人スマイルの出見世です。

 

今朝の新聞を見ているとこのようなニュースが目につきました。(このブログは’18年12月13日に書いています)

 

  1. 大阪城のタコ焼き屋さんが脱税で有罪判決
  2. 日本金融公庫が創業者に税理士紹介

 

この2つのニュースです。

 

まず①のタコ焼き屋さんは、大阪の有名観光地にあるタコ焼き屋さんなのですが、近年のインバウンド効果で売り上げが激増!しかし税務申告を正しく脱税容疑がかかってしまった訳です…。

 

その脱税額たるや驚愕の約1億3千万円!!!

結果、有罪となり、罰金の額はまたまた驚愕の約3,600万円!!!

 

タコ焼き屋さんの店主は、判決後『税理士に相談すれば良かった…』とコメントしたとの事…。

 

つづいて②の話題ですが、創業された方がまず資金の調達のために融資を受ける金融機関と言えば、政府の機関である日本金融公庫であるかと思います。日本金融公庫は日本の中小企業者にかなり積極的に資金融資をされています。そこで日本金融公庫は、そういった起業家の方に税務の専門家である税理士を積極的に紹介されていくとの事です。

 

 

皆さまが起業・独立開業した場合、初めてで誰もが戸惑うのが『税金』に関しての業務、つまり『税務』かと思います。

おそらく、これまで一般サラリーマンであった方の場合等は、経理担当者等の職務に就いていなければ、ほとんど携わったことはないでしょう。

仮に起業した場合において、定款認証 → 設立登記 とスムーズに会社設立した場合でも、すぐに数種類の書類を準備し、税務署や地元役所に提出しなければなりません。

商売を営むことと『税務』は切っても切り離せない関係です。

 

そして…

 

『税務』をキッチリと行うことは、起業して経営者となった方の重要な義務だと思います!

 

では、その税務なのですが、実はかなり複雑です…(あくまでも個人的な意見です)

 

会社設立 と 税務 どちらが複雑で難しいかというと圧倒的に税務です!(あくまでも個人的な意見です…)

 

そんな難しい税務ですが

 

会社設立や官公署への許認可申請には、専門家である私たち『行政書士』がいるように

 

税務にはその名のとおり『税理士』がいます!

 

会社設立も税務も、必ず専門家である士業に依頼しなければならないという事はございません。

ですが、上記のタコ焼き屋さんの例もありますように、税務に関しては『税理士』に顧問になって頂いて代理して頂くのが賢明かと思います。ですので、日本政府も金融公庫を通してそれを推進されているのでしょう。

 

行政書士法人スマイルでは、起業家に方が会社設立された場合は、かならず税理士による税務関与をお勧めしますし、提携の税理士を紹介する事が出来ます!

 

是非、お気軽にお声がけ下さい!

 

会社設立も税理士紹介も、誠実・謙虚・さわやか・にこやかがモットーの行政書士法人スマイルが全力で対応いたします!

 

きっと、あなたを笑顔にいたします!!